フルハルター*心温まるモノ

<   2016年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『4本のHEMINGWAY』

昨年3月、古山さんが送ってくださった自費出版「4本のHEMINGWAY」を店で販売した。
完売してしまったのだが、その後も数名の方からご要望をいただいた。
古山さんにそのことを伝えると、新年早々、またご自身のサインをして送ってくださったので、
2,000円で販売出来ることになった。

古山浩一 自費出版 ― 実録万年筆外伝その1 ―『4本のHEMINGWAY』
2,000円
前回同様、店売りのみです。


e0200879_17344789.jpg


e0200879_17345972.jpg



手紙と一緒に一澤の麻バッグが入っていた。
その手紙とバッグ

e0200879_17352091.jpg


e0200879_17353041.jpg


e0200879_17354191.jpg



昨年の12月25日の更新「贈り物」で、
ドゥーニー&バークの鞄を古山さんからプレゼントされ、
その中で信三郎帆布のことにも触れている。
これからご覧いただく「一澤帆布製」は、25年前に古山さんが求め、
使っていなかったものが見つかり、私にプレゼントしてくださったもの。

e0200879_1736140.jpg


e0200879_17361235.jpg


e0200879_17362291.jpg

[PR]
by fullhalter | 2016-01-29 17:36 | 万年筆について書かれた本

特別生産品「スーベレン M800 グランプラス」

「ペリカン グランプラス 」は記憶のある方も多いと思う。
「史跡シリーズ」として、M600 グランパスが2006年に発売されている。
今回「スーベレーン M800 グランプラス」が発売される。

e0200879_16401518.jpg


製品名: スーベレン M800 グランプラス
価格: 60,000円+税
仕様: ロジウム装飾18金ペン先
    ピストンメカニズム
国内販売予定数量: 600本
発売予定時期: 平成 28年2月

フルハルターでも扱いますが、受注発注、
つまり、お客様からご予約をいただいた分のみ注文するつもりですので、
ご要望のある方は早めにご予約ください。
[PR]
by fullhalter | 2016-01-22 16:50 | 限定品万年筆

長原宣義さんの作品たち その16

長原さんに造っていただいた作品たちは
私の好みを考えて造っていただいた万年筆が殆どだが
今週の花梨デスクは私の方からお願いして造っていただいた数少ない一点。

「私、花梨が大好きなんですけど、デスク、クロスで造っていただけませんか?」の要望に
「お~、ええよ。」と言って
造ってくださったのがこれからご覧いただく「花梨 デスク クロスポイント」です。
では、ご覧ください。

e0200879_1804015.jpg


e0200879_1805472.jpg



キャップ、胴軸の木目をアップで

e0200879_181505.jpg



胴軸のみ木目のアップ

e0200879_1824713.jpg



90度回転して

e0200879_183116.jpg



クロスポイントのアップ

e0200879_1832632.jpg

[PR]
by fullhalter | 2016-01-15 18:03 | 長原宣義さんと私

長原宣義さんの作品たち その15

象牙は、大、大、大好きな天然素材であることを既に申し上げた。
その大好きな象牙の最終回で、それに相応しく「象牙デスク螺鈿万年筆」である。

長原宣義さんは、ペンクリニックの度に店を訪ねてくださった。
また10名弱での食事会の仲間に入れてくれ、
そんな深いお付き合いの中で、私が万年筆が大好きと判っていただけたのだと思う。

話は少し逸れるが、モンブランの輸入元に入社し、
この業界で唯一尊敬している人からこんな話を聞いた。
日本で一番有名な小売店店主に、
「モンブランに最近入社した若い奴は万年筆大好きだ。」
と話したと言っていた。

またモンブラン社に初めて研修に行った3週間の期間に、
ドイツモンブラン社の人々は私がモンブラン大好きと判ったらしく、
1950年代に造られたボールペンやペンシルを何本も修理部門でいただいた。
更に帰国時には同時代の万年筆をモンブラン社の土産としていただいた。

私は欲しいとか、大好きとかは言っていないと思うのだが、判るものだと思った。

長原さんも何かその辺りを感じられて、来られる度に私の好みに合ったものを
お持ちになったのだと思う。
ただ長原さんの名誉のために申し上げるが、
「買いなさいよ。」という雰囲気は一切なく、私の好みで求めたものばかりである。
言い換えれば、それ程私の好みを判ってくださり、試行錯誤して造ってくださったのだと
感謝している。

それでは、「象牙デスク螺鈿万年筆」をご覧ください。

e0200879_1632431.jpg


e0200879_16325433.jpg



ペン先はクロスエンペラー

e0200879_16331098.jpg


e0200879_16331963.jpg


e0200879_16332812.jpg



螺鈿は前回が8面で、今回は11面。
この辺りも同じにせず、わざわざ変えておられる。

e0200879_1634375.jpg



3本全てを並べて

e0200879_16342357.jpg


e0200879_16343658.jpg

[PR]
by fullhalter | 2016-01-08 16:34 | 長原宣義さんと私