フルハルター*心温まるモノ

タグ:皮革の熟成 ( 20 ) タグの人気記事

Clipper

ワイルドスワンズ製品 廃番製品について繰り返しご覧いただいてきた。

今回のClipperは私にとって思い出に残るモデルである。
2004年4月7日、我孫子市にある自宅を社長の鴻野さんとデザイナーの平出さんが訪ねてくださった。
その時一緒に来られた方から訊いていたのだと思うのだが、
「森山さんはグリーンがお好きなんですよね。」と鴻野さんからいただいたのが
今回ご覧いただくKey case「Clipper」のグリーンである。

以来8年半、毎日使用してきたのがこれからご覧いただくそのClipperです。
8年半使った熟成と驚愕の丈夫さが伝われば嬉しいです。
ケーズファクトリーさんで使っている皮革とその造りには感服している。
お求めいただいた方々には、
「買ってよかった。」と思っていただけるものと私は絶対の自信を持っている。
では私が8年半使ったClipperのグリーンの熟成と堅牢さをご覧ください。

e0200879_11315150.jpg


e0200879_1132657.jpg


e0200879_11322272.jpg


e0200879_11323460.jpg



在庫が残っていた時に撮影した、
ミネルバモストとグリージオに挟まれたClipperグリーンです。

e0200879_11325030.jpg

[PR]
by fullhalter | 2012-11-16 11:47 | 皮革製品

Sting その6

ワイルドスワンズ製品 
廃番製品の中でも私が大好きな
カードケースSting の熟成も今回で6回目、最終回。

ケーズファクトリーさんが創業当時から使っている
ベルギー製のサドルプルアップ(6色)と
イタリア製で私が大好きなミネルバ(主に6色)、
それぞれ使ってゆくうちに味わいを深めてくれる。

その中でも今回のミネルバ パパベロが群を抜く。
原皮は私の目には橙色に見えるが
使ってゆく内に赤に変化してゆく。
私が使って熟成させてゆく中で
サドルプルアップもミネルバもそれぞれ味わいを深めてくれる。
が、その中でもミネルバ パパベロは実に美しい。
元々赤という色は好きとは言えないのだが、
このパパベロの熟成はたまらない美しさ。
画像をご覧ください。

e0200879_8452149.jpg


e0200879_8455496.jpg

[PR]
by fullhalter | 2012-10-26 08:47 | 皮革製品

Sting その5

ワイルドスワンズ製品 革小物を扱ってから8年半が経過した。
当時製造していたものの多くが廃番となった。
それらの中でも私が好きだったカードケースSting は今回で5回目となる。
多くの方々には「またかよ」と思われそうだが、
それ程私が好きだったモデルなのでお許しいただきたい。

今でも通勤電車の中でStingを毎日掌で熟成し続けていて
しばらく使っていなかったサドルプルアップ ナチュラルの色が褪せてしまったが
少しずつ回復している。

今回ご覧いただくのは、イタリアミネルバのオリーバとグリージオである。
オリーバはグリーン、グリージオはグリーンなのだが、
グリージオも私の目にはグリーン系に映る。
この二種ともに私の掌で触れてゆく程にグリーン系の色合いが濃くなり、
艶もより熟成した。
長い間店の棚に展示していたのだが、
窓の日が当たるにつれてグリージオはカーキ色を帯びてきて
これもまたなかなかの味わいである。

では、Sting、熟成させたオリーバとグリージオをご覧ください。

e0200879_14143257.jpg


e0200879_14145287.jpg

[PR]
by fullhalter | 2012-10-19 14:19 | 皮革製品

Sting その4

カードケースとしては使い勝手が良いとは思えないが、
私には姿、形が「実に美しい」と思えてならない。
お気に入りモデルなので今回が4回目。
(流石にしつこいと自分でも思っているのだが。)

今週のStingは、ミネルバのNavyとMosto。
Mostoは皮革の輸入商社では在庫していない色で、
鴻野さんとその商社を訪ねた時に、
「森山さんの好みにはMostoが合うんじゃないかな。」と言われた。

その時、鴻野さんのご了解を得て
フルハルターの為に取り寄せていただいた色。
使ってゆくうちに色合いは濃く、艶が出て、
とてもいい色合いに熟成してくれた。
私の好みのワインともバーガンディーとも言える色合いで
とても気に入っている。

