フルハルター*心温まるモノ

<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「Fugeeのしごと 16点の鞄展」10

藤井さんから「私のFugee鞄」が出来上がったとの連絡があった。
私はまだ見ぬ我が子に会うような気持ちで渋谷の工房を訪ねた。

出来上がった鞄と対面した私といえば、年甲斐もなく茫然自失になったことをはっきりと記憶している。
外人のように喜びを素直に表し、ハグでもすればとも思うのだが、それを良しとしない自分が同居している私は、ただひたすらその喜びを隠してしまったように思う。
藤井さんも一緒に造られたお仲間の二人も 物足りない私の反応にガッカリされたことだろうと反省している。
後に聞いたことだが、金具は古いし、もう入手可能な原皮ゆえ何度も試作を重ねて出来上がったということ。
「私のFugee鞄」は、藤井さんとそのお仲間の思いと技術が凝縮した作品である。
「全てお任せします」とお願いした私に、「全て任せてもらって凄く嬉しかった」の言葉が全てを物語っていると思っている。

さて、自宅に持ち帰ってからの家族の反応が凄かった。
築40年近い我が家の4畳半に置いた。
そこへ帰宅した息子が、
「この部屋まで変わって見えるよ。鞄一つで部屋まで変えてしまう、あの藤井さんだからだよね。」と。

それからが大変だった。
この鞄の存在感に合う仕度が私にはない、どんな格好をしたらこの鞄を持ち歩けるだろうか。
しばらくは恐怖感すら感じていた。
よく訪ねてくれる友人たちに相談すると
「靴だよ。下はGパンでいいし、上は贈ったシャツがあるじゃない。」
そのシャツとは私の還暦の祝いとして銀座の老舗で造ってくれたもので、とても洒落ている。
サラリーマン時代は靴が大好きで、いつも手入れをして履いていた。
男のお洒落というより、身だしなみは靴だと以前から思っていた私だが、店を出してからは安いスニーカーばかりで革靴からすっかり遠ざかっていた。
友人たちに勧められるままに、新宿の伊勢丹に行ってみた。
靴もワインが好きなので、それを探したのだが、なかなか見つからなかった。
バーガンディのイギリス製グレンソンに目がとまり、買うことにした。

私は大分前から、65歳になったらまた革靴とツイードのジャケットをと思っていた。
歳とともに衰える容姿…、でも、その時にこそいいものを身につけたいと。
鞄のお陰で予定より3年早まることになったのだ。
グレンソンの靴に銀座老舗のオーダーシャツだと、自分でもFugee鞄が合うと思えた。
やっと恐怖感から解放された。
早速、その仕度で藤井さんの工房を訪ねた私に
「森山さん、格好いいよ。」
(それは私じゃなく、鞄と靴とシャツでしょ)と思いながらも、
「ありがとうございます。このシャツは贈り物で、私のイニシャルがここ(胸)に入っているんですよ。」

それ以来、革靴、ズボン、シャツ、ジャケットが増え、人生を変えてくれたと言ってもよい鞄。
今、それらと共に人生を楽しんでいる。
その原点が、今回もご覧いただく「私のFugee鞄」である。

e0200879_11495528.jpg


e0200879_1150457.jpg


e0200879_115013100.jpg


e0200879_11502211.jpg


e0200879_11503468.jpg


e0200879_11504485.jpg


e0200879_11505451.jpg


e0200879_11512054.jpg


e0200879_11512946.jpg


先々週申し上げたドイツの金具がついている鞄を持っている。
ドイツ “LeDer WOLF”のドクターバッグⅡで、10年余り前のこと。
同社のトートバッグを買うと言って女房がカタログを見せてくれ、一緒に載っていたドクターバッグⅠも共に購入した。
その鞄が結構気に入り、WEBで調べてもらい、求めたのがこれからご覧いただくドクターバッグⅡ。
「私のFugee鞄」と同サイズで、藤井さんに見せていただいた「これですらもう手に入らない」金具と同じものと思われるものが使われている鞄もご覧ください。

e0200879_1152012.jpg


e0200879_11521125.jpg


次回も「私のFugee鞄」の番外編を予定しています。
[PR]
by fullhalter | 2010-05-28 11:48 | 私の好きなもの

特別生産品「M205 DUO」

これまでにもペリカンのスケルトンモデルの特別生産品は数多く発売された。
今回は「マーカー」として使えるモデルとして、『M205 DUO』が発売される。
マーカー専用インク(ハイライターインク)を付け、マーカーにも使える兼用として。
「待っていたよ。」と言う方も多いかもしれない。

