人気ブログランキング |

フルハルター*心温まるモノ

 夏休みに入った9月4日 自宅近くの、古くからの知り合いを女房と訪ねた。
新しく造った事務所に入るのは、私ははじめてだった。
ドアを開けると正面に、古いトランクが大小合わせて三つ置かれていた。
木の温もりのある、落ちついた雰囲気の事務所。
カウンターも一枚板。
そんな事務所に置かれた古いトランク…。

「これ、どうしたんですか?いいなぁ~。」
「最近、知り合いが古いモノを扱う店を出したので、主人がお付き合いで買ったの。」
「じゃ~、これから行ってみます。」直ぐにその気になった私に、
「本当にこれから行くの?私も?」という気乗りのしない女房を、無理矢理同行させた。

着いてみると、そこは思った以上に広い店だった。
あるわ。あるわ。古~いモノばかり。
火鉢もあれば、カメラも…。
種類を選ばず、古いものばかり。
この店は危ない。
使わないモノ、使えないモノまで買ってしまいそう…。
「シンプルに暮らしたい」が口癖の女房は、「また病気がはじまった」という顔をして、横で溜息をついていた。
それを全く無視して、10個程あるトランクを見ることにした。
その中から、何故なのか自分でも判らないが、どでかいトランクを選んだ。
もっと小さいモノが欲しかったが、既に売れてしまったとのこと。

とりあえず画像を。
因みに、大きさは 60cm×35cm×17cm である。

e0200879_11293863.jpg


e0200879_11295423.jpg


e0200879_11302082.jpg


e0200879_11303145.jpg


e0200879_11304119.jpg


このトランクが目的だったのだが、また余計なモノが目の端に入ってきた。
ショルダーバッグである。
「これ高いですよね。」
店にいた人は、店主に電話で聞いてみると言い、
「あ~、これはスペインの高級靴を造っているメーカーのバッグということらしいので。」と答える。
「これは、未使用品でしょうか?」
「かもしれないですね…。」
などなど、判ったような判らないような、いい加減な会話をしながら、買ってしまったショルダーバッグもご覧ください。

e0200879_11312849.jpg


長い間、店にあった跡が残っている。
e0200879_11313760.jpg


e0200879_11321976.jpg


e0200879_11323480.jpg


e0200879_1133364.jpg


e0200879_1133142.jpg


「こんな汚いトランクどうするの?店に置くにはいいかもしれないけど。」
「店には置く場所ないなぁ~。」
「じゃ~、家に置くの!」
「置くしかないだろう…。」

ということで、今は玄関のチェストの上に、先週ご紹介した「飛鳥Ⅱ」とともに置いてある。
(今までチェストの上にあった比較的大きな花瓶三つをどこにしまうか、女房は凄く悩んでいた。)
でも、この汚いトランクを持って飛鳥Ⅱで世界一周も出来ないだろうし…。
飛鳥Ⅱが似合うと言えば、Fugeeさんが造ったトランクぐらいだけど、どちらも夢のまた夢。
寅さんみたいに、このトランクで全国行商回るか…。
by fullhalter | 2007-09-14 11:28 | 私の好きなもの