フルハルター*心温まるモノ

マツヤ万年筆病院

仕事でドイツへの長い旅は何度もあったのだが、
元々家が一番な私は、旅に出たいともあまり思うことはなかった。

そんな私が長崎に行って来た。
長崎もだが、この歳になって初めて九州の地を踏んだことになった。
長崎はと言うと、坂道ばかりで少々疲れたが、思った通り良い所だった。
中でも一番は、人との出会いだった。

長崎に着いた日、女房が行きたいという洋菓子店を探し歩いていると
いきなりマツヤ万年筆病院が目の前に現れた。
女房は、「あそこがマツヤ万年筆病院、事前に調べておいたから。」と言う。
長崎観光マップに赤で印が付けられていた。

雑誌等で見慣れた「マツヤ万年筆病院」のロゴが大きく、歴史を感じさせる。
お客様、業界の方々から「いい万年筆屋さんだ」と聞いてはいた。
今回の旅で機会があればご挨拶を、と思ってはいたのだが、
何せ、いきなりだったので少し驚いた。
けれど、迷うことなく中に入ることにした。

ご迷惑かなと思いながら、ドアをソッと開けた。
前に進んで
「私、客ではないのですが…。同業者でフルハルターの森山と申します。」

その時のご主人の顔が忘れられない。
私が言うのは…と思うが、心から嬉しそうな表情をされたのだ。
「あ~!私も会いたかったのですよ!」と言われて、深々と頭を下げられた。

直ぐにご主人は女房にも会わせたいからと、外出中の奥様に電話をするとおっしゃる。
奥様も戻られ、それからは話が尽きなかった。

楽しい時間だった。
今まで噂には聞いてはいたが、実際にお会いして「いい店」を実感した。
そして、お二人のお人柄が何より素晴らしかった。
これを機会に仕事では難しいと思うが、個人的な繋がりが出来れば嬉しいと思う。

店を出てから、一緒の写真でも撮ればよかったのに全く気が回らなかったと女房。
私にとっては、写真よりはるかに心に残る時でした。
by fullhalter | 2011-09-27 12:30 | 旅・ウオーキング