フルハルター*心温まるモノ

銀製 ライター 

  私が銀製品を好きなことを、ご存知の方は多いのではないだろうか。

  数年前のことだと思うが、ひょんなことから金・銀の加工製品を造っている会社のショップを見つけた。
その会社のことは以前から知っていたので入ってみた。
丁度時計が壊れていたので銀無垢のリストウオッチでもあればと思い。
スターリングシルバーで文字版も気に入ったものがあった。
残念だったは、パラジウムコーティングされていたことだったが、求めた。

  それ以来、たま~に目的もなく、店を訪れている。
蒔絵を施した懐中時計(既にこのHPで紹介している)もその店で求めたものである。

  今回ご紹介するのは、スターリングシルバーのライターである。
中はジッポーで外側の銀を手造りし、「ござ目」を彫ったもの。
店によく来て頂くお客様が
「メーカーの銀の厚みは薄いけど、手造りは厚くていいよね~。」と言われた。
メーカーのスターリングシルバーは、0.5mm、0.6mm程度らしいが、このスターリングシルバーの厚みは、1mmである。

  もともとジッポーは、好きではなかった。
ライターと言えば、私は絶対デュポン派であった。
ただ、残念ながらライターの素材として最も好きな銀無垢がない。

  今回やっと銀無垢、更に地金が厚く、「ござ目」の彫りまで入っている。
デュポン以外で、やっと気に入るライターとの「めぐり逢い」である。

  先日プレーンの素材(形は今回のとは違うが)を知り合いの彫金師の方に彫っていただくようお願いした。
楽しみである。
では、画像をご覧いただくことにしよう。

e0200879_18331436.jpg


e0200879_18332377.jpg


e0200879_18333426.jpg


e0200879_18334756.jpg


e0200879_18335617.jpg


e0200879_1834548.jpg


  いかがだろうか。
私にとっては。「愛しきものたち」のひとつであるが。
「いいなぁ~」と思っていただければ、嬉しい。
それにしても、私は「モノ好き」であり、「道楽者」である。
今回は、銀無垢、ござ目のライター。
次回は、これに漆を塗ったものを、ご紹介する。
また、それ以降決まっているのは、銀無垢のバックルに、東京の伝統工芸師の手による彫金を施されたもの二点です。
[PR]
by fullhalter | 2006-05-26 18:32 | 愛しきものたち