フルハルターでは販売いたしませんが、ご興味のある方は是非専門店や取り扱い店で実際にご覧になってみてください。

e0200879_11115063.gif


1.製品名    : M205 DUO(デュオ)
2.ペン先    : ステンレススチール(BBのみ)
3.本体価格   : ¥13,000
4.使用ケース : 専用ケース(ハイライターインク付)
5.発売予定日 : 平成22年 6月
[PR]
by fullhalter | 2010-05-21 11:10 | 限定品万年筆

ペリカン社限定品蒔絵万年筆『花火』

山崎夢舟さんの『草木兎虫文四季揃』から始まったペリカンM1000の蒔絵万年筆も今回で9回、14作品目となった。
今までに夢舟さん以外の作家が描かれたのが3作品。
今回の『花火」』が4作品目、新田義明さんの作品である。

これまでのM1000蒔絵は、52万円~92万円(本体価格)だったが、今作品は28万円(本体価格)。
ペリカン日本としても手も足も出ない高嶺の花ではなく、「無理をすれば、あなたにも蒔絵の万年筆を使っていただくことが出来ますよ」との思いがあったのだろうか。

今までの技法は、最高技術を駆使した研ぎ出し蒔絵の「肉合(シシアイ)」。
研ぎ出し蒔絵で 価格を約半分から3分の1に下げることが出来たのだと思う。
では、画像でご確認ください。

e0200879_10591654.jpg


e0200879_10592610.jpg


e0200879_10593665.jpg


e0200879_10594658.jpg


e0200879_10595790.jpg


e0200879_110870.jpg


e0200879_1102961.jpg


e0200879_1103899.jpg


e0200879_1105626.jpg


e0200879_111632.jpg


e0200879_1111631.jpg


1.製品名: 『花火』
2.価格: ¥280,000 +税
3.仕様    
  ペン先: ロジウム装飾18金 (M)
  キャップ・胴軸・天冠: 加賀研出蒔絵
4.作者: 新 田 義 明 作者名は胴軸に蒔絵で表示
5.製作数量: 世界限定88本(国内販売予定 20本)
6.発売時期: 平成22年5月下旬
[PR]
by fullhalter | 2010-05-21 10:57 | 限定品万年筆

「Fugeeのしごと 16点の鞄展」9

私のFugee鞄

藤井さんに初めてお会いした時の印象は「初めて会ったその日から」…そんな軽薄なものではないが、当たらずとも遠からず。
子供の頃から物造りが好きで、ただ「ひたすら」「ひたむき」に物を造る人が好きだった私にとって鞄職人、それも頑固な、と聞いていた藤井さんは穏やかな中に、ご自身の仕事には絶対妥協しない強さが感じられた。
その人柄にひと目ぼれだった。

このHPのどこかで既に申し上げた様な気がするが、ある日突然にあの古山画伯から電話があり、
「森山さん、藤井さん知っているよね。」
「ユーロボックスの藤井さんでしょ。」と私が言うと古山さんは
「違う、違う、鞄職人の藤井さん。」
「名前だけは聞いたことあるけど…。」
「今度うちでバーベキューパーティーやるんだけど、藤井さんも来るからおいでよ。あの人も職人で森山さんと同じ頑固で変人、変人同志合うと思うから来なよ。」
そんな予備知識を与えられて、お会いした時の印象が上記の通り。
頑固者同志だと、普通の穏やかな人に見えるのだろうか。

それ以来何度もお会いしていたが、その魅力は増すばかり。
ただ、怖くて店には一度も行ったことがなかった。
HPをご覧の多くの方々はお判りいただけると思うが、店に行って藤井作品を実際に見てみると、己の心と戦えず負けてしまう自信にみなぎっているのが自分で判るから。
私には藤井作品を求める財力も資格もない。
つまり、藤井さんが全精神を傾注して造りし鞄を持つ為の総合力が欠如していると、自分自身がよく判っていたからである。
一方では、いつの日か藤井さんの鞄を我が家の誰かに使って欲しいという願望はとても強かった。
使ってゆくうちにどんな風に変わり、味わいを深めてゆくのか、この目で確かめたかった。
常々そう思っていた私に、千載一遇の機会が。
2007年に大学を卒業する息子が居り、その記念に藤井さんの鞄を是非造ってやりたいと思った。
男の一生で、仕事を始める(就職)ということは最も大切な区切りであり、一生の中で自ら今後の人生の選択をすることであると思っていた私は、その記念に『Fugeeの鞄』と考え至ったのである。

2005年の秋頃だったと思うが、卒業まで一年半の期間があれば間に合わせてくれると思い、初めて店を訪ねた。
藤井さんは快く
「間に合わせますよ。」と言ってくれたので
「じゃ~今度息子を連れてきます。」と、ここで終わりになるシナリオだった。
だったのだが…、
「私、ワインとグリーンが好きなんですよ。」と言った私に
「森山さん、見るだけ見たら。これもう手に入らないドイツのタンナー カール・フロイデンベルグというところのワインなんだけどもの凄くいい皮革で、大好きなんだ。でも別の人から注文をもらっているから造れないんだけどね。」
その時、残念な思いと、安堵の思いが複雑に交錯した。

