フルハルター*心温まるモノ

蒔絵限定万年筆「とんぼ」

ペリカン日本より恒例の限定生産品「蒔絵 とんぼ」の発売の案内がありました。
今回の作者は、山崎夢舟さんの師匠、中村省三さんの作品です。
どうぞご覧ください。

e0200879_12460136.jpg

e0200879_12462022.jpg

e0200879_12463539.jpg


とんぼは前にしか飛ばず、決して後方に退かないことから不退転を表し、勝ち虫と呼ばれ縁起物として喜ばれました。
戦国時代には武士の間で鎧、兜、刀の鍔などの武具装飾に好んで用いられました。
ペリカン蒔絵万年筆「とんぼ」は研出蒔絵と高蒔絵を組み合わせた研出高蒔絵の技法が使われ、五匹のとんぼは
高蒔絵で描かれています。背景は和歌や経典などの文字を書くときに用いられた色や質の異なる日本古来の料紙を数種継ぎ合わせた継紙をイメージしています。
尻軸には変わり塗りの石目塗り、キャップリング周りは金箔の上に漆塗りを施した白壇塗り、そして螺鈿や研出蒔絵の技法などが駆使されています。
日本が誇る伝統芸術「蒔絵」の最高峰技の術とドイツペリカン社のマイスタークラフトマンシップが調和した逸品です。


価格:   ¥320,000 +税
作者:  中村省三
仕様:  M1000 18金ペン先(M)
     ピストンメカニズム
使用ケース:   専用ケース
製作数量:     111本
国内販売予定数量:   25本
発売予定時期:平成29年10月下旬




[PR]
# by fullhalter | 2017-10-11 12:56 | 限定品万年筆

特別生産品「スーベレーン805 オーシャン スワール」

ペリカン日本から特別生産品「スーベレーン805 オーシャン スワール」が12月に発売されるとの案内が来ましたので、そのまま皆さまにお知らせします。

e0200879_15494429.jpg


e0200879_15502026.jpg


e0200879_20403089.jpg

深海に放射される光は、海の深さや届く光線の強弱により海中の色に変化を与え神秘で魅惑的な海中ワールドの魅力をより深めています。
スーベレーン805オーシャンスワールはこの魅惑的な水色に渦巻く海中の彩を鮮やかにボディに再現しました。
色彩の異なるアクリルレジン素材をくり抜いて仕上るボディの模様はその1本1本色模様が異なります。
パラジウムプレートされたシルバーのリング/クリップとロジウムプレート18金ペン先がこの魅惑の筆記具にシルバーの光沢を与えます。

【 価格 】
・M805 万年筆   ¥60,000 +税
・R805 ローラーボール ¥40,000 +税
・K805 ボールペン ¥35,000 +税

【 仕様 】
・万年筆 ロジウムプレート18金ペン先(EF/F/M/B)ピストンメカニズム
・ローラーボール キャップ式:338リフィル
・ボールペン ツイスト式:337リフィル

発売予定数量:
万年筆  1,600本
ローラーボール  160本
ボールペン  600本

発売予定時期:平成29年 12月上旬


[PR]
# by fullhalter | 2017-10-04 15:55 | 限定品万年筆

特別生産品「スーベレーン605 ホワイトストライプ」

ペリカン日本より発売のお知らせがきましたので、そのままご案内します。

e0200879_15583700.jpg

価格:
M605 万年筆 ¥45,000 +税
K605 ボールペン ¥30,000 +税

仕様:
万年筆 ロジウムプレート14 金ペン先
(EF/F/M/B)
ピストンメカニズム
ボールペン ツイスト式・337 リフィル

発売予定数量:
万年筆     1600 本
ボールペン   500 本
  
発売予定時期 :平成29 年 10 月


[PR]
# by fullhalter | 2017-09-20 16:00 | 限定品万年筆

『趣味の文具箱vol.43』

枻(えい)出版社から『趣味の文具箱vol.43』が送られてきた。
9月8日発売ということなので既に買われた方も多いのでは、と思うが「良い紙で書きたい」がタイトルで多くの紙が紹介されている。
では、いつも通り少しだけ紹介する。

e0200879_11281037.jpg


ドイツファーバーカステル紀行として10ページにわたって紹介されているのだが、以前の紹介の時は実際にドイツまで行かれたと聞いていたが、おそらく今回も現地取材されたのだと思う。
私自身も良い木軸を使われた万年筆(筆記具)は人の手の油を長い時間をかけ吸い込んで、もの凄く熟成してくれるので大好きだし、特にファーバーカステルはそのデザイン、造りが秀逸だと思う。
では、その社屋のページから

e0200879_11293860.jpg

e0200879_11295597.jpg


9代目伯爵のページ

e0200879_11310927.jpg


私自身の為に買い求めたいと思う、新モデル
「クラシック マカサウッド」のページ。

e0200879_11331017.jpg


ここでも何度か紹介させていただいた「アサヒヤ紙文具店」のページ。
私自身は紙のことならアサヒヤ紙文具店が一番良い店、お勧めしたい店なので、是非行かれては、と思っている。

e0200879_11335179.jpg


ジムニー河野さんのページ

e0200879_11344512.jpg

e0200879_11353806.jpg


古山さんのページでは「顔料インクの時代到来!」として自身必需品である顔料インクについて書かれている。

e0200879_11361588.jpg


e0200879_11364262.jpg



[PR]
# by fullhalter | 2017-09-12 11:56 | ムック本紹介

限定万年筆 世界の7不思議シリーズ 第6作目「ゼウス」 、撮りました。

昨年10月に発売される筈だったペリカン限定品 世界の7不思議シリーズ 第6作目「ゼウス」が10ヶ月遅れて発売された。

本体M1000の大きさだと思い込んでいたのだが、入荷してみたらM700(M400)の大きさで驚いた。
この大きさの限定品で、しかも本体の絵柄がオリジナルなのは初めてで、一見した時は受け入れがたい私がいたのだが、小さいものが好きな目でしばらく見ていると、徐々に「優しい」「柔らかい」と好きになってしまった。

この「ゼウス」は金属部分がローズゴールドと赤っぽい。

ペン先で私が一番美しいと思っているのは、50年ほど前のモンブランNo.149 18Cで何とも言えない黄色の上品さと帯状に飾られたロジウム(プラチナ属)のバランスは実に美しい。
そう思い込んで疑わなかった私だったが、今回の「ゼウス」のローズゴールド(赤金)の18金ペン先も徐々に美しく心惹かれるものとなってきた。

これも自分自身のものとして1本欲しかったが、残念ながらご注文をお断りしなければならない程で、諦めた。

では、画像で確認してください。


まず、外箱から

e0200879_15362865.jpg


e0200879_15365079.jpg



本体を

e0200879_15395879.jpg


e0200879_15412555.jpg



M400ホワイトトートイズと並べての画像だが、ゼウスのローズゴールドが画像では判りにくいかも。

e0200879_15424131.jpg


ゼウス部分のアップ

e0200879_15435896.jpg

e0200879_15441947.jpg

e0200879_15443804.jpg



Nibと天冠のアップだが、ローズゴールドがお判りいただけるのでは。

e0200879_15453473.jpg

e0200879_15455234.jpg



[PR]
# by fullhalter | 2017-08-18 15:49 | 限定品万年筆