フルハルター*心温まるモノ

TAKUYA

  新進気鋭の革製品作家「TAKUYA」さんは、独学で好きな革を学び、この数年で前職を辞した。
そのキッカケは、前職の同僚(先輩)に万年筆好きが居られ、「万年筆の集い」に出席する内に多くの愛好家からの切なる要望に応え、ペンケース造りを始めた。

  あの古山画伯からだろうと思うが、首からつるすペンケースの要望があり、愛好家の集いや、『万年筆の達人』出版記念パーティーでは多くの愛好家が「TAKUYA」製のペンケースを首から提げていた。

  フルハルターの仲間にもTAKUYAさんの作品に惹かれている人が多く、ペンケースのみならず、革製品を既に持ち、更にオーダー中の人が居られる。
その中の1人が造っていただいた「TAKUYA製ブリーフケース」を明日(5月26日)に見ることが出来る。
楽しみである。
違う皮革のブリーフケースをオーダーしている人がいるのだが、その方からのメールの一部を紹介しよう。
「西洋のエッセンスを融合させた繊細さ漂う日本人の仕事ですね。
コバの仕上げ(必見!)は拓也さんの好みのイタリア靴その物ですが。」

  この方は、私など比較にならない程、革そのもの、そしてその製品、また時計への愛着、知識が深い。
道楽者?
いえいえ、人生を深く楽しむことを知っている求道者であります。
他にもいろいろなモノに深い知識を持っている仲間が居る。
10名程の仲間だが、皆多くの知識を持った否、持ち過ぎた人達で飽きれてしまう。
「間もなく62歳。今まで何やってきたんだろう。」と思わされる。
でも、そんなことでは落ち込まないのが、62年間の人生を歩んできた強さであろう。

  さて、今回の更新の本論に入ろう。
5月4日 TAKUYAさんが店を訪ねてくださった。
「HPで紹介していただいたお礼に来ました。」
何と義理堅い。
土産まで持って。
それも「心」が判るものを。
何時間居られただろうか。
他のお客様が帰られ、2人になった時に、3つのペンケースを出された。
二つは「文具箱」で紹介された形だったと思うが、他の一つに目が留まった。
「これペリカンの1931用に造ったペンケースです。」
(なに~。1931。じゃ~俺用じゃないか。)
「自分の手で磨いたんですよ。」
「これ、売り物?」
「そうですよ。」

  ということで、買い求めたペリカンの1931用ペンケース。
前置きが長くなったが、画像をご覧ください。

e0200879_12492647.jpg


e0200879_12494123.jpg


e0200879_1250323.jpg


e0200879_125116.jpg


e0200879_12512123.jpg


e0200879_12514115.jpg


e0200879_12514995.jpg


e0200879_12515962.jpg


  尚、フルハルターでTAKUYA製ペンケースや他の革製品のオーダーをお受けすることは出来ません。
直接、ご本人にお願いいたします。
by fullhalter | 2007-05-25 12:46 | 皮革製品