フルハルター*心温まるモノ

<   2016年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

長原宣義さんの作品たち 番外編

前回が「長原宣義さんの作品たち」の最終回で、「黒柿」でした。
今週は番外編として、これも何時頃だったか忘れたが、95年~96年頃だったと思う。

「これ、わしが造ったけ~、ショーウインドーの中に飾りんしゃい。」といただいたのがミニチュアのテーブルとイス。

テーブルは、12.0cm×7.7cm×4.5cm
イスは、3.5cm×3.5cm×3.5cm 背中6.8cm

しばらくはショーケースの中に入れてあったが、今は自宅にあり、このミニテーブル、イスが正真正銘の長原宣義さんの最後の作品である。
では、ご覧ください。

e0200879_16525421.jpg


長原さんからいただいたテーブルとイスに、弟が岐阜で店をやっていた時に飾ってあった陶器のベンチや子供を加えて
e0200879_16531756.jpg


更に家や滑り台等々をくわえて
e0200879_16535410.jpg

[PR]
by fullhalter | 2016-06-24 16:53 | 長原宣義さんと私

『趣味の文具箱vol.38』

『趣味の文具箱vol.38』が6月9日に発売されたので、もう既に求められた方も多いのでは、と思うがいつも通りページを追って紹介したい。

e0200879_174321.jpg


今号では女優、井上真央さんが取材に応じてくださった。
e0200879_17426100.jpg


万年筆ではなく、筆ペンだが、とても素敵なサイン。
e0200879_1744856.jpg


今号にも小日向京さんのページ。しかも6ページ。
表紙のナミキの万年筆と原稿も小日向さん。
e0200879_1751754.jpg


ジムニーの河野仁さんは今回小日向京さんと副編の井浦さんを伴っての山梨へのドライブ。
e0200879_17537100.jpg


e0200879_1754920.jpg


フルハルターオリジナル ワイルドスワンズペリカン300仕様のペンケース「クライン」も掲載された。
e0200879_176366.jpg


古山さんのページ
e0200879_1761665.jpg


e0200879_1762836.jpg

[PR]
by fullhalter | 2016-06-17 17:07 | ムック本紹介

長原宣義さんの作品たち その21

久し振りに「長原宣義さんの作品たち その21」
「黒柿螺鈿クロスポイント」最終回です。

実はこの黒柿は私がお願いしたものではなかった。
私の姉一家が数年ブラジルに住んでいたのだが、義兄から木製品が好きな私に
「これ、鉄の木と言われているジャカランタで造られたブラジル版二宮金次郎の彫り物。」と土産をいただいた。

その木が好きで、木場の材木屋で沢山のジャカランタを買っていた私は長原さんに、
「この木で万年筆を造っていただけませんか?」とお願いしたところ、
「お~、え~よ。」と二つ返事でお受けしてくださった。

しばらくして、
「あの木で、でけんかった。これ、どうじゃ。」と差し出されたのが今回の黒柿。
黒柿も大好きな私は少し残念な気持ちと大いなる喜びで受け取らせていただいた。

そんな経緯を経て私のところへやってきたこの黒柿はいろいろな思いの多い万年筆である。
ちなみに伐採が禁止されているジャカランタの本来の言い方は、ギター好きの方々から、「ハカランダ」が正しい呼び名だと教えらえた。

それでは私の想いが深い「黒柿螺鈿クロス」万年筆をご覧ください。

e0200879_14465867.jpg


e0200879_14471033.jpg


e0200879_14472262.jpg


e0200879_14473354.jpg


e0200879_14474227.jpg


胴軸
e0200879_1448647.jpg


キャップトップ、尻にも螺鈿が
e0200879_14485844.jpg


e0200879_14491177.jpg


クロスポイントニブ
e0200879_14492873.jpg


今までご覧いただいた「長原宣義さんの作品たち」は、胴軸に螺鈿だったが、今回はキャップに23面。
私を思い、長原さんが大変ご苦労されて造られたこの黒柿には思い出が沢山詰まっていて、最終回に相応しく、生涯感謝の想いを忘れてはいけない。
[PR]
by fullhalter | 2016-06-10 14:49 | 長原宣義さんと私

Limited Production「88 Sole(ソーレ)」

1930 年代の復刻モデルとして、1996 年に誕生した限定生産品「ソーレ(太陽)」。
その後2006 年、発売10 周年を記念して発表された「ソーレ・ミニマ」は、発売後すぐに完売となるほど人気を博した万年筆です。
常に大きな影響を与え続けているこの限定生産品は、いまだに市場からの要望が強く、このたびアウロラ社では、1950 年代の復刻であるクラシックな「88」シリーズで、新たな「88 Sole(ソーレ)」を再現いたします。
「Sole(ソーレ)」とは、イタリア語で太陽を意味し、太陽が地球を含む惑星の中心であるように、アウロラの歴史の中心とも言える新しい「88」の誕生です。

キャップとボディの特別色アウロロイド(アウロラ樹脂)は、明るく温かいイタリアの太陽をイメージした、マーブルイエローレジンから創られています。
ペン先は18 金を使用し、キャップリングには、88 シリーズと同じAurora の文字が刻印されキャップ軸頭部には限定製造番号が刻印されています。
88 シリーズでの太陽(ソーレ)に捧げるペンとして、888 本のみ限定生産されます。
                                  (アウロラ社案内より)


e0200879_14511838.jpg


e0200879_14512616.jpg


【コレクション】 88 Sole(ソーレ) 888-LO(888 本生産) ¥98,000+ 税 
【製品仕様】素材:アウロロイド(アウロラ樹脂) ペン先:18K(EF・F・M・B)
      リザーブタンク付ピストン吸入方式  シリアルナンバー入 
      サイズ:収納時:約136mm(筆記時:約157mm) 直径(最大径):約15.5mm 重量:約22g

平成28 年8 月発売予定
[PR]
by fullhalter | 2016-06-03 14:56 | 限定品万年筆