フルハルター*心温まるモノ

モンブラン ノブレスボールペンNO.1947

私がモンブラン輸入元ダイヤ産業に入社した1977年のメインモデルは、「クラッシックシリーズ「ノブレスシリーズ」だった。
今は誰でも「モンブラン」と言えば、「マイスターシュテュック」だと思うのだが、その当時は高価すぎてある特定の方が買い求められるモデルで、メインには成り得なかった。
No.149にしてもNo.146にしても当時は1本ずつ紙に包み、更にそれが3本まとめて紙に包まれて出荷されていた程である。

さて、ノブレスの話しに戻そう。
ゴールドプレートの万年筆No.1147とフエルトペンのNo.1347は既に紹介した。
今回はボールペンのNo.1947である。

当初はスイッチスリーブ式と呼ばれ、天ビスをノックするとリフィールが出て、クリップ上部を押すとリフィールは引っ込んだ。
そのスイッチスリーブ式の画像。

e0200879_14431696.jpg


その後スイッチスリーブ式の耐久性(?)の問題だと思うが、ダブルノック式に変更された。
天ビスをノックするとリフィールが出て、もう一度ノックすると引っ込むことからダブルノック式と呼んだ。
ではその画像を。

e0200879_14434967.jpg


二種を並べて

e0200879_14441355.jpg


スイッチスリーブ式の天ビス部
e0200879_1445185.jpg


ノックしてリフィールを出した。
e0200879_14451031.jpg


ダブルノック式の天ビス部
e0200879_14453539.jpg


ノックしてリフィールを出した。
e0200879_14454346.jpg


ダブルノック式、スイッチスリーブ式を並べて
e0200879_14455938.jpg


ノックしてリフィールを出した。
e0200879_1446995.jpg


リフィールを出した全体画像
e0200879_14462191.jpg

[PR]
by fullhalter | 2016-07-29 14:46 | 愛しきものたち(筆記具)