人気ブログランキング | 話題のタグを見る

フルハルター*心温まるモノ

革小物vol.75ショップ開店 

ケーズファクトリーのショップ、“C.O.U.”の開店 11月1日に先立ち、“Reccption&Exhibition”が10月22日~28日まで開催された。

フルハルターの休業日であるその初日、22日水曜の一番で出掛けた。
10時少し前に着いたその時の店は鴻野さん、山田さんが荷解きをして展示の最中だった。
前日、否、当日も朝2時迄、と言っておられた。
早すぎたか、まずかったなとの思いもあったが、
「まぁ、仲間でパートナー? 俺は他人じゃねぇー。お二人を無視して今日の更新の為の写真を撮れば…。」

出来上がったお店は決して広くはないが、私には、ジャストサイズに思えた。
床、壁、棚、それぞれに、妥協しない職人の方々の思いが随所に、その姿として表れていた。
「いい店だ。」
心からそう思う。

私が着いてから30~40分して あの枻(えい)出版社、清水編集長、井浦副編集長を含め3人の方々がいらした。
清水さんが、
「思わぬ人が居て、緊張しました。」
「え~、俺ってそんなに怖い?自分ではやさしいと思っているんだけれど。」
久し振りの懐かしい顔に思わず軽口が。
枻(えい)出版社では“C.O.U.”をどんな風に紹介されるのだろうか。
楽しみである。

屋号の“C.O.U.”は.(Company Of Utility)の頭文字で、<様々な価値観、よりよいものとの出逢いを提供出来る場>を意味していると言う。
様々な価値観の一歩として、靴と筆記具を販売される。
靴は日本の中で、唯一の取扱店となる“バリント”。
このバリントはオーストリア ウイーンで糸を全く使わないウッド製法、“ウッドネイル”。
全てウッドネイルで造られている靴は、バリントが唯一のメーカーとのこと。

また筆記具は、“C.O.U.”に最も似合うドイツの“ファーバー カステル”。
「フルハルターとの4年半の付き合いから、どうしても筆記具を置きたい。」と言う。
嬉しい話である。
心をくすぐられる話である。
鴻野さんに
「万年筆の調整を森山さんにお願いしたいんですが。」と相談された。
「喜んで。鴻野さん平出さんたちは私にとって希少なのです、一生付き合いたい信頼出来る人達です。私でお役に立てることがあれば、何でもしますよ。」
そんな経緯があり、8本お願いされていたファーバーカステルの万年筆達を調整し、22日に届けた。
明日は、棚に並んでいる筈。
“C.O.U.”に似合う筆記具ファーバーカステルに興味を持たれる方がどれ程居られるのか、とても楽しみである。

11月末頃には、“C.O.U.”のメインが、店の真ん中に置かれる。
それは、日本テレビのからくり時計や、宮崎駿さんの仕事をされている方の手造り。
まだ出来上がっていないので、それをお見せすることは出来ないが、店舗の写真をご覧ください。
先週の店造り過程の画像から想像していただいた方、イメージ通りでしたか?
ご確認ください。

革小物vol.75ショップ開店 _e0200879_13531933.jpg


革小物vol.75ショップ開店 _e0200879_13532976.jpg


革小物vol.75ショップ開店 _e0200879_13534414.jpg


革小物vol.75ショップ開店 _e0200879_13535374.gif


場所: SHOP C.O.U.(Company Of Utility)
    中央区銀座2-9-4 アイタワー1F

アクセス、営業時間など詳しくは C.O.U.銀座
by fullhalter | 2008-10-31 13:51 | 皮革製品