人気ブログランキング | 話題のタグを見る

フルハルター*心温まるモノ

第三十二話 ペリカン101N復刻について

  ペリカン101Nが復刻され、特別生産品として販売される。
当初、昨年12月までには発売される予定だったが、今年の4月頃に変更された。

  フルハルターの嘆願書の提出がどれ程の影響があったのかは判らない。
これまで何度も申し上げたことだが、1930年代に造られた『Pelikan 101N tortoise-shell』はその姿、形、色合いが私が最も好きなモデルである。
私にとってもその発売がもの凄く楽しみだ。
その訳は、純粋に私個人が「造り手の思いが一杯につまった、最も万年筆らしいモデル」であると思う、ということであって、私以外の人の目にはどう映るのかは保証出来ない。

  わざわざ101復刻の画像をメールに添付してくださったり、印刷されたものを店にお持ちくださった方も居られました。
ただ販売する側にいる私は、世で言う、「下駄を履くまで分らない」と思っています。
それは過去にも多くそんな例があったから。
その姿、形はおそらく1930年代そのものであろう、と思ってはいるが、キャップ、胴軸のトートイズ、色、柄にやや不明な点があるのではないだろうか。
ペリカンでは320ルビーレッドの例もある。

  今は情報が独り歩きする時代、下駄を履いた時、これは良かった、と心から思えることを願っている。
参考までに、1930年代の画像を。
(これは4月に発売予定の復刻とは違いますので、お間違えのないように)

第三十二話 ペリカン101N復刻について_e0200879_14162932.jpg


第三十二話 ペリカン101N復刻について_e0200879_14163869.jpg


第三十二話 ペリカン101N復刻について_e0200879_14164754.jpg

by fullhalter | 2011-02-25 14:12 | 私と万年筆