フルハルター*心温まるモノ

<   2014年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

10周年記念万年筆とその付属

以前から『10周年記念万年筆』を入れるペンケースを造りたいと思っていた。
『20周年記念鞄』を造っていただいたオルタスの小松さんにそのお願いをしていたところ、先日
「あのペンケースが出来たので、5月22日に店にお持ちしますよ。」と電話をいただいた。

実は以前に製作途中のそれを見せていただいていたのだが、
どんな仕上がりになるのか、私には全く想像すら出来なかった。
7ミリ位の革の輪を縦に内側から糸で縫いこむ製造方法で外側には縫い目が一切ない。
これを見て、造り方の説明を聞いた女房は、
「曲輪の人間国宝、大西さんみたいね。」と言った。
うまいことを言う。

「外側はどうしたんですか?」
「コパの仕上げと同じ方法で磨きあげたんですよ。」
「この造りだと欲しいという方からの注文を受けることは出来ないですよね。」
「そうですね…。でも凄く楽しかったですよ。是非プレゼントさせてください。」

Fugeeさんからも「カバの弗入れ」をこちらから注文していたにも関わらず
「20周年のプレゼント」としていただいてしまい、今回も同じことになってしまった。
申し訳ないやら、嬉しいやら複雑な思いである。

本来今週そのペンケースをご覧いただかなければいけないと思うのだが、
10周年記念万年筆がどんなものか判らない人も多いだろうから、
まず10周年記念万年筆とその付属品からご覧いただき、
来週「小松さんのペンケース」をご覧いただこうと思います。



まず100年位前に織られた布で造った外包み
e0200879_15363067.jpg


次に花梨のコブ部分で造ったペンケースの表、裏
e0200879_15364855.jpg


e0200879_15365898.jpg


朱と黒の万年筆を入れて
e0200879_15372377.jpg


e0200879_15373452.jpg


フルハルターのロゴ入り約10gの純金プレート
e0200879_1538037.jpg


いよいよ朱と黒の万年筆です
e0200879_15381970.jpg


ペン先のアップですが、左(黒)は研ぎ出し調整済で、
右(朱)は製造元から供給されたまま。
研ぎ出す時には「エラ張り」と呼んでいたが、
金の両端を斜め上に上げて、やわらかく、そして存在感を大きくした。
e0200879_15384144.jpg


◆ オルタス 小松さんのペンケースはこちらでご覧になれます。
[PR]
by fullhalter | 2014-05-30 15:41 | フルハルター10周年記念

べっ甲、ラペルピン その4

4月25日の更新では長崎のべっ甲職人、観海さんの作品
「20周年てっせんマーク」の図案そのままを水もくで造っていただいたものを紹介したが、
今週は腹甲です。
このマークの花は、ちょうど今咲いているので、どんな花かご覧ください。

e0200879_856546.jpg


数年前に咲いた同じてっせんの花を元にデザインしたのものだが、
ご覧いただいた今年の花よりも形がよかった。
数年前の花を元にした私の手描きです。

e0200879_858798.jpg


このデザイン画を観海さんに送り、造っていただいたのが
4月25日の水もくであり、今週ご覧いただく腹甲(白甲)である。
では、ご覧ください。

e0200879_8585834.jpg


e0200879_859742.jpg


e0200879_8591761.jpg


e0200879_8592815.jpg

[PR]
by fullhalter | 2014-05-23 08:59 | 職人の仕事

手賀沼に棲む水鳥たち 8

雨や自分の用事で4月29日以来手賀沼遊歩道のウオーキングが出来なかった。
コブ白鳥の7羽の雛たち、どうなっているのかワクワクしながら
5月16日の今日、やっとウオーキングに出かけることが出来た。

「今日は会えるだろうか?」と心配しながら出かけたが、
約3km地点に親子9羽のあの白鳥家族が揃って草を食べていた。
皆元気。
他にもカメラを構えている人たちに混ざって
私もシャッターを切っていた時の画像である。

e0200879_15111394.jpg


e0200879_15112967.jpg


それから約2km(往復4km)の私の終着点から折り返し歩きながら
あの親子は今何処に…、また会えるだろうかと思いながら元の地点に戻ると、
今度は手賀沼を片親と7羽の雛たちが仲良く泳いでいた。
「また会えた。しかも今度は沼を泳いでいる君たちに。」
風が強く沼の水面には波立っていたが、その波に揺られながら泳いでいる雛たち。
「可愛い。」

沼を泳いでいる8羽

e0200879_15114991.jpg


e0200879_1512054.jpg


沼から地上に上がり、また食事。

e0200879_15121659.jpg


e0200879_15122652.jpg


e0200879_15123626.jpg


e0200879_15124810.jpg


私が大好きな空と雲(今日のウオーキングの途中)

e0200879_1513064.jpg


e0200879_15131080.jpg

[PR]
by fullhalter | 2014-05-16 15:14 | 旅・ウオーキング

手彫り彫金 その2

子どもの頃から銀無垢の小物が好きだった私に
父がどこで手に入れたかは判らない「1974年製メキシココイン」をくれた。
その絵柄が大好きで、手彫り彫金師の方にコインを見ていただき、
「このコイン、ライターの表裏に彫っていただくこと出来ますか?」と尋ね、
「出来ますよ。」ということでお願いした。
コインそのものと、その時に彫っていただいた銀無垢のライターをご覧ください。