では、StingミネルバのNavyとMostoをご覧ください。

e0200879_11434091.jpg


e0200879_11435838.jpg

[PR]
by fullhalter | 2012-08-31 11:44 | 皮革製品

Sting その3

ワイルドスワンズ製品中止モデルの中でも私が大好きな
Stingの熟成をご覧いただいていますが、
今回はその3回目で、ナチュラル2種です。

ナチュラル2種とはベルギーのサドルプルアップと
国産のコードバン。

皮革でも木製品でも同じだが、
色が薄いものの方が早く熟成したと感じる。
ナチュラルは使い始めてから少しずつ茶色っぽく変化し、
汚れも目立ち始める。
そして、更に使い続けてゆくことによって「飴色」の理想に近づく。

以前コードバンのナチュラルについて書いたことがあるのだが、
皮革にとても詳しい友人たちから
「コードバンのナチュラルって聞いたことないな」と、言われていたと。
画像で熟成をご覧いただいた後に、
九州で皮革製品を造っている方からメールをいただいた。
「自分自身の使っている小物はコードバンのナチュラルですよ。」と、
画像が添付されていた。

サドルプルアップのナチュラルについては私も以前書いているし、
2012-07-09 C.O.U.のブログで

「赤ちゃんの肌のような」と称されるサドルプルアップのナチュラルはきめが細かく使い
始めるのを躊躇してしまうくらい美しいです。

とある。
私も使い始める、言い換えれば汚し始めてしまうのに勇気がいる。
一方、コードバンナチュラルはサドルに比べれば始めから茶色系が強い。
使ってから色が濃くなってゆくのもコードバンの方がはるかに早かった。

今往復の電車の2時間は今日ご覧いただく
サドルプルアップ ナチュラル Sting の熟成を更に進めている。

では、Sting サドルプルアップ(左)とコードバン(右)の熟成を比較してご覧ください。

e0200879_14571040.jpg


e0200879_14572512.jpg

[PR]
by fullhalter | 2012-07-20 14:59 | 皮革製品

Sting その2

ワイルドスワンズ製品のなかで私が最も好きなのが
カードケースStingである。
理由は、前回申し上げた。
8年以上経過した今でも
通勤の電車の2時間を熟成に充てている。

小さい頃から皮革の色として大好きだったワインとグリーン。
ケーズファクトリーさんに無理を聞いていただき、
ベルギーのサドルプルアップを
フルハルターオリジナルとして販売することが出来た。

そのワイン、グリーンも既に原皮はなく、
製品として造られたものが僅かだが残っているに過ぎない。

このスティング、余りにも好きで、
今でも熟成させているモデルなので、
複数回にわたって皆さんにご覧いただくつもりである。

前回6月29日の更新では9色同時にご覧いただいたが、
今回からは「その2」として、熟成させた2色ずつご覧いただきます。

今週は、ワイン/グルーンの2色をご覧ください。

e0200879_8282527.jpg


e0200879_8284167.jpg

[PR]
by fullhalter | 2012-07-13 08:28 | 皮革製品

Sting

ワイルドスワンズ製品を取り扱うきっかけとなったのは
8年前の2004年4月、鴻野さんと平出さんに自宅でお目にかかったこと。
すぐに製品の取り扱いを決め、申し上げた私に鴻野さんは快諾してくださった。

当時22種造られていた革小物の中で
私が最も気に入ったのがCard caseとして造られていたStingだった。

私は定期入れとしてStingを使いたいと思ったが、
鴻野さんはCoin caseとして造られていて
今も製造されているTongueを勧めてくれた。

確かにStingは、ベルトを外し、開いて定期を出さなければならず、
使い勝手としては決して良くはない。
けれど元々ホックがあまり好きではない私だったし、
ベルトで止めるタイプの方がはるかに美しいと思った。

「これから店に行くぞという思いを込めてベルトを外し、
おもむろに定期を出すっていいじゃないですか。
そして無事に一日が終わったことに感謝する。」
私には面倒とは思えなかった。

賛同してくれる方は僅かであろうと思うが、
便利さを追及すればするほど、モノに対する思いも
人に対する思いも薄れてゆくのではないだろうか。
正に万年筆が最たる道具である。

