フルハルター*心温まるモノ

長原さんと私(クロスポイントの研ぎ出し 4)

前回までの3回、「クロスポイントの原石からの研ぎ出し」をご覧いただいたが、今回が最後で「その仕上げ」。

ニブポイントを研ぎ出してゆく上で最も大切なのが使う道具で、その為にオリジナル砥石を4種造ってもらった。
#600、#800、#2000、#4000と粒度は違うのだが、画像ではその違いが判らないので#600、私の大切な砥石をご覧ください。
e0200879_11545935.jpg


次に市販のゴム砥石も使っていると申し上げたが、主に#600と#1000を使っている。
では、ゴム砥石の#1000をご覧ください。
なお、#600は色が違いピンク色である。
e0200879_11553124.jpg


最後にフエルトローラーだが、これがもの凄くすぐれもので、ニブポイント研ぎ出しの仕上げになくてはならない。
では、そのフエルトローラーです。
e0200879_11555695.jpg


これらの道具を使って仕上げた「クロスポイント森山流仕上げ」を原石と比べてご覧ください。
e0200879_11561955.jpg


【 原石 】
e0200879_11564114.jpg


【 仕上げ 】
e0200879_11571411.jpg


【 原石 】
e0200879_11573716.jpg


【 仕上げ 】
e0200879_1158633.jpg


【 原石 】
e0200879_11583127.jpg


【 仕上げ 】
e0200879_11585466.jpg


【 原石 】
e0200879_11592162.jpg


【 仕上げ 】
e0200879_11594485.jpg


難しいとは思うが、何となくでもお判りいただけたなら嬉しい。
オリジナル砥石、ゴム砥石で研ぎ上げ、フエルトローラーで磨いた後に40年以上前に製造されなくなった「幻のぺーパー サブローヤギシタ」、トレーシングペーパー、模造紙の裏表で仕上げ、最後は15,000番のラッピングフィルムで終わる。
この作業は研ぎ上げ、磨きよりもはるかに時間がかかる。
これがフルハルターのニブポイントの調整の全てです。
来週も長原宣義さんです。
[PR]
by fullhalter | 2015-05-22 11:50 | 長原宣義さんと私