e0200879_12562376.jpg


e0200879_12563926.jpg


e0200879_12565197.jpg


e0200879_1257119.jpg


e0200879_12571026.jpg


e0200879_12571818.jpg


この手彫りライターも凄く気に入っていたのだが、
もっとコインそのものに近い感じが出せないものかと相談したところ、
「出来ることは出来るが肉合い(シシアイ)という技法でもの凄く高くなるよ。」と。
肉合い(シシアイ)と言えば、蒔絵でも最高の技法で
和の技としては同じ言葉を使っているのだと感動したことを覚えている。
では、1.8㎜の銀無垢ライターにシシアイの技法で手彫りされた
1947年メキシココインをご覧ください。

e0200879_12574071.jpg


e0200879_12575134.jpg


e0200879_125818.jpg


e0200879_12581063.jpg

[PR]
by fullhalter | 2014-05-16 12:57 | 職人の仕事

手彫り彫金

十数年前に出会うことが出来た手彫りの彫金師の方。
先日数年振りにお願いすることがあり、電話したところ、凄く元気のない声で出られた。
「またお願いしたいものがあるのですが・・」という私に
「もう目も手も効かなくなって仕事を止めた。」と言われた。

私自身も職業病「母指CM関節症」の為、いつ仕事を止めることになるか判らない身。
研ぎ上げたニブポイントは私そのものだし、
彫り上げた彫金は彫金師の方にすれば自分そのものだったと思うので
その決断はよく判る。
長い間、本当にお世話になり、ありがたいと感謝しているのだが、
職人仕事の宿命、ただ受け入れるしかないのが世の常。

余談だがそんな状況にも係らず、「唐草のバックルを造って欲しい」との依頼があったが、
残念ながらお受けすことが出来なかった。
では、その方が彫られたスターリングシルバーの彫金をご覧ください。


< 龍 >
e0200879_14355125.jpg


e0200879_1436221.jpg


< 蛇 >
e0200879_14361634.jpg


e0200879_14362913.jpg


< 鳳凰 >
e0200879_14364110.jpg


e0200879_1436537.jpg


< てっせん >
e0200879_1437451.jpg


e0200879_14371597.jpg


< 蝶と菜の花 >
e0200879_14374246.jpg


< 龍 >
e0200879_1437573.jpg


e0200879_1438836.jpg


< 唐草 >
e0200879_14381880.jpg


e0200879_14382949.jpg

[PR]
by fullhalter | 2014-05-09 14:33 | 職人の仕事

手賀沼に棲む水鳥たち 7

昨年7月3日から始まった手賀沼遊歩道のウオーキングで
コブ白鳥の雛に巡り会った。

「可愛い、もの凄く可愛い。」
それ以来遊歩道に住む3家族のコブ白鳥の成長を楽しんできた。
1~2ヵ月前からコブ白鳥、オオバン、カモ類等々の水鳥たちが一斉に消えた。
どうしたのかと思ったが、それぞれ伴侶と巣作りに入る時期なので、
それ以来巣作りしている水鳥たちを探していた。
4月19日、自宅から3.5kmか4km辺りに懸命に巣作りしているコブ白鳥夫婦を見つけた。
4月29日、遊歩道を歩いていた私は巣作りしていた巣を見た。
その巣にコブ白鳥夫婦がいない。
何かあって捨てたのか・・

昭和天皇の誕生日、昭和の日、雛の誕生を待ちに待っていた私にとっておきのプレゼントがやってきた。
帰り道に7羽の雛を連れた夫婦。
「可愛い、それも7羽も」

では巣作りに励む4月19日の画像から。

e0200879_15265973.jpg


4月23日に撮ったその巣。
撮影したその日にパソコンの画面で確認してなかったので判らなかったが、
この日既に雛が誕生していた。
「捨てたのか」と思ったが、間違いであった。

e0200879_15271821.jpg


昭和の日の4月29日には夫婦と7羽の雛たちが手賀沼を泳いでいた。
何十分か足を止められてしまい、持ち歩いているカメラのシャッターを切っていた。

e0200879_15275772.jpg


e0200879_1528988.jpg


e0200879_15281975.jpg


e0200879_15283076.jpg


この雛たちの成長と他のコブ白鳥や他の水鳥たちの雛の誕生という大きな楽しみが増えた。
水鳥の雛は地球上で一番可愛いものの一つだと私は思っている。
[PR]
by fullhalter | 2014-05-02 15:31 | 旅・ウオーキング

山崎夢舟 作品

山崎夢舟さんとの出会いは一人のご老人からのお導きだった。
十数年前、初めてお会いした時に小学生だった二人のお嬢さんたちも社会人になられた。

今は「宝舟会」をひきいて地域の仲間の中心になって活躍されておられる。
フルハルターのお客様の中でも
「夢舟さんに蒔絵にして欲しいんだけど」というご要望の声が多い。
「万年筆以外ならお願いしてあげますよ。」と答えているのだが、
「万年筆がいいんだよね。」と。

海外用のパンフレットが送られてきたので、全てではないがご覧になってください。

e0200879_114973.jpg


e0200879_11492324.jpg


e0200879_1156239.jpg


e0200879_11494824.jpg


e0200879_1150314.jpg


e0200879_120379.jpg


e0200879_11502613.jpg


e0200879_11503958.jpg


e0200879_11505033.jpg


上から
表紙 萩蒔絵大棗
吹寄蒔絵箱
小箱朝顔蒔絵
乾漆香合古民家蒔絵
乾漆黒茶碗
奇跡草長棗
貝合せ蒔絵平棗
酒盃夢蒔絵金地
酒盃夢蒔絵朱塗り
[PR]
by fullhalter | 2014-05-02 11:52 | 夢舟の作品達