取り扱いがはじまって8年が過ぎたが、
往復の電車の2時間、一日も欠かさずStingの熟成をしている私。

製造は中止されたが、これからも続けてゆくつもりだ。
では熟成した9種のStingをご覧ください。

e0200879_11231864.jpg


e0200879_11233054.jpg

[PR]
by fullhalter | 2012-06-29 11:23 | 皮革製品

Cactus

2004年に初めてお会いしたケーズファクトリーの
鴻野さん、平出さん。
その時以来使い続けているワイルドスワンズ製品。

今回の廃番製品の中にコインケースとして造られ続けたCactusがある。

Cactusサドルプルアップのナチュラル
これも2004年以来ずっと使い続けているもののひとつ。
7年半の熟成です。

e0200879_16122826.jpg


e0200879_16124697.jpg


e0200879_1613347.jpg


人と少し変わっている私は、
造り手の使用目的と違った使い方が見つけられた時
「やった!ざまあみろ」と思う。

先日長崎のべっ甲店で
和菓子の黒文字(ようじ)を見て
「ペーパーナイフ」と感じた。
帰宅して使ってみたところジャストフィット。

Cactusも銀製ライター入れとしてジャストフィット。
ライターもその形、大きさがまちまち。
フリスクケースとして造られてきたTrank(これも廃番で、次回ご覧いただく予定)も
小さめのライターが入る。

では、Cactus ライターケースとしてをご覧ください。
まずフルハルターオリジナルサドルプルアップグリーンには
銀無垢の手彫金ライターを。

e0200879_16153138.jpg


e0200879_16154877.jpg


次に同じくオリジナルワインにロンソン限定製造銀無垢を。

e0200879_16172935.jpg


e0200879_1617452.jpg


最後にサドルプルアップ黒に1.8㎜の厚さの銀無垢に肉合(シシアイ)彫りの手彫金。

e0200879_16181954.jpg


e0200879_1618422.jpg


上記四種を並べて。

e0200879_16191155.jpg


ただ、Cactusにはコインケースとしての使いずらさもある。
開けた時にコインを落とさない為の壁(?)がない。
パイロットが以前造ったコインケースにはそれがあるので便利。

e0200879_16193372.jpg


e0200879_16195284.jpg


馬蹄形のコインケースが大好きな私は
ワイルドスワンズ製品として形を変えて造ってくれることを
切に願っている。
[PR]
by fullhalter | 2011-10-14 16:22 | 皮革製品

FlickerⅡ

小さい頃から皮革製品のグリーンやワインが日本では少ないことに
不満を持っていたことは前にも申し上げた。
数年前にケーズファクトリーさんにお願いして
サドルプルアップのグリーンとワインをオリジナルで造ってもらった。
それも既に原皮はなく、これから造ることは出来ない。
今、製品として僅かに残ってはいるが。

第二弾でご覧いただいたSpankerⅡのグリーンは
私が使っていたもので最も熟成してくれたものと
自信を持っていた。

だが、今回ご覧いただくFlickerⅡのグリーンを見せていただき
その自信はもろくも打ち砕かれた。

それを見せていただいた時思わず、「何だこれ」
「凄いですね。このグリーン。こんなの初めて見ましたよ。」
「よく手で撫でていたからね。」

同席していた方は、「えっ、それ黒じゃないの。」と。
確かに黒に見える程色合いは濃く、もの凄く艶があり、
完璧な程熟成していた。
オリジナルで造ってよかったと、つくづく思った。

そのFlickerⅡオリジナルグリーンをお借りして撮影したのが
今回ご覧いただく画像である。

e0200879_11512770.jpg


e0200879_11514845.jpg


e0200879_1152590.jpg


e0200879_11522695.jpg


e0200879_11525923.jpg


e0200879_11531385.jpg


e0200879_1153299.jpg

[PR]
by fullhalter | 2011-09-16 11:53 | 皮革製品

SpankerⅡ

ワイルドスワンズの財布の中でも私はSpankerが好きだ。
フルハルターで取り扱がはじまってまず
小銭入れのないSpankerⅡの黒を使った。

子どもの頃から憧れ、望んでいたサドルプルアップの
グリーンとワインをフルハルターオリジナルとして造ることが出来た時、
早速、オリジナルのグリーンに変えた。
私が使って熟成したSpankerⅡグリーンと未使用を比較してみてください。

e0200879_12584295.jpg


e0200879_130492.jpg


e0200879_1301757.jpg


e0200879_1303054.jpg


e0200879_1304173.jpg


e0200879_131855.jpg


e0200879_1311779.jpg


フルハルターオリジナルサドルプルアップのグリーン/ワインは
僅かですが在庫があります。
お問い合わせください。
[PR]
by fullhalter | 2011-09-02 13:03 | 皮革製品