フルハルター*心温まるモノ

<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Memo pad “Vista”

ワイルドスワンズ製品を取り扱い始めた頃には
フルハルターでも多くの方からご支持をいただいたMemo pad Vista。

RHODIAのメモ用紙が付けられて販売されていたVista。
お気に入りの万年筆やボールペンを差してメモしている姿は、なかなかよい風景だ。

何度か申し上げたが、手帳を使うような高尚な仕事をしてこなかった私には
羨ましい風景にも映る。
残念だが、このモデルも廃番である。

e0200879_14123167.jpg


e0200879_1412518.jpg


e0200879_1413693.jpg

[PR]
by fullhalter | 2012-11-30 14:13 | 皮革製品

特別生産品 「スーベレーンM101N リザード」(印刷物より)

その姿、形が最も好きなペリカンの1930年代に発売された101N。
このモデルを復刻して欲しくてお客様まで巻き込んで嘆願書を提出したのが9年程前。

待ちに待った復刻が昨年4月、M101N ブラウンとして発売されたことはご存知かと思う。
ただ、私の目にはブラウンではなく、グリーンに見えたのだが。

その第二弾モデル『M101N リザード』が発売される。
(私の手元にある資料だと1937年から造られた)

では、ペリカン日本からの案内による画像をご覧ください。

e0200879_11375855.jpg


製品名:M101N リザード
価格:税抜き¥48,000
仕様:ロジウムプレート14金ペン先(EF/F/M/B)
ピストンメカニズム
使用ケース:専用ケース
国内販売予定数量:800本
発売予定時期 :平成25年1月

★ M101N リザードは在庫がありますのでご要望の方はお申しつけください。(2016年9月)

[PR]
by fullhalter | 2012-11-23 11:38 | 限定品万年筆

Clipper

ワイルドスワンズ製品 廃番製品について繰り返しご覧いただいてきた。

今回のClipperは私にとって思い出に残るモデルである。
2004年4月7日、我孫子市にある自宅を社長の鴻野さんとデザイナーの平出さんが訪ねてくださった。
その時一緒に来られた方から訊いていたのだと思うのだが、
「森山さんはグリーンがお好きなんですよね。」と鴻野さんからいただいたのが
今回ご覧いただくKey case「Clipper」のグリーンである。

以来8年半、毎日使用してきたのがこれからご覧いただくそのClipperです。
8年半使った熟成と驚愕の丈夫さが伝われば嬉しいです。
ケーズファクトリーさんで使っている皮革とその造りには感服している。
お求めいただいた方々には、
「買ってよかった。」と思っていただけるものと私は絶対の自信を持っている。
では私が8年半使ったClipperのグリーンの熟成と堅牢さをご覧ください。

e0200879_11315150.jpg


e0200879_1132657.jpg


e0200879_11322272.jpg


e0200879_11323460.jpg



在庫が残っていた時に撮影した、
ミネルバモストとグリージオに挟まれたClipperグリーンです。

e0200879_11325030.jpg

[PR]
by fullhalter | 2012-11-16 11:47 | 皮革製品

ペリカン限定螺鈿「M1000旭光」

ペリカンM1000 の限定生産品螺鈿旭光が発売された。
昨年の月光同様今回の旭光も生産本数が少ない為、ご予約下さった方全てに販売することが出来なかった。

今回の作品から蒔絵師の山崎夢舟さんを中心とした「宝舟会」作となった。
実に美しい仕上がり。
見る角度によって色合い輝き方が違い、螺鈿が持つ素材の美しさが発揮されている。

残念なことに現物の美しさがデジカメでは表現することが出来なかったが、ご覧ください。

e0200879_16163349.jpg


e0200879_16164329.jpg


e0200879_16165343.jpg


e0200879_1617311.jpg


e0200879_16171373.jpg


e0200879_16173320.jpg


e0200879_16174554.jpg


e0200879_16175532.jpg




製品名: ペリカン螺鈿万年筆 「M1000旭光」
価格: ¥200,000 +税
作者:宝舟会 (山崎夢舟を代表とする5人の漆芸家のグループ)
仕様: ・螺鈿万年筆
    ・M1000 ペン先(M)
    ・ピストンメカニズム
使用ケース: 専用ケース
製作数量:300本
国内販売予定数量:100本           
[PR]
by fullhalter | 2012-11-09 16:15 | 限定品万年筆

Genesis

ワイルドスワンズ製品 廃番製品を長い期間お知らせしてきた。
約9年前から始まった取扱だが、その当時から造られていた製品うち、20種以上が廃番となった。
一番早く廃番となったのが、財布のSplitterとTwinsで
このモデルをすぐ判る人は、ワイルドスワンズの大ファンなのだろうか。

途中から造られ始めた財布FlickerIとFlickerⅡ、
更にその後造られたA4書類ケースSage、コインケースStamen、キーケースBunch等々、
私が気に入っていたモデルたちも次々と廃番になった。
先週まで6回にわたり「熟成」をご覧いただいた大好きなカードケースSting。
今週も私が大好きな姿、形をしているミニ六穴システム手帳Genesis廃番のお知らせです。

前にも申し上げたが、私は手帳を使うような高尚な仕事をしたことはない。
本は読まず、図書館、美術館にも無縁な私だが、Genesisは本当に気に入った。

このGenesisにめぐり会って以来、私の鞄の中には
満寿屋さんのリフィールとグリーンのインクを入れたモンブランNo.74とともに
フルハルターオリジナルグリーンが入っている。
ところが持ち歩いていても使うことは殆どない。
私にとってGenesisはスケジュールや覚書をする道具というよりは
いつも一緒にいて心を満足させてくれる相棒、とでも言った方がいいのかもしれない。
だからこそ、その姿、形が大切なのだろう。

ある時ケーズファクトリーさんとの打ち合わせでGenesisを使っていたら平出さんが、
「森山さんがその手帳を使っているのを見ると凄く嬉しいんですよね。」と言ってくれた。
私がGenesisを使うことが珍しいという証でもある。

それ程気に入ってしまったGenesisには最も似合うリフィールが必要である。
満寿屋さんの紙は薄く、裏抜けしにくく、細く書けるので
川口さんに相談し、下敷きにぴったり合わせた専用リフィールを作っていただいた。
これで私にとっては完璧なGenesisとなった。
ただ、残念なことに廃番である。
これも世の常、致し方あるまい。
では、画像をご覧ください。

◆ サドルプルアップ チョコ/ナチュラル/ブラック
e0200879_14185294.jpg


e0200879_141942.jpg


e0200879_14191948.jpg


e0200879_14193082.jpg


◆ 私がこよなく愛し、連れ歩いている相棒、フルハルターオリジナルサドルグリーン
e0200879_1424398.jpg


e0200879_14245353.jpg


e0200879_1425954.jpg


◆ Genesisに最も似合うリフィールをと希って造った、満寿屋製三種
e0200879_1432980.jpg


e0200879_14322544.jpg


e0200879_14324015.jpg


e0200879_14325460.jpg


e0200879_1433986.jpg


e0200879_14333846.jpg


e0200879_1434347.jpg


e0200879_14342080.jpg


e0200879_14343640.jpg


e0200879_14345123.jpg


e0200879_1435535.jpg

[PR]
by fullhalter | 2012-11-02 14:25 | 皮革製品