フルハルター*心温まるモノ

<   2015年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

懐中時計『龍』

フルハルターのお客様から、
「夢舟さんに蒔絵をして欲しいんだけど。というのは起業して20周年になる記念として
相応しいものになると思うので。」という相談を受け、
以前にも実績があった懐中時計に蒔絵をとお勧めしてみた。

このお客様は偶々ロンジンの懐中時計をお持ちになっていたので、話は直ぐに決まった。
「表と裏に龍を、上向き、下向きで目には螺鈿を入れて、ぴかっと光る様にしてもらえれば
嬉しい。」
「じゃー、裏蓋には夢舟を挟んで記念の20を入れて貰う様にお願いしますか?」
ということで、私からお客様の意向を伝えて夢舟さんに送った。
ロンジンに蒔絵を施されて私の元に帰ってきた。

では、夢舟作ロンジン懐中時計『龍』をご覧ください。

e0200879_16375539.jpg


e0200879_1638628.jpg


e0200879_1638168.jpg


e0200879_16382843.jpg


e0200879_16383842.jpg


e0200879_16392068.jpg


e0200879_16393112.jpg

[PR]
by fullhalter | 2015-03-27 16:45 | 夢舟の作品達

「ペンクラスター」オリジナル試作1号

ペンクラスターの當間さんがフルハルターを訪ねてくださったのは、
13年前の2002年だった。
その時は自動車会社の社員で、他に大手金属会社の方と工場経営の方の3人でいらした。
目的は、「自分たちでアルミの万年筆を作りたい。」とのことだった。
先にこの世界に入った者として、基本的に後から入ろうとする方を歓迎する思いの強かった私は、
参考になればと思い、持っているペン先やら首軸やらを差し上げた。

10年程前だろうか。
ビンテージ万年筆を販売する「ペンクラスター」を始められたことは知っていた。
1~2ヵ月前に訪問したいというメールをいただいていたが、その時は風邪をひかれて来られず、
先日いらしてくださった。
「あの時風邪で来られず、今日になりました。インク止め式の万年筆の1号が出来たので、プレゼントします。」
「このペン先やペン芯は?」
「あの時一緒に来た工場経営の方に造って貰った」とのこと。
「ニブポイントはクーゲルにしました。」と渡されたので、
「これから研ぎ出して使ってみます。ペン芯は心臓部なのできちっと機能するか楽しみですね。」と言った。

余談だが、どうも万年筆好きの方の間では、
クーゲルが独り歩きして、「憧れのニブポイント=クーゲル」と思っている方が多いように思う。
研ぎ屋の私にとって、クーゲルは美しく研ぎ上げることが出来にくいポイントである。

何故、クーゲルポイントが独り歩きしてしまったのかを推測すると、
モンブランNo.149は1950年代の造られ始めた時から「ハードライター用」として
他のNo.146/No.144/No.142と比べ、ペン先の腰を硬くして造られていた。
ただ例外としてNo.149で、
当時の他のモデルのように腰を柔らかくしたペン先が「クーゲルポイント」なので、
今でもNo.149のクーゲルポイントは珍重されていると思っている。

では、ペンクラスター當間さんのオリジナル試作1号をご覧ください。

e0200879_14154151.jpg


e0200879_14155048.jpg



ニブポイント
e0200879_1416816.jpg



ペン芯
e0200879_14165837.jpg



ペン先
e0200879_14172489.jpg

[PR]
by fullhalter | 2015-03-20 14:17 | 万年筆・関すること

― 実録万年筆外伝その1 ―『4本のHEMINGWAY』

突然、古山浩一さんから段ボールに入った大きく、重い荷物が届いた。
今頃何を送って来たのだろうか?と中を開けると
今は幻となったあの『4本のヘミングウェイ』 だった。

まだ美術の先生をしていた古山さんが店に来て、
「万年筆の職人の生の声を残さなくてはいけないと思うんだ。
みんな年寄りだから今やらないと死んじゃうし…、だから協力してくれ。」

残念、俺は生きてるよ。
ただ人間としてはまだ生き続けられそうだけれど、研ぎ職人としては瀕死の状態 で、
「残念、俺は生きてるよ。」とも言えないのだが。

もう20年も前の話しなのだが、こいつ何を考えているんだ。
「変な奴」と思った。
一人の教師がやることか。
確かに職人の生の声、生き様を後世に伝えることは
もの凄く重要なことだと私も認めてはいるが、それをお前がやるのか。

案の定、自費出版となり、三桁の万の借金を抱えたと言う。
「大ばか者」
それからも彼は全国の万年筆の職人、鞄の職人との交流を自費で続け、
出版社から著書を出し続けている。
「大ばか者」から、職人の心と生き様を伝える「伝道師」として尊敬する人と
私の中では変わっていった。

