フルハルター*心温まるモノ

<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

コードバン ナチュラルの熟成

現在、ケーズファクトリーさんではコードバンの製造は中止されている。

これまで黒・チョコ・ナチュラル、後発でグリーンが造られていた。
“フルハルターオリジナル ブックカバー”ナチュラルは一時よくご要望をいただいていた。

昨年11月17日 C.O.U.ブログ <CORDOVAN(コードバン)について>で
ナチュラル色の文庫本カバーの熟成が紹介されている。

国産コードバンで、最後に販売したのは、オリジナルブックカバー グリーン。
私にとっては、とても好きな色で、それが今後どんな変化、熟成をしてくれるのか楽しみであり、
願わくば見てみたいものだと思っている。

私自身は、コードバンよりも牛皮革の方が好きだ。
(中でも、ミネルバが)

ただ“C.O.U.”2周年記念で使われたホーウィンのコードバンは例外。
ミネルバもホーウィンも昔ながらの造り方で、オイルを充分に染み込ませた原皮だからかもしれない。
特にダークバーガンディは熟成が凄く楽しみな皮革であり、色である。
モノこだわりを殆ど持つことがない我が女房殿が、珍しく惚れ込んだ一品でもある。

では、国産コードバンナチュラル Stingとフルハルターオリジナルブックカバーの熟成をご覧ください。

まず、Stingから

e0200879_1650965.jpg


e0200879_16503285.jpg


e0200879_16511287.jpg



オリジナルブックカバー

e0200879_1652417.jpg


変化、熟成

e0200879_1653759.jpg


e0200879_1653161.jpg


e0200879_16532562.jpg

[PR]
by fullhalter | 2011-01-28 16:57 | 皮革製品

ミネルバリッシオの熟成…grigio/oliva

何度も申し上げているが、私はイタリア産ミネルバが大好きである。
早く熟成してくれて、軽い爪傷は指の腹でこすると消えてくれる。
革小物には特に向いていると思っている。

今でも通勤の往復、約2時間は革小物熟成の時間に充てている。
ワイルドスワンズの革小物を扱ってからもう直ぐ7年だが、ずっと続けているバカ者である。

当初、自分で使って変化し熟成したものと
他の誰かが使って熟成、変化したものは同じだと思っていた。

だが、同じ革、同じ色のものを使ったとしても
使い手によって、もの凄く違う個性に変化してゆくことが判ってきた。

牛(馬)一頭一頭違うし、同じ牛でも場所によって違う。
タンナーなめしもロットによって違うだろう。
ただ、現時点でその違いの主たる要因は、“人”であると確信している。

私が思うに、使い方も大きいのだが、体質の方がより大きく影響しているように思う。
というのも、同じ様に大切に使っている人たちのものであっても色合い、風合いともに全く違った熟成をし、
その人が使っている同じ原皮のものは、ことごとく同じ色合いに変化しているから。
そういう例を実際に幾度となく見るにつれ、思うようにならないのが皮革製品だと思い知らされた。
だから、面白いのである。

今回は私が熟成させたSting ミネルバのグリージオとオリーバの変化である。
既にそれぞれをご覧いただいているのだが、2つを並べてよりお判りいただける画像でご覧いただきたい。

熟成させた後、表側を上に店の棚に展示している為に、太陽光線にさらされた表側の色が徐々に変化したものである。
グリージオとオリーバ、ともに私の目にはグリーン系に見えた。
使ってゆく内に正にグリーンへと変化したのだが、太陽光に当たるうちにグリージオはカーキ色に。
では、二つ並べた画像をご覧いただきたい。

                            表・裏から(左: グリージオ 右:オリーバ)
e0200879_1432646.jpg


e0200879_14323693.jpg


               左:グリージオ裏で太陽光に当たっていない 右:オリーバが表で太陽光に当たった
e0200879_14333550.jpg


                                   最後は上の逆
e0200879_1434618.jpg



私にはとても面白く、興味深いことである。
どんな環境に置くと、どのような変化をもたらすのか、予想がつかない結果になったりもする。
太陽光に当たる前の色合い、当たった後の色合いもそれぞれが味わい深く、愛おしいと思う。
[PR]
by fullhalter | 2011-01-14 14:41 | 皮革製品

ペリカン社一部仕様変更について

ロゴマーク変更について

これまで多くの方々から
「ペリカンのロゴマーク何とかならないのか」とのご意見をいただいていた。
私自身もこのHPで「マークは顔である」と申し上げている。

この度、多くの方々のご要望、願いが届き、メタルタイプに変更されることになりました。
昨年10月に発売された『M800 ブルーオー’ブルー 』、そして今回紹介している『M710 イエロー・トレド』の様に。

実はこのところ何人ものお客様から
「ペリカンの天冠マーク変わるんですよね。」との問い合わせをいただいていたのですが、その度に、
「いいえ、私は聞いていないんですよ。」と答えていました。

天冠マーク仕様変更の案内が代理店からフルハルターに届いたのは12月末。
(どうも11月末には多くの小売店に送られていたらしい)
こんな経緯があり、大変失礼いたしました。

e0200879_12423089.gif


その時期についてですが、モデルによりまちまちとなると思われます。
というのも、在庫との関係があるので。
現在の予測では全ての変更が済むのは春頃ではないかと考えています。

お問い合わせを下さった皆さまにはお詫び申し上げます。
だが、いずれにしても待ちに待った変更、皆さまとともに、大いに歓迎したいと思っています。
[PR]
by fullhalter | 2011-01-07 12:41 | お知らせ

ペリカン社特別生産品『M710 イエロー・トレド』

ペリカン社より12月に特別生産品『M710 イエロー・トレド』が発売されました。

以前(2008年7月)にM910で同じ色柄で発売されている。
現行のトレド M900とM700と同じで、M800タイプがM910(M900)、M400タイプがM710(M700)。
では、画像でご確認ください。

e0200879_1237623.jpg


e0200879_12371653.jpg


e0200879_12372659.jpg


e0200879_12373653.jpg


e0200879_12374716.jpg


e0200879_12375944.jpg


e0200879_1238896.jpg


1.価格
120,000円 +税

2.ペン先
18金ロジウム装飾(EF/F/M/B)

3.販売予定数量
130本
[PR]
by fullhalter | 2011-01-07 12:36 | 限定品万年筆

『カバンの達人』

出版を大いに喜ばせていただいた古山浩一著 枻(えい)出版社発行『カバンの達人』
サインと絵が描かれ、古山さんからプレゼントされた。

その絵とサインを皆さまにも是非ご覧いただきたいと思い、撮影しました。
ご覧ください。

e0200879_9414794.jpg


e0200879_9421020.jpg


e0200879_9424782.jpg


e0200879_943572.jpg


e0200879_9431590.jpg


e0200879_9432869.jpg


サインをいただきたい方は、
日本橋丸善 3月3日~9日の「第二回丸善世界の万年筆展」に出かけてみてはいかがですか。

(『カバンの達人』はフルハルターにも置いてあります)
[PR]
by fullhalter | 2011-01-07 09:48 | 古山作品