フルハルター*心温まるモノ

手すき和紙カレンダー

9月26日の更新でご覧いただいた手漉き和紙の“きよこハウス”
蒔絵の夢舟さん、手彫り彫金師の方、手漉き和紙の長谷川さん、
日本の伝統工芸、生活は大変だと思うが、皆心が穏やかで、仕事に活き活きしている。
それは、手仕事を「自分の仕事だから」と思い、続けてこられている人達に共通し、いいお顔をしている。
そんな方々との出会いが、私を豊かにしてくれていることに感謝し、自営業に移って本当に良かったと思わせてくれる。

“きよこハウス”さんから、手漉き和紙カレンダーが届いた。
手紙とともに。
今が一番忙しい時期で、これからご覧いただくカレンダーは、きよこさんがおひとりで、紙漉き、切り絵、レイアウト、組み立てをしたと言う。
「毎年楽しみに待っていてくださるお客様もいて、ひそかに全精力を注いで作っています。」とおっしゃる。
一部分しかご紹介出来ないのが残念だが、ご覧ください。

美しい手紙。
和紙、インクの色、そしてそこに書かれた文字。
(まさにアサヒヤ紙文具店さんの 紙×インク×万年筆である。)

e0200879_11253313.gif


e0200879_11255293.jpg


e0200879_1126688.jpg


e0200879_11261745.jpg


e0200879_11262963.jpg


e0200879_11263975.jpg


e0200879_11264734.jpg

[PR]
by fullhalter | 2008-12-26 11:24 |