少し間があったが、一緒に働いている方が二階へ上がって行った。
そして下りて来るなり
「藤井さん、同じ皮革もう一枚ありますよ。」
何てことだ!私の心は見事に矢で射抜かれた。
(藤井さんも自身の在庫を把握していないのか…。俺と一緒じゃねぇ~か。)
私も大好きなモデルの在庫であっても把握していないことは当たり前で、商売人としては決定的に欠陥人。
更に親近感が増したと同時に、射抜かれた状態は続いている。
でも、まだ何とかこらえ続けていられたのだが…。

またまた一緒に働いている方が二階へ上がり、下りてきた時は何やら古い(汚い?)鞄をぶら下げていた。
(何なんだ?)
「そうそう、これフランス(?)に行った時の古い鞄で、この金具を使う為に買ってきたんだよね。今いい金具がないからこの金具いいでしょう。」
顔はほころび、目はキラキラと輝いている。
他の金具も見せてくれて
「この金具はドイツのものだけど、こんな金具でさえもう手に入らないんだよ。森山さんにだったらこの鞄の金具使うよ。いつでもいいから、とっておくから。」
更に、二の矢である。
この言葉は、完全に私の心を打ち抜いた。
「全てお任せします。お願いします。」

息子の就職記念『Fugeeの鞄』だった筈が…。
これが『私とFugeeの鞄』の縁である。

2005年12月21日
「いつになるか判らないけど、作品展をする時に展示させて欲しい」という言葉を添えてに藤井さんの手書きによるデッサン書きが届けられた。
その手書きのデザイン書が実に味わいのあるものと思う。
それがこれです。

e0200879_158529.gif


その鞄が“Fugeeのしごと 16点の鞄展”の16作目。
では、画像をご覧ください。

e0200879_1581338.jpg


e0200879_1582494.jpg


e0200879_1591356.jpg


e0200879_159212.jpg


e0200879_1593277.jpg


引き続きこの鞄が出来上がってからのことを続ける予定です。
[PR]
by fullhalter | 2010-05-14 15:05 | 私の好きなもの

M800『ブルーオー’ブルー』とM101N『トータス シェル ブラウン』正式案内

■ M101N トータスシェル ブラウン(特別生産品)
1930年代に製造された101N万年筆を現在のスーベレーンシリ-ズに使われている素材(アクリル樹脂製)を使って復刻したモデル。

過去に限定品: オリジナル・オブ・ゼア・タイムシリーズとして1931・1935など1930年代のモデルを復刻販売した時は素材も含めて再現致しました。(胴軸素材はオリジナル品と同じエボナイト製)
今回新たに発売する新製品は、素材を現行モデルと同じにすることで価格を抑えることが可能になりました。

製品名:M101N トータスシェル ブラウン
ペン先種類:F~BB
本体価格:48,000円
発売予定時期:2011年4月以降

< 店主コメント >
ペン先の太さは通常F~Bで発売される特別生産品だが、M101N トータスシェル ブラウンはこの案内によればBBまで造られる。
ペリカン日本の方には「出来るだけ太いペン先にして欲しい」とお願いしていた。
その願いが叶ってBBを造ってくれることになった。
フルハルターへの入荷は全てBBになる筈である。
恐らくBBの割合は少ないと思われるので、今ご予約いただいているお客様には是非BBで使って欲しいと願っている。

e0200879_1450468.jpg


■ M800 ブルー・オーバー・ブルー(特別生産品)
半透明のアクリルブロックをくり抜いた素材を胴軸とキャップ軸部分に使用。
ベースカラーはブルーを重ねたように見える (ブルー・オーバー・ブルー) 独特な色合いでスーベレーンシリーズのストライプ模様とは異なる美しい彩を再現しています。

製品名:スーベレーンM800 blue o’blue (ブルー・オー・ブルー)
本体価格:M800 万年筆 ¥55,000
     K800 ボールペン¥32,000
発売予定時期:10月

< 店主コメント >
M101N トータスシェル ブラウンは嘆願書を出したくらい望んでいたモデルだが、M800の特別生産品も同じように望んでいたモデルである。
私と多くのお客様が「造って欲しい」と切に願っていたこのモデルも、期待を裏切らない彩になると私は確信している。
濃いブルーのモザイク(?)模様になるのではと想像し、とても楽しみである。
[PR]
by fullhalter | 2010-05-07 14:38 | 限定品万年筆