フルハルター*心温まるモノ

PERNAMBUCO

今週はちょっと遊んでみた。
かねてより使っていくうちに”味わい”の出るモノが好きと、所謂”熟成”が好きと申し上げたが、私の使っているモノで熟成した、否、熟成途中の”愛おしいモノ達”をご覧いただく。(ここでは、ファーバーカステルを)

この万年筆は数ヶ月前に大切な友人から譲って貰ったモノ。
譲っていただいた時は新品だったので、私自身で数ヶ月かけて熟成させた。ペルナンブコの金属部分は、私の好きな銀仕上げだった。しかし、銀は変色する為に二年程前だったと思うが、ファーバーカステルは銀からプラチナ仕上げに変更してしまった。
世の常だと思うが、「変色した、汚い。」と苦情が出た為の変更のようだが、銀仕上げの方が「柔らかい、優しい風合い」で、私は好きだ。では、その画像を。

e0200879_10354219.jpg

左→プラチナ仕上げで未使用
右→銀仕上げで数ヶ月使用


次に、そのアップ
e0200879_10373321.jpg

いかがだっただろうか。
実際に見た方が画像で見るよりも違いがはっきりしているのだが、これでも熟成がお判りいただけたのではないだろうか。
[PR]
by fullhalter | 2004-11-26 10:33 | 私の好きなもの