フルハルター*心温まるモノ

タグ:ダンヒル ( 20 ) タグの人気記事

Dunhill DW241

3ヶ月前にも申し上げましたが、ダンヒルとしては期待を込めて世に送り出したと私が思っている“ドレスコレクション”。
スターリングシルバーとスターリングシルバーにゴールドプレートのバーメイルから始まり、ゴールドプレート、シルバープレートと続いた。
今回の『DW241』もシルバープレートなのだが、その前のシルバープレートモデル『DW211』は販売価格が50,000円(その当時のモンブランNo,149は45,000円)で、とても高価なボールペンで手が出ない。
そこで…、と私の推測だが、もっと求めやすい価格をと少しデザインを変えて造ったのが、シルバープレート ボールポイントペン『DW241』だったではないだろうか。
35,000円で発売し、当時(87年)、モンブランNo,149は45,000円、No,146は、35,000円だった。
では、画像でご確認ください。

e0200879_1326153.jpg


e0200879_13262599.jpg


以前のゴールドプレート(DW221)、シルバープレート(DW211)との違いをご覧いただきたい。

e0200879_13271264.jpg


e0200879_13272423.jpg


上…DW221 下…DW241
e0200879_13273841.jpg

[PR]
by fullhalter | 2011-07-22 13:23 | 愛しきものたち(筆記具)

Dunhill DW221

ダンヒルが期待を込めて世に送り出したと思う“ドレスコレクション”はスターリングシルバーにゴールドプレートのバーメイル。
スターリングシルバーそのもの。
それぞれに万年筆とボールポイントペンが造られた。

先週はスターリングシルバーから黄銅に素材を変更し、ゴールドプレートされた『DW121』の万年筆をご覧いただいた。
今週はそのボールポイントペン、『DW221』です。

e0200879_16374560.jpg


e0200879_16375516.jpg


e0200879_1638482.jpg


1984年~5年当時…DW221 60,000円
参考までに
モンブランは、149…45,000円 146…35,000円
[PR]
by fullhalter | 2011-04-22 16:36 | 愛しきものたち(筆記具)

Dunhill DW121

今週ご覧いただくダンヒル“ドレスコレクション”『DW121』万年筆は以前に紹介した四種の、素材が全てスターリングシルバーだったものに比べ、価格を抑える為(?)に黄銅を使用した。
形状は同じだが、バーメイル(スターリングシルバーにゴールドプレート)の『Dw151』が12万円だったのに比べ、10万円となった。
だが、1984年に発売された『DW121』が『Dw151』よりも2万円安くなったと言っても、10万円。
当時のモンブラン149が45,000円の2倍以上。
とても手が出る価格ではない。
では、画像をご覧ください。

e0200879_1635228.jpg


e0200879_16351278.jpg


e0200879_16352062.jpg


e0200879_16353036.jpg

[PR]
by fullhalter | 2011-04-15 16:34 | 愛しきものたち(筆記具)

Dunhill DW231

ダンヒル“ドレスコレクション”については4回目なので、ご説明は不要であろう。
前回の『スターリングシルバー万年筆 DW131』に続いてそのボールポイントペンである。
では、『DW231』をご覧ください。

e0200879_15215379.jpg


e0200879_1522467.jpg


e0200879_1522129.jpg


e0200879_15222139.jpg


e0200879_15223024.jpg


e0200879_15224124.jpg


82年…50,000円 83年からは60,000円だった。
参考までに
82年モンブランは、149…35,000円 146…25,000円
83年モンブランは、149…40,000円 146…30,000円
[PR]
by fullhalter | 2011-04-01 15:21 | 愛しきものたち(筆記具)

Dunhill DW131

今週は前2回と違いゴールドプレーとされたバーメイルではなく、純度925の銀無垢
『スターリングシルバー万年筆 DW131』です。
いつも言うことですが、銀無垢は素晴らしい、大好きである。
では、画像を。

e0200879_14193431.jpg


e0200879_14194311.jpg


e0200879_14275023.jpg


e0200879_14275952.jpg


e0200879_1428862.jpg


82年…75,000円 83年からは100,000円だった。
参考までに
82年モンブランは、149…35,000円 146…25,000円
83年モンブランは、149…40,000円 146…30,000円
[PR]
by fullhalter | 2011-03-04 14:18 | 愛しきものたち(筆記具)

Dunhill DW251

先々週ご覧いただいたダンヒル“ドレスコレクション”DW151万年筆のボールポイントペンは、DW251という品番で販売された。
このタイプの形状は始めて(?)のモデルだと私は思っている。
キャップ・胴軸の両面はバーレイ模様で、側面はそれぞれ7面のダイヤカットカットである。
高級感はその素材、仕上げから十分理解出来るのだが、果たして「持ち心地がよい」と思われた方がどれ程居られたのだろうか。
しかし、それは各人の感覚の問題であるので深く追求すべきことではない。
では、DW251ボールポイントペン(スターリングシルバーにゴールドプレート)バーメイルをご覧ください。

e0200879_1472250.jpg


e0200879_1473125.jpg


e0200879_1474022.jpg


芯の交換はダンヒル独特の方式
e0200879_148310.jpg


e0200879_1481850.jpg


ドレスコレクションはもの凄く高価で
82年…60,000円 83年からは80,000円だった。
参考までに
82年モンブランは、149…35,000円 146…25,000円
83年モンブランは、149…40,000円 146…30,000円
[PR]
by fullhalter | 2011-02-18 14:06 | 愛しきものたち(筆記具)

