フルハルター*心温まるモノ

<   2014年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

水もくの変化

べっ甲の中でも「水もく」は希少部位。
その水もくでペンダントトップやラベルピン(タイピン)を自分のアイデアを絞り出して造っていただいたのだが、
その作業は苦痛であった。
元々デザイン力やアイデア力が貧困な故の苦行となる。

テッセンの花や葉、銀杏や楓の葉、日食(三日月にしか見えないが)、
インク瓶等々デザインを描いて観海さんにお願いした。

しかし「天使の涙」と思って描いたデザインなのだが、
どう見ても天使の涙の形になっていないところが私だと認めざるを得ない。
では、その姿、形をご覧ください。
e0200879_14292382.jpg



この水もくの右側のペンダントだが、太陽の光に当たっていたら、徐々に白い部分の色が抜けてきた。
水もくは太陽光に当たり続けると色が抜けてくる、という貴重な経験をさせてもらった。

私にとっては銀、皮革、木等々と同じで熟成と思えるのだが、
せっかくの色が消えてしまった、と思う人の方が多い気がする。

では、その色抜けした「水もく天使の涙」を
e0200879_14294578.jpg



実はこの話には後日談がある。

水もくのペンダントを愛用している知人に、
太陽光に当たっているとその内色が抜けるから気をつけるように言った。
すると、昨年夏の間使っていて色が消えたのでしまっておき、
今年になって見てみると何と元に戻っていた、と言う。
水もく、なかなかやる奴で楽しい。

それで今回の天使の涙、今はそっと箱にしまっています。
もし色が戻ったら、またご覧いただくつもりです。
[PR]
by fullhalter | 2014-09-26 14:31 | 職人の仕事

印肉 高岡漆器 螺鈿仕上げ

シャチハタの牧野さんは10年程前に来店され、ご注文いただいた方で
それ以降折に触れていらしていただいている。
1~2ヵ月前にも出張の折に来店され、
「富山県の木材研究所が杉間伐材と竹間伐材を粉末にして成形で容器が出来ることが判った。
そこでその容器に更に付加価値を付けると同時に日本の伝統工芸を守りたいという思いで
高岡の伝統工芸師に漆と螺鈿加飾をしてもらったものを発売した。高いけど要望が多かったんですよ。」と。

牧野さんも何かいいものを造りたいという思いが強く、会うのが楽しみな方。
先日いらした時に、「印肉高岡漆器螺鈿仕上げ」を見せていただき、その中で一番地味な
「七宝紋」を入手した。
ではその画像をご覧ください。

まず「趣味の文具箱vol.30」から
e0200879_1339274.jpg


e0200879_1339156.jpg



次に、三種の印肉のひとつ「七宝紋」を
e0200879_13394152.jpg


e0200879_1339518.jpg


e0200879_1340345.jpg


e0200879_13401916.jpg


容器もいいのだが、印肉もいい色である。
鉛、水銀、カドミウムなどは使用せず、高級有機顔料を使用しているとのこと。
では、その色合いをご覧ください。

まずは、三種の印肉を使い、実際に押したもの
e0200879_1342213.jpg

上から順に、「七宝紋」「通常時用している朱肉」「手彫り印を彫っているところで求めた高級朱肉」です。

e0200879_13494315.jpg


e0200879_13495534.jpg


e0200879_1350672.jpg

上から順に、「七宝紋」「通常時用している朱肉」「手彫り印を彫っているところで求めた高級朱肉」
[PR]
by fullhalter | 2014-09-12 13:42 | 職人の仕事

AURORA「パパ・フランチェスコ」

e0200879_1081458.jpg


e0200879_1082545.jpg

2013年 2月 28日、ベネディクト 16世が生前退位したことを受け、ジョージ・マリオ・ベルゴリオは史上初のアメリカ大陸出身、 史上初のイエズス会出身のローマ教皇として、翌 3月 13日よりフランチェスコという名前で新教皇に選出されました。
アウロラは、教皇フランチェスコの謙遜のイメージとメッセージを反映させた限定品「パパ・フランチェスコ」を捧げます。
ボディは、教皇フランチェスコの出身地であるアルゼンチンのカラーがイメージされています。
キャップには教皇の紋章である「IHS(ラテン語で Iesus Hominum Salvator 救いの人イエス)の文字と十字架、 3本の釘(イエズス会の主な活動である、教育活動・宣教事業・社会正義事業を表す)、 イエズス会の太陽の紋章、マリアの象徴としての星、ヨセフの象徴としてのナルド」が刻印されています。
万年筆は、教皇フランチェスコの出生の年である 1936年に因んで、936本の限定製造番号を刻印した限定品で、 ボールペンは特別生産品となります。

