人気ブログランキング |

フルハルター*心温まるモノ

アウロラ限定品「88 Plutone(プルトーネ:冥王星)」

アウロラから限定品「88 Plutone(プルトーネ:冥王星)」が発売されます。

アウロラ限定品「88 Plutone(プルトーネ:冥王星)」_e0200879_13275165.jpg

 「プルトーネ(冥王星)」は、1930 年の発見以来、2006 年までは、太陽系第9 惑星とされていましたが、現在は、5 つの準惑星dwarf planet のひとつとされています。
しかしながら再び惑星とする議論もあり、 その存在自体が、 大変謎の多い、地球から遥か遠くの天体です。
アウロラは、惑星の旅の中で、2015 年最接近した惑星探査機ニュー・ホライズンズが冥王星を背後から撮影した青く輝く大気を特製アウロロイドによって表現し、プルートと呼ばれる謎多き天体「プルトーネ」に捧げます。
888本が限定生産され、キャップには、限定生産数と製造番号が刻印されます。

アウロラ限定品「88 Plutone(プルトーネ:冥王星)」_e0200879_13310759.jpg
限定品「88 Plutone(プルトーネ)」¥96,800(税抜¥88,000)

【製品仕様】
[ 素  材] アウロロイド(アウロラ樹脂)/ ブラックレジン  金属部:クロームトリミング
[ ペ ン 先] 18K ロジウム仕上(EF・F・M・B) リザーブタンク付ピストン吸入方式 限定888 本生産 
[ サ イ ズ ] 収納時:約 136mm( 筆記時:約 157mm) 直 径(最大径):約 15.5mm 重量:約 22g

2020 年05 月発売予定

# by fullhalter | 2020-04-01 13:40 | 限定品万年筆

螺鈿限定万年筆 M1000「緑光」、撮りました。

ペリカンの担当者の話しによると、丸善のイベントで展示したところ、
「今までより太いね。実際に見てみるといいね。」と感じた方が多く、注文されたと言う。
確かに螺鈿幅が広く、角度を変えると今までよりも変化が大きく、面白いと思える。

2016年に発売された「暁」に比べて0.5mm程太い。
作者である山崎夢舟さんに確認したところ、今までの螺鈿よりも太く、幅の広いものの方が難しいそうです。
胴軸が太くなると、キャップを尻軸方向から嵌合に不具合が出やすく、その部分で大いに苦労されたとのこと。

では、画像でご確認ください。

螺鈿限定万年筆 M1000「緑光」、撮りました。_e0200879_13341553.jpg

螺鈿限定万年筆 M1000「緑光」、撮りました。_e0200879_13345044.jpg

螺鈿限定万年筆 M1000「緑光」、撮りました。_e0200879_13350737.jpg

螺鈿限定万年筆 M1000「緑光」、撮りました。_e0200879_13355453.jpg

螺鈿限定万年筆 M1000「緑光」、撮りました。_e0200879_13361729.jpg

螺鈿限定万年筆 M1000「緑光」、撮りました。_e0200879_13363552.jpg

螺鈿限定万年筆 M1000「緑光」、撮りました。_e0200879_13370143.jpg

「暁」と並べて
螺鈿限定万年筆 M1000「緑光」、撮りました。_e0200879_13375471.jpg

更に、2018年M805「光彩」を加えて
螺鈿限定万年筆 M1000「緑光」、撮りました。_e0200879_13412467.jpg


カメラを変えた画像
螺鈿限定万年筆 M1000「緑光」、撮りました。_e0200879_13422765.jpg

螺鈿限定万年筆 M1000「緑光」、撮りました。_e0200879_13410739.jpg


# by fullhalter | 2020-03-15 13:44 | 限定品万年筆

螺鈿限定万年筆 M1000「緑光」

ペリカン社より螺鈿限定万年筆 M1000「緑光」(りょっこう)が発売されます。

螺鈿限定万年筆 M1000「緑光」_e0200879_11425280.jpg

螺鈿限定万年筆 M1000「緑光」_e0200879_11434228.jpg

螺鈿加工は、夜光貝やアワビの真珠質の部分を砥石で磨き、一定の厚さに揃え、漆塗面に埋め込んだり貼り付けたりする技法で光の当たり具合により、美しく光るのを利用した加飾法です。
このすばらしい伝統芸術と、ドイツペリカン社のマイスタークラフトマンシップが見事に調和したM1000「緑光」の作業は、下地に黒漆を使い、深い黒の印象を与えることから始まります。
ペリカン万年筆を象徴する伝統的なストライプは、オーストラリアのアワビを使う螺鈿装飾。
柔らかな緑色の光の輝きを放ち、魅力的なコントラストを作り出しています。
この限定万年筆は、作者名と限定番号を蒔絵技法で描くことにより、世界限定400本のうちの1本であることの証としています。

螺鈿限定万年筆 M1000「緑光」_e0200879_11484700.jpg


価格: ¥220,000 +税
作者: 宝舟会
仕様: M1000 18金ペン先(M)
    ピストンメカニズム
使用ケース: 専用ケース
製作数量: 400本
国内販売予定数量: 120本
発売予定時期 : 2020年3月下旬


# by fullhalter | 2020-03-03 11:51 | 限定品万年筆

「万年筆談議」

万年筆のことを世の中に広く知って欲しいという思いが強く、活動を長く続けておられる方がいる。
一人は、「WAGNER」を主宰している森睦さん、
二人目は、万年筆、鞄の職人の心や技術を伝え続けている古山浩一さん。
そして三人目は、「フェルマー出版社」であり、「fuente」主催者の中谷でべそさん。
このお三方が長年あたためてこられた「万年筆談議」が遂に発行された。

まず、3人の「特別対談」が、10ページから38ページまで。
続いて、「古山浩一の東奔西走万年筆談議」が40ページから100ページまで。
最後は、「中谷でべそのほにゃらか万年筆談議」に続き、「ほにゃらか人生談議」が102ページから210ページまで。

では、撮影した画像をご覧ください。

「万年筆談議」_e0200879_16342696.jpg

「万年筆談議」_e0200879_17234760.jpg

「万年筆談議」_e0200879_17240291.jpg

「万年筆談議」_e0200879_17241627.jpg

「万年筆談議」_e0200879_17243450.jpg

「万年筆談議」_e0200879_17244973.jpg

「万年筆談議」_e0200879_17250163.jpg

「万年筆談議」_e0200879_17252374.jpg

「万年筆談議」_e0200879_17363646.jpg


◆ ご注文は、中谷さんにメール等でご連絡ください。

# by fullhalter | 2020-01-20 17:37 | 万年筆について書かれた本

新年のご挨拶

新年のご挨拶_e0200879_09044211.jpg

新年のご挨拶_e0200879_09051254.jpg


# by fullhalter | 2020-01-01 09:07 | その他