フルハルター*心温まるモノ

『こだわり文房具』概要 

万年筆について書かれた本は数々あるが、ここでは、著者の方々のご諒承のもと、鳥海忠さん『こだわり文房具――知的作業の道具をさぐる――』・『ホンモノさがし』(光文社)と、古山浩一さん『4本のヘミングウェイ』の2冊をご紹介する。

自分についての記述も出て来て、非常に面はゆい部分もあるが、読んでいただけると、万年筆調整の実際の感じがよくおわかりいただけるのではないかと思う。


今回からしばらくは万年筆について書かれた本を紹介したい。
 今私が親しくさせていただいている鳥海忠さんの本で、――知的作業の道具をさぐる――『こだわり文房具』である。
 この本で万年筆に興味を持ったというお客様が大勢居られ、いろいろな方が万年筆について書いて居られるが、私は、鳥海忠さんのこの本が一番だと思っている。
 ただ残念ながら絶版で入手することができないので、余計に皆様に読んでいただきたいと思っている。著者のご承諾のもと、これから何回かにわたり万年筆の項について掲載させていただくが、本全体の構成について、以下に目次のみご紹介する。

【 著 者 】   鳥海忠――エッセイスト。放送作家。中央大学マスコミ講座講師。
【 出版社 】  株式会社 光文社
【 発 行 】   昭和62年11月20日

  第1章 書く
万年筆。ボールペン。水性ボールペン。サインペン。ダーマトグラフ。鉛筆。インク瓶。鉛筆削り。筆箱。ペン皿。消しゴム。インク消し。ワラ半紙。原稿用紙。手帳。
  第2章 文房四宝とその周辺
墨。硯。毛筆。印鑑。朱肉。封筒。便箋等。
  第3章 道具I
ものさし。ハサミ。ペーパーナイフ。切り出し小刀とアドラー。ルーペ等。
  第4章 道具II
ワープロ。カード電卓。カセットレコーダー。Zライト。


 そしてこの本の最後に鳥海さんはこう言っておられる。
 「いい職人は、いい道具を揃え、その気に入った道具で、じっくり仕事をするという。私が文房具に求めるところのものも、とにかくいい道具が欲しいということに尽きる。」
# by fullhalter | 2001-01-27 15:18 | 万年筆について書かれた本

第五話 フルハルター開業

 モンブランで約17年アフターサービスや品質管理を担当して、万年筆は誰にでも合う、つまり誰が書いても書き味が良く、インク切れのしないペン先を作ることができないことを、身にしみて感じていた。
  書きにくい、インク出が悪い等々で修理するにも、使い手の角度が判らないから、一般的な調整をしていたのだが、使い手の筆記角度が想定した角度と反対だと、修理する前よりもかえって悪くなるという恐怖感が、いつもついてまわった。
  
  また店頭で試し書きをする際も、ほとんどの場合はボトルインクをつけ、立って書かねばならない。インクをつけての試し書きは、通常よりインク出が多くなるために、ヒッカカリや正確なインクの出方またインク切れ等が判らない。また立って書くと、万年筆の筆記角度が、通常の角度と違ってしまい、正確なチェックができない。
  
  もう一つ、万年筆についてゆっくり話しができ、しっかりとアドバイスしてくれる店がほとんどないという状況である。これは万年筆に限らず、どんな業種でも、個人経営の店が成り立ちにくい状況である。万年筆を使ってみたいという初心者から、万年筆大好きベテランまで、気楽にゆっくりと時を過ごせる万年筆屋を望んでいるのではないかと思い、1993年10月にフルハルターを開業した。
  
  使い手の筆記角度に合わせ、また好みに合わせて、1本1本ニブポイントをその人のオリジナルポイント形状に研いで販売したいのと、ゆっくりと万年筆の話しができ、正確なアドバイスや、細かな要求も気楽に言えるような、サロンみたいなものでありたいと願い、開業したのである。

 以来月日が流れたが、有難いことにたくさんのお客様との良い出会いがあった。フルハルターに来られる方は椅子に腰かけ、ゆっくりと話をしていかれる。万年筆の話から始まり、ものを書くことについての話、趣味の話、仕事の話、社会の話、話題は多岐にわたる。話をかわすうちに、その人にとっての万年筆というものが見えてくる。
  
  だから研ぎ出しを行う時には、荒研ぎの段階から、その人の筆記スタイルはもちろん、もっというならライフスタイルのようなものまで含めて、どういった時間にどのように使われる万年筆かまで考慮しながら、一本一本をゆっくりゆっくり、その人に合わせたやり方で丹念に研磨材を替えながら研いでいく。こうしてやや大げさに言えば世界にたった一本のその人のための万年筆ができあがってゆく。
  