Dunhill DW151

ダンヒル筆記具は私が在籍していたダイヤ産業が輸入元だった。
以前に紹介したQIS(万年筆) QBT/QBL(ともにボールポイントペン) QFS(フェルトペン)達は
1st ジェネレーションと呼んでいた。

新製品として“ドレスコレクション”が日本では1981~82年に発売されたと記憶している。
どうもこれらのモデルは1979年の秋にダイヤカット・バーレイ模様として発表されたらしい。

モデルはバーメイル(銀無垢に金メッキ) DW151(万年筆) DW251(ボールポイントペン)。
銀無垢そのもののDW131(万年筆) DW231(ボールポイントペン)の4種。

今回ご覧いただくのは、DW151である。
ペン先はニブポイントの形状が私のバイブル的存在になった、モンブラン ノブレスと同じである。
円筒形でも角形でもなく、とても変わった形状で、ダンヒル社としては自信を持って世に送り出した製品達ではなかったのだろうか。
ただ、一般的に言えば「持ちやすい」と思う人は少なかったであろうと、私は思っている。

DW151の販売価格は、当初85,000円。
当時のモンブランNo.149が35,000円、No.146が25,000円であったことを考えると、如何に高価であったことか。
1983年からは120,000円に。
当時149が40,000円、146が30,000円であった。
では、画像を。

e0200879_11593344.jpg


e0200879_11594398.jpg


e0200879_11595310.jpg


e0200879_120258.jpg

[PR]
by fullhalter | 2011-02-04 11:55 | 愛しきものたち(筆記具)

Dunhill ボールポイントペン

1960年代から1970年代にかけて造られたであろうと思われるDunhill。

この時代はDunhillに限らず男性ブランドの筆記具類は金、銀の無垢製品が多く、味わい深いが高価であった。
今週はDunhill 9金無垢の三回目で、ボールポイントペンです。

e0200879_112732.jpg


e0200879_1122188.jpg


e0200879_1123450.jpg


e0200879_1125951.jpg


【 仕様 】
素材:全て9金無垢
太さ:キャップ…9.6mm  胴軸 …8.9mm
長さ:122.5mm
重さ: 19g

【 価格 】
この製品もデータが無いので価格は判らない。
だが当時のDunhill の金無垢、9金と言えども高い、もの凄く高かったのでは…。
[PR]
by fullhalter | 2009-10-23 10:55 | 愛しきものたち(筆記具)

Dunhill 四色フエルトペン

私は金でも銀でも張りやプレートものより無垢が好きだ、と申し上げてきた。
それは私だけでなく皆さんそうだと思うが、高いし、造られていなくて…ということだろう、と思う。

今週も先週に引き続き、9金無垢。
Dunhill フエルトペン。
私がいつも持ち歩いているボールペンは、S.T. Dupont 銀無垢のフエルトペンにボールポイント芯を入れている。
これも私の好みになるのだろうが、ボールポイントペンとして造られたものよりも フエルトペンにボールポイント芯を入れて使う方が好きである。
では、Dunhill フエルトペン 9金無垢をご覧ください。

e0200879_10442144.jpg


e0200879_10445117.jpg


e0200879_1045128.jpg


e0200879_10451969.jpg


e0200879_10453872.jpg


e0200879_10454998.jpg


【 仕様 】
素材:全て9金無垢
太さ:キャップ…10.0mm  胴軸 …8.4mm
長さ:128.5mm
重さ:22g

【 価格 】
この製品もデータが無いので価格は判らない。
だが当時のDunhill の金無垢、9金と言えども高い、もの凄く高かったのでは…。
[PR]
by fullhalter | 2009-10-16 10:43 | 愛しきものたち(筆記具)

Dunhill 四色ボールペン (2)

先週 Dunhill スターリングシルバー四色ボールペンをご覧いただいた。
今週は同じデザイン、彫りの金無垢をご覧いただきたい。
金無垢と言っても、18金や14金ではなく、私の知識では当時主にイギリスやヨーロッパで認められ、使われていた9金である。

私はロールゴールドやゴールドプレート(シルバープレート)ではなく、無垢のものが好きだ。
初めから風合い、味わいが違うのと同時にいつまでもその美しさをとどめてくれるのみならず、使う程に味わいを増すからである。
では、9金無垢のDunhill 四色ボールペンをご覧ください。

e0200879_15293181.jpg


e0200879_15294297.jpg


e0200879_15295323.jpg


e0200879_15302965.jpg

これらの刻印をご覧になってどう感じられただろうか。
私にはあまりにもチープに思えてならない。
これらの刻印は「顔」である。
造り手にとってのせっかくの製品、作品なのだから思いを込めて欲しい。
モノ造りに係る人にはこの部分も大切にして欲しい、と願っている。

e0200879_15312631.jpg

スターリングシルバーと並べて

【 仕様 】
素材:全て9金無垢
太さ:キャップ…10.0mm  胴軸  …9.4mm
長さ: 133mm 
重さ: 24g

【 価格 】
この製品もデータが無いので価格は判らない。
だが当時のDunhill の金無垢、9金と言えども高い、もの凄く高かったのでは…。
[PR]
by fullhalter | 2009-10-09 15:28 | 愛しきものたち(筆記具)