フルハルター*心温まるモノ

<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ゴールドファイル セカンドバッグ

古山さんのブログでオマスが廃業し、自分のオマスを調べたが、
思ったより少なく、残念な思いをしたことが私には伝わってきた。

私もこの業界にお世話になってすぐの頃、ラーメンマークのキャップリングが面白いと思い、
営業の人にお願いして何本か買い求めた。

ブログではミロードは持っているとのことだったので、
「35年以上前だと思うけど、ジェントルマンと1930と刻印されているものを買って持っているけど、いる?」
と電話したところ、
「どっちも持っていないけど、何と物々交換する?」
「いや、40冊の4本のヘミングウェイとの交換だから・・済んでいるからいいよ。」
ジェントルマンは細字なので研ぎは出来るけど仕上げは無理だろうと伝え、1930とともに送った。

「あの2本、いやにピストンの動きが軽いけど、手を加えたでしょう?」
「いや、全然。あいつらモンブランの奴のところに来たので自分で動きを良くしたんじゃない。」
と言って笑った。
無理かと思った仕上げもそれなりに出来て送ったら、
「オマスの中で一番書き易いよ。」

これからが今週の本題で、
古山さんがその物々交換として今は日本の会社がブランドを買ったドイツの皮革製品の老舗、
「ゴールドファイル」のセカンドバッグ黒の未使用品が送られてきた。

皮革は「オックスフォードレザー」(ドイツ牛タンニンなめし最高のもの)だという。
実は十数年前にお客様が持っていたバッグを見て、
「その色いいですね。」と言うと、
「何かと交換してもいいですよ。」
古山さん以外で物々交換したのはこの方だけで、更にその後同じゴールドファイルの旅行鞄と
未使用のハンドバッグも物々交換した。
後日、お見せするつもり。

ではその時の古山さんの手紙から
e0200879_13421464.jpg


e0200879_1342239.jpg


e0200879_13423318.jpg


ゴールドファイル黒セカンドバッグ
e0200879_1343032.jpg


e0200879_134399.jpg


中に入っていた説明書、プライスリスト
e0200879_13432734.jpg


私がお客様と物々交換したゴールドファイルバーガンディー(長財布付き)
e0200879_13434435.jpg


二つ並べて
e0200879_1344915.jpg


ともにゴールドファイルの布袋もあるのでその画像を
(上が古山さんの黒、下がバーガンディー)
e0200879_13443266.jpg


因みに、セカンドバッグ二つは必要ないので,
古山さんからいただいた黒をこれから私が使い、バーガンディーは19日に会った弟にあげた。
これで二つとも使うことが出来るので良かった。
[PR]
by fullhalter | 2016-03-25 13:44 | その他

古山画伯「万年筆スケッチ入門」

古山さんの「万年筆スケッチ入門」が枻(えい)出版社より発売された。
万年筆で描かれた本、
ページを追って少しだが紹介しよう。

e0200879_16232226.jpg


e0200879_16241286.jpg


e0200879_16242185.jpg


e0200879_16243234.jpg


e0200879_16244479.jpg


古山さんは万年筆の本の時もそうなのだが、
今伝えておかないと後世に残せないとの思いが強い方で、
万年筆職人を取材し、今店に置いて販売している
「4本のHEMINGWAY」を1997年に自費出版された。

また古民家が取り壊しになると聞けばスケッチに向かい、
絵として残してこられた。
古山さんとの物々交換の始めは、古民家の絵だった。
文化を絵と文字で残し続けておられる貴重な方で、
私は古民家の絵が大好きである。

では、古民家のページを。

e0200879_1625955.jpg


e0200879_16251810.jpg


e0200879_16252965.jpg

[PR]
by fullhalter | 2016-03-18 16:27 | 古山作品  

長原宣義さんの作品たち その20

何時だったかは忘れてしまったが、私がまだ長原さんの追っかけをしていた頃のこと。
日本橋高島屋でのペンクリニックに出かけ、
長原さんの前に座ると2本のブライヤーが目の前に置かれた。

「これ、何ですか?」
「あんしゃんは随分後ろを持って書くきに、
重く、長い方がええんじゃろうと思って造ったデスクじゃ。
えっとう造っちょらん、16本だけじゃきに。」
「え~、これ塗装してないじゃないですか。
ブライヤーは塗装すると味わいを深めることが出来ないので、これじゃないとだめなんですよ。
使い続けると手の油をすって色も濃くなり、艶が出てきて深みを増すんですよ。」
「わしら、知らんかったけ~の。」
との会話をしてすぐにその内の1本を購入したモデルが
今日の「セーラー80周年長原スペシャルデスク」。

私が大好きなブライヤーを初めて求めた記念すべき1本で、
この後20本位だったと記憶しているが、80周年記念ブライヤーを扱った。
私の手元には4本の万年筆と5本のボールペンが残っている。

その大切な長原さんとの思い出がつまった、
「80周年記念ブライヤー 長原スペシャルデスク」をご覧いただくことが
一周忌に相応しいとの思いで、本日皆さまへの更新といたしました。

e0200879_1691238.jpg


e0200879_1692829.jpg



キャップチューブのストレートグレイン部とバーズアイ部

e0200879_1694673.jpg


e0200879_1695642.jpg



胴軸のストレートグレイン部とバーズアイ部

e0200879_16102079.jpg


e0200879_16103422.jpg



万年筆とボールペン

e0200879_16105179.jpg



このセーラー80周年記念ブライヤーは、キャップリングも手をかけた
素晴らしく素敵なデザイン

e0200879_16111318.jpg



私が勝手にセーラー史上最高の作品と思っているブライヤーも今回で最後です。
今までご覧いただいた全ての万年筆とボールペンを並べてみました。

e0200879_16113875.jpg

[PR]
by fullhalter | 2016-03-11 16:14 | 長原宣義さんと私

『趣味の文具箱vol.37』

まずは表紙から
e0200879_1623393.jpg


11年前に訪問した清水さん、井浦さんが「とても素敵な方」と言っていた
ファーバーカステル伯爵が亡くなられたとのこと
e0200879_16261822.jpg


慣例の丸善「世界の万年筆展」
e0200879_16285720.jpg


ペン・オブ・ザ・イヤー2015及び新作
e0200879_16294934.jpg


e0200879_1630119.jpg


これも慣例の三越「世界の万年筆祭」
e0200879_16302727.jpg


この方もいつも協力されている河野さんのページ
e0200879_16304712.jpg


e0200879_16305838.jpg


この方もいつもの小日向京さんの取材
e0200879_16322911.jpg


古山さんのページ
e0200879_16331349.jpg


e0200879_16332524.jpg


ペリカン特別生産品グランプラス
e0200879_16341216.jpg

[PR]
by fullhalter | 2016-03-04 16:38 | ムック本紹介