フルハルター*心温まるモノ

モンブランNo.64 

8回続いたモンブランのオールド「多色ボールペン・ペンシル」も今回9回目が最終回。
1955年から1969年までに造られた 12角金張り四色ペンシル No.64である。

同時代に造られたボールペンが6種、そして今回の四色ペンシルが3種。
多色ボールペンは、メーカーによっては今でも造られている。
かく言う私も、パイロットの三色ボールペンに1.6ミリの極太を多様、愛用している。

ただ、四色ペンシルなど誰が使っていたのだろうか。
その私の思いは、No.62の時に記したので、ご覧いただきたい。

では、モンブランのこのNo.64を造られた方々に敬意を表し、画像をご覧ください。

e0200879_1434218.jpg


e0200879_1435275.jpg


e0200879_144345.jpg




【 製品仕様 】
軸・クリップ: 金張り
芯出し方式: サイドレバー式
芯出し方式: サイドレバーを一杯に押し下げて、
メカニズム先端を回転させる。
形状: 12角
太さ: 9.5mm
長さ: 122.5mm
重さ: 25g

■ 製造年代:  1955~1969年
■ 最終販売価格: 9,000円 (1970年3月)

この年代に造られた製品達全てを私が持っている訳ではなく、従って全てを紹介することは出来ていない。
最後に、全ての製品のデータを紹介する。

e0200879_1462368.jpg


以上が当時造られた多色ボールペン・ペンシルのデータである。
それ以外に、モンブラン勤務時代に私自身で収集したデータによると、No.53には14金無垢も存在したようである。
<マイコレクション>にはクローム仕上げの製品がないことにお気付きの方も居られると思う。

モンブラン勤務時代何故か、何故なのか判らないのだが、
「モンブランは、世界のどのメーカーより絶対に良くなければならない。」と、私はかたく信じ、思い込んでいた。
同僚からは、
「社長でもあるまいし」と、陰口をたたかれていたようであるが。
そんな私であるから、クロームメッキの製品に対し、
「こりゃ~モンブランじゃね~。」
クロームメッキの製品は買わなかったのである。

次回からの<マイコレクション>は、数回に渡り私には全く似合わない『コレクション マダム』を紹介する。
これらは、多色ボールペン・ペンシルよりも、もっと知らない方が多いと思う。では、次回まで。
[PR]
by fullhalter | 2005-11-04 14:02 | マイコレクション