フルハルター*心温まるモノ

<   2013年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『趣味の文具箱vol.27』

いつも感心するのですが、よくも長く続けてきたものだと。
27号は「美軸名鑑」のタイトルで、28ページにわたり軸について書かれている。
また古山画伯のページでは「20年を経て明かされた森山伝説」と少々大げさなタイトルで
モンブラン社と闘い合った経緯について触れられている。

「20年を経て……」というタイトルは、総代理店の退職、
つまりフルハルターを開業して20年を経過したことから付けられたもので、
本編のHPでも、2013年、4月19日26日5月3日の3回にわたりモンブラン社のことを書いたのだが、
その大きな要因は、「20年経過したからもういいか…。」との思いからである。

当然だが、その間には、「闘い」もあったし、穏やかな時もあった。
ドイツの常識と日本の常識には想像も出来なかった違いがあり、互いに説明と譲歩を繰り返し、
少しずつ溝を埋めてゆく必要があったし、それを確実に実行し続けた。

海外製品の日本総代理店は商社に位置づけられると思うが、
私自身は品質管理、アフターサービスの担当ゆえ
モンブランは少なくとも「日本で最も信頼に足る筆記具」に地位を確保することが仕事と考えていた。
つまり、私自身にとっては商社ではなく、
モンブランの東京工場の役目を果たすのも大きな役割であると考えていた。
万年筆でもボールペンでも手直しが必要なものが入荷した時には、
我々で直せるものであれば返品せずに直していた。
何千本というロットの直しも幾度となく手をかけ、市場に出荷した。
当時、他の国々の輸入元で、そんなことはあり得なかった。

ドイツモンブラン社と日本総代理店、ダイヤ産業は同じ船に乗っているので対立すべきものではないが
日本のマーケットでは受け入れられないものは充分説明をし、納得してもらうのが私の仕事だった。
昨年本編でも書いたように、
どうしても受け入れられないニブポイントの形状のものが入荷した2回目のドイツ出張の時に私は、
「クレイジー森山」と呼ばれていたらしいことが、今回の古山画伯のページでも掲載されている。

当時を振り返ると、モンブラン社は本当にいい会社だった。
それはいい人たちだった、ということで、私もやり過ぎる程輸入された製品の手直しをしたし、
モンブラン社とともにいい製品を造り、市場で信頼を勝ち取って
売上を伸ばしてゆくことが使命、と思っていたので、私の言うことを聞いてくれた。

とても幸せな輸入元時代を過ごせたことに感謝。
私のことばかり申し上げてしまったが、枻(えい)出版社『趣味の文具箱vol.27』をご覧ください。

e0200879_11105580.jpg



e0200879_1111986.jpg


e0200879_11112164.jpg


e0200879_11113610.jpg



e0200879_11115742.jpg


e0200879_11121652.jpg



e0200879_11123440.jpg


e0200879_11125279.jpg



e0200879_1113966.jpg


e0200879_11132386.jpg




e0200879_11134016.jpg


e0200879_11135340.jpg


e0200879_11141753.jpg



28ページにわたる美軸名鑑からペリカンと木軸のページ
e0200879_11192982.jpg


e0200879_11194234.jpg



フルハルターのページから
e0200879_11203118.jpg


e0200879_11205369.jpg


e0200879_11211949.jpg



実物のNo.72と、私が使っているNo.74とワイルドスワンズシステム手帳
e0200879_11244643.jpg


e0200879_1125244.jpg



e0200879_11253192.jpg


e0200879_11261123.jpg



e0200879_11261696.jpg


e0200879_11264773.jpg



e0200879_11264990.jpg


e0200879_11271843.jpg



e0200879_11272217.jpg



ワイルドスワンズ カードケース「スティング」
e0200879_1135270.jpg



厚さ1.8mm、純度950の銀製ライター
e0200879_11372163.jpg


e0200879_11365144.jpg



ワイルドスワンズ フリスクケース「トランク」とともに
e0200879_11414100.jpg



パイロットの新聞広告の手書きをされた渡辺悦男さん
e0200879_11423766.jpg

[PR]
by fullhalter | 2013-09-27 11:14 | ムック本紹介

限定蒔絵万年筆 『 M1000 波濤 』

e0200879_10571553.jpg


ペン先: ロジウム装飾18金(中字:M)
作者名: 中村 省三
総製作数量 : 88本
国内販売予定数量 : 20本
価格: ¥294,000 (税抜き¥280,000)
発売予定日: 平成26年 1月
[PR]
by fullhalter | 2013-09-27 10:58 | 限定品万年筆

特別生産品「スーベレーン605マリーンブルー 」(実際の画像で)

ペリカンの透明ブルーの製品は205を除き私の知る範囲では今回が第4弾目である。
まず第一弾は、記念すべき1993年に製造されたが日本では正式に発売しなかった「M800 ブルーオーシャン」。
第二弾は、2001年ボディに銀の像を付けた「ダイダラス・イカルス」。
第三弾は同じ2001年の「600 マリーンブルー」。
そして今回の第四弾は、「スーベレン605マリーンブルー」である。

12年振りに同じ600系で、同じマリーンブルーということになったが、皆さんもお判りだと思うが、600は金属部分が金色で、605のそれは銀色系でペン先は全てロジウムコーティングされている。
画像では判りにくいと思うが、600の マリーンブルーは色が濃く、605の方はそれに比べると少し薄い。

