フルハルター*心温まるモノ

長原宣義さんの作品たち その6

ある時、長原さんが煤竹としてはこれまでに見たこともない細い軸のものをお持ちになり、
「どうじゃ、この細い煤竹は。」と私に見せてくれた。私は直ぐに、
「売ってください。」と申し上げた。

細いだけでこれまでの煤竹とは全く違う雰囲気が出ていて、好きだ。
ただペン先の小ささが、少しもの足りなさを感じさせてしまうのが残念だが。

それでは、実際の画像でご確認ください。

e0200879_1335341.jpg


e0200879_13355253.jpg


e0200879_1336386.jpg


e0200879_13361665.jpg


e0200879_13362837.jpg



では、小さなニブのアップを。

e0200879_13364524.jpg



天地に螺鈿がついているのでその天地を。(上の画像が天、下の画像が地)

e0200879_13375925.jpg


e0200879_13381033.jpg



先々週の煤竹と2本並べて。

e0200879_13383984.jpg


上先々週 軸の太さ 16.5mm
下 今週  々   12.4mm
[PR]
by fullhalter | 2015-09-18 13:39 | 長原宣義さんと私