フルハルター*心温まるモノ

フルハルターオリジナルアイテムがコードバンで制作できます

C.O.U.では、現在ホーウィンのコードバンを使用したパターンオーダーを受けているという。
それを知ったお客様からフルハルターオリジナルアイテムをコードバンで作れないかとのお問い合わせをいただいた。
以前、国産のコードバンで製品を造っていただいたこともあるのだが、大分前に止めてしまっていた。
ワイルドスワンズに相談したところ、「検討して回答する」とのことだった。

それから数日後、ワイルドスワンズから嬉しい知らせを頂いた。
フルハルターオリジナルアイテム6種には特別に国産コードバン、しかもレーデルオガワのコードバンを使用して製品を造るという嬉しい回答だった。
以前と比べコードバンの価格が凄く高騰した為、フルコードバンではなく裏面はサドルプルアップを使用することとなった。

フルハルターオリジナル製品の価格 (本体価格)
e0200879_1432757.jpg

*色はブラック、ダークバーガンディ

皮革のサンプルをご覧ください。
e0200879_1444913.jpg


ワイルドスワンズから国産コードバンについてのコメントです。

国産コードバンについて
国産コードバン【レーデルオガワ/日本】
WILDSWANSで使用している国産コードバン革は、染色を生業とするレーデルオガワが染色・再加脂を行ったコードバン革です。レーデルオガワのコードバンは、伝統的なアニリン染め(水染め)による染色方法と、張り感のある自然の風合いを残したマットな仕上げが特徴で、時間と共に奥行きを感じさせる透明感のある光沢を見せるのが大きな魅力です。
コードバン革は農耕馬等の臀部にある「シェル層」と呼ばれる超高密度繊維の部分をタンニンで鞣し、天然油脂と染色を加え、ゆっくりと時間をかけて仕上げた革です。製作過程はまず鞣した後、革の表面と裏面の中間にある「シェル層」が露出するまで両面を削り取ります。更にスエードのように立ち上がった繊維を人の手や機械を使い、圧力をかけ均一に寝かしつけることで、まるで表革のような表情に仕上げていきます。 非常に手間のかかる作業ではありますが、およそ牛革の3倍と言われる繊維密度は製品の堅牢さを担保します。また表革のようなスムースな表情を持ちながらも、ギン面が剥げるといった現象とも無縁です。このような機能面に合わせ、独特の感触と深みを感じさせる光沢がコードバン特有の魅力となっています。

[PR]
by fullhalter | 2016-07-08 14:08 | 皮革製品