  お客様がご満足いただけるまで、心をこめて調整させていただく。ホームページを開いても、このポリシーを変えるつもりは、自分としてはない。お客様には来店して万年筆をお使いになる様子を見せていただきたいし、お電話を気軽にいただきたいと常に思っている。
# by fullhalter | 2001-01-20 15:11 | 私と万年筆

ペリカン・1931ホワイトゴールド

e0200879_154320.jpg


e0200879_1541783.jpg


ホワイト・ゴールド・ダブルつまり張り、言い換えるとロール・ホワイト・ゴールドで製造されている。メッキとは全く違う技法である。
張りという技法で製造された万年筆達は、各メーカーから、おおよそ1960年代まで高級品として販売されていた。古き佳き時代であったと私が思っているのは、この技法で製造された万年筆達は、使ってゆくと味わいが増してくるという特徴を持っているからだ。

勿論無垢の方が良いのだが、なにせ高すぎる。その意味では我々の手が届き、味わいの出るこの1931を手にしてはいかがだろうか。

e0200879_1543019.jpg


キャップの太さ: 13.2ミリ
胴軸: 12ミリ
長さ:キャップをしめた時 117.6ミリ
長さ:筆記時 160ミリ
重さ:24グラム
価格:128,000円(本体価格)
# by fullhalter | 2001-01-13 15:07 | 限定品万年筆

ペリカン加賀研出高蒔絵 『草木兎虫文四季揃』

e0200879_12483995.jpg


ペリカン蒔絵万年筆

  蒔絵は漆器の表面に漆で絵柄を描き、その上に金粉、銀粉、プラチナ粉、螺鈿などを蒔きつけたもので、漆加飾法のなかでも最も芸術的で、その美しさは世界中に認められています。

  ペリカン#1000に施された蒔絵は、高蒔絵と研出蒔絵を同時に用いた「肉合研出蒔絵」の技法を駆使して、四季の自然を表情豊かに描いています。

  160余年の伝統と技術を誇るドイツペリカン社のクラフトマンシップと、日本が生み出した世界に誇る工芸技術が見事に調和した作品です。




桜花春蝶
  金粉、銀粉、青金粉、白金粉を調和させて、桜と蝶により見事に春を描き出しています。
e0200879_13105126.jpg



朝顔夏蛍
  金地に螺鈿を用いた朝顔が生き生きと描かれ、葉に留まる二匹の蛍は夏の風情を一層引き立てています。
e0200879_12485730.jpg



紅葉秋虫
  彩り鮮やかな朱金による紅葉のあでやかさに、螺鈿を施した鈴虫が秋のはかなさを表現しています。
e0200879_13111819.jpg



雪輪冬兎
  梨地に白金粉と螺鈿を駆使した雪の結晶模様に戯れる白兎が、表情豊かに描かれています。
e0200879_13113531.jpg

# by fullhalter | 2001-01-13 13:16 | 限定品万年筆

<3> 藤本義一氏 その1

――今5本のペンは、交替に使用して、なるべく均等に減るようにこころがけるのだが、それが同じようにはいかない。1本ずつ性格がある。それは、まるで人間を相手にしているようでもあるし、子供を育てているような気にもなる。  (1981年録)


  私は二十数年作家の方々の万年筆に対する考え方に接してきた。
  多くの作家の方々の中で、万年筆の本質については開高健さんと藤本義一さんが双璧ではないかと私は感じている。

  同じメーカーの同じモデルの同じペン先の太さでも、それぞれ個性があり、同じではない。使い込んでゆけば同じ様になるかと言えばそうでもない。子どもが5人いて、同じ様に接し育てても、皆それぞれが違う個性を持ち、それぞれの魅力を持つ。

  私は調整師であり、万年筆の使い手ではない。長く使い、言い換えれば、育ててゆくと、どの様な変化が起こるか、自分の手で実感することはむずかしい。私の仕事は生まれ出る時に少しでも親との相性が合うように、育てやすいようにすることだと思っている。
  ただ、使い手つまりお客様との会話の中で、一本ずつ、かなり強い個性を持っているのが万年筆だと教えられてきた。それを蓄積して、今では偉そうに、万年筆とはなんぞやなどと言っている。使い手が職人を育て、職人が使い手を育てる関係、いいなと思う。

  万年筆とはそれ自体が、かなり強い個性を持ち、藤本さんが言われる通り、子どもを育てるようなところがある。その日によって、同じ万年筆が従順な子どもの時もあれば、反抗的な子どもになる時もあることを、経験された方も居られるのではないか。
  だから万年筆は楽しい。
# by fullhalter | 2001-01-01 19:00 | 作家と万年筆