人気ブログランキング | 話題のタグを見る

フルハルター*心温まるモノ

長原宣義さんの作品たち その21

久し振りに「長原宣義さんの作品たち その21」
「黒柿螺鈿クロスポイント」最終回です。

実はこの黒柿は私がお願いしたものではなかった。
私の姉一家が数年ブラジルに住んでいたのだが、義兄から木製品が好きな私に
「これ、鉄の木と言われているジャカランタで造られたブラジル版二宮金次郎の彫り物。」と土産をいただいた。

その木が好きで、木場の材木屋で沢山のジャカランタを買っていた私は長原さんに、
「この木で万年筆を造っていただけませんか?」とお願いしたところ、
「お~、え~よ。」と二つ返事でお受けしてくださった。

しばらくして、
「あの木で、でけんかった。これ、どうじゃ。」と差し出されたのが今回の黒柿。
黒柿も大好きな私は少し残念な気持ちと大いなる喜びで受け取らせていただいた。

そんな経緯を経て私のところへやってきたこの黒柿はいろいろな思いの多い万年筆である。
ちなみに伐採が禁止されているジャカランタの本来の言い方は、ギター好きの方々から、「ハカランダ」が正しい呼び名だと教えらえた。

それでは私の想いが深い「黒柿螺鈿クロス」万年筆をご覧ください。

長原宣義さんの作品たち その21_e0200879_14465867.jpg


長原宣義さんの作品たち その21_e0200879_14471033.jpg


長原宣義さんの作品たち その21_e0200879_14472262.jpg


長原宣義さんの作品たち その21_e0200879_14473354.jpg


長原宣義さんの作品たち その21_e0200879_14474227.jpg


胴軸
長原宣義さんの作品たち その21_e0200879_1448647.jpg


キャップトップ、尻にも螺鈿が
長原宣義さんの作品たち その21_e0200879_14485844.jpg


長原宣義さんの作品たち その21_e0200879_14491177.jpg


クロスポイントニブ
長原宣義さんの作品たち その21_e0200879_14492873.jpg


今までご覧いただいた「長原宣義さんの作品たち」は、胴軸に螺鈿だったが、今回はキャップに23面。
私を思い、長原さんが大変ご苦労されて造られたこの黒柿には思い出が沢山詰まっていて、最終回に相応しく、生涯感謝の想いを忘れてはいけない。
by fullhalter | 2016-06-10 14:49 | 長原宣義さんと私