2010年、古山浩一著『鞄の達人』が枻(えい)出版社から出版された。
その中で、Fugeeの藤井さんは頑固職人と言われているが、
本物の職人として私も尊敬している。
万年筆の頑固職人と言えば、森山で、
その森山に「俺は馬鹿だが、お前は大馬鹿だ。」と言われたと書かれている。

今も大馬鹿だと思っているが、今の時代頑固とか馬鹿とか言われている方々を
私は好きで、お付き合いさせていただいている。
利口な奴は嫌いだから。

そんな古山さんが、大げさに言えば、命がけで自費出版された、
― 実録万年筆外伝その1 ―『4本のHEMINGWAY』 を数少ないですが、販売します。

では、表紙からご覧ください。

e0200879_1101366.jpg


e0200879_1102321.jpg



古山さんのサイン入りです。

e0200879_111576.jpg


e0200879_1111820.jpg



さて、売るに当たり、売価をどうしようか考えたのだが・・確か当時は1,500円だったと思うが、
私の好きな18年の熟成と素敵な古山さんのサイン入りなので2,000円に決めた。



古山浩一 自費出版 ― 実録万年筆外伝その1 ―『4本のHEMINGWAY』
2,000円
但し、店売りのみです。

[PR]
by fullhalter | 2015-03-13 11:01 | 万年筆について書かれた本

『趣味の文具箱vol.33』

『趣味の文具箱vol.33』が3333(33号3月3日)3の4並びで発売された。
では、表紙からご覧ください。

e0200879_13553924.jpg



この号では、「趣味の文具箱 ペン・オブ・ザ・イヤー2014」として
通常の製品と新作部門にそれぞれ10位までランクされたページがあった。

それでは、通常の製品から

e0200879_13563495.jpg


次に新作

e0200879_13565034.jpg


私が最もお勧めしているペリカンがそれぞれの部門に一位で、
当たり前と思いながらも嬉しい。


次に山田五郎をペンネームにさせたモンブランPix75とペンシルのコレクション

e0200879_13583335.jpg


e0200879_1358443.jpg



年中行事になった丸善と三越のイベント

丸善

e0200879_1359231.jpg


e0200879_13591481.jpg


三越

e0200879_13593240.jpg



e0200879_1402865.jpg


今はペリカンのイベントに必要欠くべからずの方、
山本英昭さんと編集長清水さんのトークショー。
「初めての万年筆を選ぶ」コツ教えます!
14日(土)12:00~12:30
私も見たいと思うのだが、残念ながら営業中。


フルハルターのお客様 河野さんのページ

e0200879_14115100.jpg


以前、副編集長の井浦さんに「改造兄弟の対談面白いですよね。」と言われた。
改造兄弟では聞こえが悪いが、私も河野さんも改造して販売しているのには間違いないので仕方ない。


小日向京さんのページ

e0200879_1413834.jpg


この方は右利きなのだが、難病で右手が使えず左手で文字を書いている。
過日、手紙をいただいたのだが、
「左手で書きました。」とあり、実に驚いた。
そんなに早くこんなに綺麗な文字が書ける筈がないし、
前もって左手で書くことを練習していたのだろうか?
いずれにしても、心の芯の強さに感服するのみだ。


最後は古山画伯のページ

e0200879_142362.jpg


e0200879_1421361.jpg


e0200879_1422588.jpg

[PR]
by fullhalter | 2015-03-06 14:01 | ムック本紹介

特別生産品「スーベレン M805 デモンストレー ター」

e0200879_13461287.jpg


e0200879_13462293.jpg


製品名: スーベレン M805 デモンストレー ター
価格 : パーツ名刻印入り ¥65 ,0 00 +税  300本
無地 ¥60,000 +税  700 本
仕様: 万年筆 ロジウム プレート 18 金ペン先( EF/ F/M/B )
    ピストンメカニズム
使用ケース: 専用ケース
発売予定時期 :平成 27 年5月

※ フルハルターでは予約しておりません。
これらをご要望の方は、メールでご予約ください。
お客様の予約数だけ注文しますが、仕入れが出来ない方へは、その旨を直ぐに連絡いたします。
[PR]
by fullhalter | 2015-03-06 13:49 | 限定品万年筆

限定蒔絵万年筆 『 M1000 錦鯉 』

e0200879_13414171.jpg


製品名: ペリカン 蒔絵 万年筆 「 M1000錦鯉 」
価格 : ¥300,000 +税
作者: 新田 義明
仕様: ・加賀研出高蒔絵
    ・M1000 ペン先( M)
    ・ピストンメカニズム
使用ケース: 専用ケース
製作数量: 88 本
国内販売予定数量 :25本
発売予定時期 :平成 27 年3月

※ この万年筆は日本での販売数が少ない為にご案内のみです。
ご要望の方は大手の販売店でお求めください。
[PR]
by fullhalter | 2015-03-06 13:43 | 限定品万年筆