フルハルター*心温まるモノ

<   2017年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『趣味の文具箱vol.44』

枻(えい)出版社より『趣味の文具箱vol.44』が送られてきた。
12月8日には店頭に並んでいる筈だが、今号は、「インク沼へ、ようこそ!」だ。

今は各メーカー新しく、カラフルなインクが多く、またインクだけ供給しているメーカーもある。
「インクは、決まったものを使わなければいけない」という呪縛から解放され、自分の好きな色を使っていいと思う人が多くなった。
そんな時代になったと痛感する。

一方で滅多にないことなのだが、インク沼は泥沼になることもあり、十分に注意して使うことも心の隅に止めておかれると良いのでは、と思う。

さて、vol.44だが、「ラミー本社工場訪問記」が8ページにわたって掲載されている。

では、表紙から少しだけ紹介しよう。


表紙
e0200879_16505378.jpg


いつも協力されている小日向京さんが6ページだが、その1ページ。
e0200879_16525574.jpg


この方も同じで、河野仁さんが4ページ、その1ページ。
e0200879_16543627.jpg


古山浩一さんの2ページ
e0200879_16562784.jpg


我がペリカンM800も2ページ
まず、3世代を並べたページ
e0200879_16583872.jpg


刻印についてのページ
e0200879_17010322.jpg

[PR]
by fullhalter | 2017-12-12 17:01 | ムック本紹介

ペン・オブ・ザ・イヤー2018 古代ローマ帝国ブラックエディション

問屋さんからファーバーカステルペン・オブ・ザ・イヤー2018 の案内が送られてきたのでご覧ください。

2003年より発表されたペン・オブ・ザ・イヤーは、希少価値の高い天然素材のみを用い1年間の限定生産として世界中のコレクターに愛されてきました。
人類の歴史に大きな影響を与えた時代や人物についてのストーリーを語るうえで欠かせないユニークな素材を毎年のテーマにしています。
ペン・オブ・ザ・イヤー2018のテーマは、「古代ローマ帝国」。“永遠の都”とも呼ばれた美しい古代ローマの象徴である、建築的傑作との呼び名も高いコロッセオ(円形闘技場)のモチーフがキャップに刻まれています。
この時代を語るうえで欠かせないのが、古代ローマ最大の野心家と言われ、数々の戦いで勝利を収めたるユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)です。彼は在命中にローマの硬貨に刻まれた最初の人物であり、彼が描かれたデナリウス硬貨のミニチュアが天冠にあしらわれています。
〔ホワイトエディション〕の対になる素材として、〔ブラックエディション〕にはバスク州ビスカヤ県産のネロ・マルキーナが選ばれました。漆黒のベーストーンの中に浮き上がる白色のカラー構造が見事に融合した天然素材です。
さらにマスキュリンな魅力を感じさせるアントラジットグレー色のチタン製PVDコーティングパーツを採用しました。
18金ペン先にはルテニウムコーティングを施しています。
e0200879_10554036.jpg

e0200879_10555414.jpg


万年筆:世界330本限定生産
ローラーボール:世界100本限定生産

ペン・オブ・ザ・イヤー 2018 ローマブラック万年筆 M ¥500,000(税別価格)
ペン・オブ・ザ・イヤー 2018 ブラック ローラーボール¥450,000(税別価格)

2018年2月発売予定

[PR]
by fullhalter | 2017-12-06 11:08 | 限定品万年筆

ペン・オブ・ザ・イヤー2018 古代ローマ帝国ホワイトエディション

問屋さんからファーバーカステルペン・オブ・ザ・イヤー2018 の案内が送られてきたのでご覧ください。

2003年より発表されたペン・オブ・ザ・イヤーは、希少価値の高い天然素材のみを用い1年間の限定生産として世界中のコレクターに愛されてきました。
人類の歴史に大きな影響を与えた時代や人物についてのストーリーを語るうえで欠かせないユニークな素材を毎年のテーマにしています。
ペン・オブ・ザ・イヤー2018のテーマは、「古代ローマ帝国」。
“永遠の都”とも呼ばれた美しい古代ローマの象徴である、建築的傑作との呼び名も高いコロッセオ(円形闘技場)のモチーフがキャップに刻まれています。
この時代を語るうえで欠かせないのが、古代ローマ最大の野心家と言われ、数々の戦いで勝利を収めたるユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)です。
彼は在命中にローマの硬貨に刻まれた最初の人物であり、彼が描かれたデナリウス硬貨のミニチュアが天冠にあしらわれています。
かつてローマ人は大理石の美しさを「神々の石」と評し、当時、大理石製の彫刻像のモチーフはローマの女神たちと歴代ローマ皇帝に限定されました。
ファーバーカステル城のエントランスにもこの石材が用いられており、トスカーナ地方・カッラーラの最高品質のもの、スタトゥアーリオだけを採用しています。
熟練した職人が宝石加工の技術を用い、バレルの大理石の間には、栄誉と勝利を表す月桂冠をモチーフにしたプラチナコーティングのリングがあしらわれています。

e0200879_11244105.jpg

e0200879_11250654.jpg

【製品仕様】
収納時:約137mm(万年筆/ローラーボール)
キャップなし:約131mm (万年筆)
約124mm(ローラーボール)
仕様:プラチナコーティングメタルパーツ
万年筆はピストン吸入式、18金バイカラーニブ
・シリアルナンバーつき、ハンドメイドでの製作。
・漆黒のウッドケース、チャールズ・フォン・ファーバー
カステル伯爵の署名入り証明書が付属します。

万年筆:世界400本限定生産
ローラーボール:世界120本限定生産

ペン・オブ・ザ・イヤー 2018 万年筆 F/M/B:¥400,000(税別価格)
ペン・オブ・ザ・イヤー 2018 ローラーボール:¥350,000(税別価格)

2018年2月発売予定


[PR]
by fullhalter | 2017-12-06 11:05 | 限定品万年筆