人気ブログランキング | 話題のタグを見る

フルハルター*心温まるモノ

美濃和紙



ある日私の元に 味わい深い和紙の封書が届いた。
岐阜美濃の長谷川喜代子さんという方からだった。
何だろう…と封を切ると、中には、“女たちの手漉き和紙展2008”(8月25日~30日日本橋)の案内書とともに パンフレット、手紙が同封されていた。
手紙には、美濃市で手漉き和紙を漉いていること、8月24日に来店されることが書かれていた。

24日、大きなキャリーバッグを引きながら、その方は来店された。
喜代子さんは元々文房具好きで、京都の大学時代に和紙とめぐり会い、魅せられ、美濃で和紙造りの修行に入ったと言う。

日本は広い。
捨てたもんじゃない。
私は、モノ造りをする人が大好きである。
ただ造るのではなく、そのモノに己の思いを表す造りをする人が。

今回フルハルルターのHPで紹介するにあたり、長谷川喜代子さんからいただいた手紙をまずご覧ください。

美濃和紙_e0200879_14352350.gif


美濃和紙_e0200879_14363095.gif


美濃和紙_e0200879_14364020.gif


美濃和紙_e0200879_14364967.gif


お持ちいただいた和紙、その後送ってくださった和紙の便箋は、ともに薄い。
こんなに薄く漉けるものなのかと思うほどだ。
これが便箋として相応しいのか、難しい判断に迫られているが、味わいが深いことだけは間違いない。
ただ画像でその薄さ、味わいを伝えるのは難しい。
無理を承知で画像をご覧ください。

< 梱包された状態 >
美濃和紙_e0200879_14373544.jpg


< 箱を開けた状態 >
美濃和紙_e0200879_1438236.jpg



・・・・・・・・・・ こうぞ(那須) ・・・・・・・・・・
< 便箋 >
美濃和紙_e0200879_14384856.jpg


美濃和紙_e0200879_1439581.jpg


美濃和紙_e0200879_14391614.jpg



< 封筒 >
美濃和紙_e0200879_14395294.jpg


美濃和紙_e0200879_14401100.jpg


美濃和紙_e0200879_14401615.jpg



・・・・・・・・・・ みつまた ・・・・・・・・・・
< 便箋 >
美濃和紙_e0200879_14405160.jpg


美濃和紙_e0200879_14405951.jpg


美濃和紙_e0200879_1441924.jpg



< 封筒 >
美濃和紙_e0200879_14421255.jpg


美濃和紙_e0200879_14422063.jpg


美濃和紙_e0200879_14423069.jpg



和紙は万年筆で書くと 滲み、裏抜けが避けられない。
しかも、“きよこハウス”の紙は薄い。
書いてみた感じを申し上げると、滲みはあまりなかったが、裏抜けはある。
今後自然なご縁があれば、また紹介し、新しい作品にも期待したい。
by fullhalter | 2008-09-26 14:33 |