No. 910 万年筆(M)¥225,000+税 936本生産
    ボールペン ¥18,000+税    

【製品仕様】
万 年 筆:ボディ /大理石のような淡いブルーのアウロロイド       
キャップ /スターリングシルバー・頭部にはカボーション       
ペン先 18Kロジウム仕上 リザーブタンク付ピストン吸入式       
収納時:138mm/筆記時:169mm/最大径:15.5mm/重量:44g

ボールペン:ボディ /ブルーマーブルレジン       
キャップ /クロームプレートトリム  ツイストノック式油性ボールペン       
長さ:139mm/最大径14.5mm/重量:30g

発売予定日:平成 26年 11月発売予定
[PR]
by fullhalter | 2014-09-05 10:07 | 限定品万年筆

AURORA「オセアニア」

アウロラでは『世界の大陸シリーズ』として、2003年「アフリカ」 2005年「エイシア」 2007年「エウロパ」 2011年「アメリカ」が発売されてきた。
このシリーズは何時まで続くのかよく判らなかった。
例えば「北極」「南極」「南アメリカ」等々、いくらでもあるのではないか、という思いもあったのだが、今回の案内の「五大州」とあるので、『世界の大陸シリーズ』の最終回として「オセアニア」が発売されるのであろう。
それでは、メールで送られてきた「オセアニア」をご覧ください。

e0200879_1031718.jpg


e0200879_1032678.jpg


五大州のひとつであるオセアニアは最も小さな州です。
陸地面積のうち約86%を占めるオーストラリア、島々の中でも大きなニューギニア島、ニュージーランドを含め、 残りは太平洋の中に点在する小さな島々からできています。 それがオセアニア(大洋の州)という州名の由来となっています。
オセアニアは陸地面積こそ小さいものの、独自の航海術によって島々の隅々まで植民しており、独自の海洋文明を築 き続けています。 アウロラは偉大な大陸に賛辞を捧げ 限定生産品「オセアニア」 を発表いたします。
キャップとボディは、オーストラリア大陸の真っ赤な大地のカラーをシンボライズしたレジンを素材とし、 クリップにはオーストラリア大陸が刻印され、キャップ頭部には、レッドストーンのカボーションが アクセントとなっています。
キャップリングとスケッチペンのボディには、オーストラリアの環境を反映する重要なシンボルである、 ブーメラン・シータートル・ノーチラス・カンガルー・サラマンダーが刻印され、 ブラウンレッドのエナメルが塗布されています。
すべてのペンに限定製造番号が刻印されています。

No. 555 万年筆(EF・F・M・B)  ¥115,000+税  7500本生産 EF/ F/ M/ B/
No. 556 ボールペン    ¥55,000+税  7500本生産
No. 557 ローラーボール ¥80,000+税  5500本生産
No. 558 スケッチペン・スタンダード  ¥70,000+税   999本生産
No. 559 カルテット(4本セット) ¥320,000+税 99セット限定   

【製品仕様】
キャップ及びボディの素材:レジン /ローズゴールドトリミング   カボーション:レッドストーン

万年筆:18Kローズゴールド リザーブタンク付ピストン吸入式
収納時:130mm/筆記時:153mm/最大径:16mm/
重量:33g

ボ ー ル ペ ン:ツイストノック式油性ボールペン
長さ:137mm/最大径13mm/
重量:25g

ローラーボール:キャップ式水性ボールペン
収納時:130mm/筆記時:155mm/
最大径:16mm/重量:24g

スケ ッ チ ペ ン:ホルダータイプペンシル(5.6mm)
長さ:113mm/最大径:17mm/
重量:42g

平成 26年 12月発売予定
[PR]
by fullhalter | 2014-09-05 10:02 | 限定品万年筆