この一連の透明ブルー、特別生産品のペリカンたちを見ると、私の目には和のグラスや和の陶器を連想させる。
以前親しくさせていただいているお客様から「色の手帖」という本をいただいた。
その本を今見ているのだが、「M800 ブルーオーシャン」と今回の「M605 マリーンブルー」は、ほぼ同じ色合いで、瑠璃色。
「ダイダラス・イカルス」は昔の日本のグラスに使われていた、とても淡い青で、何とも心に沁みる、薄群青。
「600 マリーンブルー」は、陶器に見る色合いで、瑠璃紺。

まさか、ドイツペリカン社が日本の色を意識して表現したとは思えないが、私の目にはそう映る。
では、特別生産品 「スーベレン605マリーンブルー」をご覧ください。

e0200879_1034212.jpg


e0200879_1034318.jpg


e0200879_1034436.jpg


e0200879_10345479.jpg


e0200879_1035516.jpg


次に、605と600マリーンブルーを並べて
上からM605/M600/K605/K600
e0200879_10353486.jpg


更にM800ブルーオーシャン/M600マリーンブルー/M605マリーンブルー
e0200879_1036173.jpg


更にM800ブルーオーシャン/ダイダラス・イカルス/M600マリーンブルー/M605マリーンブルー
e0200879_10364075.jpg


製品名: スーベレーン605マリーンブルー  
M605 万年筆 …本体価格¥43,000  K605 ボールペン…本体価格¥25,000
仕様: 万年筆 ロジウムプレート14金ペン先(EF/F/M/B) ピストンメカニズム
国内販売予定数量: 万年筆 1200本/ボールペン 400本
発売予定時期: 平成25年11月下旬  (当初10月下旬でしたが、11月に変更されました。)
[PR]
by fullhalter | 2013-09-20 10:30 | 限定品万年筆

特別生産品 「スーベレン605マリーンブルー」

e0200879_10361389.jpg


製品名: スーベレーン605マリーンブルー

 M605 万年筆 …¥45,150(税抜¥43,000)
 K605 ボールペン…¥26,250(税抜¥25,000)

仕様: 万年筆 ロジウムプレート14金ペン先(EF/F/M/B) ピストンメカニズム

国内販売予定数量: 万年筆 1200本/ボールペン 400本

発売予定時期: 平成25年11月 (当初10月でしたが、11月に変更になりました。)
[PR]
by fullhalter | 2013-09-13 10:50 | 限定品万年筆

フルハルター二十周年記念長財布と3本差しペンケース

今回の「フルハルター20周年記念革小物」をお願いするにあたり、いつものことだが、おおまかなお願いはしたものの、ケーズファクトリーさんに丸投げであった。

理由は、アマチュアの私が口を出すべきではなく、本物の造り手に委ねるべき、と考えているから。
その為には、本物の人、本物の造り手を選ぶことだけは妥協してはいけない、と思っている。

何故なら、お客様は造られたものは、私そのものと思われるに違いないからだ。
長財布は10年程前から私がとても気に入っている方式で、粋でもあると思っているし、ペンケースも長年の願望であった「ブック型」である。

では、画像をご覧ください。
今回は、長財布『Flutter』と3本差しペンケース『Trine』を並べて。

e0200879_1336419.jpg


e0200879_13361240.jpg


e0200879_13362277.jpg


これは意識的に造られたと思うのだが、ペンケースのベルトの縫いつけ部がまるでペン先である。
e0200879_13365045.jpg


ここから先が悪知恵。
万年筆を買うことを世の女房族は認めてくれない場合が殆ど。
そこで、である。
それをケーズファクトリーさんが意識していたか、は定かではないのだが、両脇には部屋があり、一般的にはメモ用紙入れと思う筈だ。
ケーズファクトリーさんもそう考えたのではないか、と思うのだが、私は直ぐに「へそくり部屋だ、ここは。」と思った。
特に万年筆を入れている下の部屋は、「まさか、こんな所に札束が入っているとは。」と思えるのだが…。
e0200879_1337152.jpg


e0200879_13373136.jpg


買われた方はどう使うのであろうか…。
そう考えると、今から楽しみである。



※ 9月14日までのご注文分は、10月30日にお渡しが可能です。

製品名: 長財布 Flutter(フラッター)
価格: 41,000円(本体価格)
原皮: イタリア ミネルバ
色: ご相談ください。
受付期間:(20周年記念としては)2013年10月30日まで

製品名: 3本挿しペンケース Trine(トライン)
価格: 60,000円(本体価格)
原皮: サドルプルアップ(ベルギー)
色: ブラック・チョコ・ナチュラル・バーガンディー・マリン
受付期間:(20周年記念としては)2013年10月30日まで

※ 長財布『Flutter』も3本差しペンケース『Trine』も20周年記念後はフルハルターオリジナルとして通常販売いたします。

※ 受付時期によりロゴが変わります。
2013年10月30日まで…… 20周年記念として手描きのロゴ
e0200879_13383318.jpg


2013年10月31日以降…… フルハルターオリジナル3本差しペンケースとして通常に販売。
               (ロゴは現在と同じになります)
e0200879_133909.jpg

[PR]
by fullhalter | 2013-09-06 13:34 | フルハルター20周年記念