フルハルター*心温まるモノ

<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『趣味の文具箱 vol.13』

枻(えい)出版社 カメラ編集部 清水j編集長、井浦副編集長はじめスタッフの方々と初めてお会いしたのは、今から約5年前の2004年の5月。
用件は、万年筆のムックを作りたいので取材をと言うことだった。

メディアの方々に必ずしも好感を持っていなかった私は、直ぐに了承出来なかった。
とりあえず人柄や仕事に対する思いを感じ取りたいとお会いしたのが、2004年5月。
早いもので、それから5年である。

『趣味の文具箱 創刊号』は、自宅、店、とかなり時間をかけての取材だった。
一貫した仕事に対する思いに好感を持っており、それ以来相談に乗らせていただいている。

さて、今回の『趣味の文具箱 vol.13』について、清水編集長、井浦副編集長がいらして言ったこと、
「今回は使い手の特集をしたい、取材させてくれませんか。」
「え、売り手ではなく、使い手として?」と聞き返した。

私自身は万年筆をそんなに使っていない。
保証書、遠方の方に送る時のメモ書き、そして一番長時間使うのが年賀状。
使っている万年筆は、MONT BLANC。
何故、売っていない、またペン先の調整もしていないMONT BLANC?と思われる方も多いのではないだろうか。
理由は簡単、サラリーマン時代に自社製品として買い求め、持っていたものだからだ。
Pelikan だと、仕入れてお金を払わなくてはならない、今更そんな金を使わなくとも済むからである。

「私は店を出した時にそれまで持っていたMONT BLANC 1468を使いはじめました。ある時からペン先を自分で加工した 146の改造品や149を使っているんですが、それでいいですか?」
ということで、使い手としての取材を受けることにした。

校正をしてくれと、自宅に送られてきた私のページを見てびっくりした。
私の顔写真のデカイこと。
家族全員(私も含めて)、
「ひどいよ。大きすぎるよ。」が感想。
我が家は全員写真を撮られることが嫌い。
亭主や父親の写真を大きく載せられることにもかなりの抵抗があるのだ。
女房などは、清水さんにもう少し小さくしてと頼んでみたら、としきりに言う。

校正の件で清水編集長が店に来られた時、直ぐに
「あれ勘弁して。家族も大き過ぎると言っていたし、俺も嫌だから。」
「そーですか。」
「だって、凄く恥ずかしいじゃない。」
少し間を置いて、清水さんらしい独り言のような語り口で
「あ~、恥ずかしいだけか…。」 
私はそれで観念した。
(こいつは、絶対このまま出すな。)と。
取材を受けるということは、全てを相手に委ねるということ。
文句を言ってはいけないと、私は思っている。

清水編集長、あなたは仕事に対して「大した奴」です。
だからこそ、13号迄続けて来られたのですね。



表紙のMONT BLANCは私が改造して使っている、
ボディだけソリテール1468銀無垢にした、146のペン先加工モデルである。
e0200879_9575789.jpg


e0200879_9581795.jpg



椎名誠さんの字
e0200879_9583766.jpg



藤村俊二さんの字
e0200879_9584898.jpg



本田博太郎さんの字
e0200879_9585632.jpg



古山さんのページ
e0200879_95956.jpg


e0200879_95916100.jpg



長原宣義さんのページ
e0200879_1022588.jpg


31名の愛用万年筆とその文字、古山さん、長原さんのページ等々、盛り沢山の内容です。
[PR]
by fullhalter | 2009-03-27 09:55 | ムック本紹介

スターリング ポールポイントペン

先週はS.T.Dupont スターリングシルバーの万年筆をご覧いただいた。
今週は同じスターリングシルバーだが、ポールポイントペン。
先週の万年筆はクリップが漆塗りだったが、今週のボールポイントペンのそれはメタルである。

この時代のデュポンの銀無垢やバーメイルの姿、形は美しい。
ポールポイントには樹脂の首軸やペン先がない。
この時代のデュポンで私が好きになれない部分は樹脂製の首軸やペン先の形。
ボールペンを殆ど使わない私だが、樹脂の部品を使わなくても済むこのS.T.Dupontのボールペンは万年筆よりも…。

ご覧いただいている皆様にはどう映っているのだろうか。
では、画像で。

e0200879_940353.jpg


e0200879_9401320.jpg


e0200879_9402495.jpg


e0200879_941969.jpg


e0200879_9411898.jpg


【 仕様 】
素材:    925スターリングシルバー 
太さ:    7.2mm
長さ:    134.5mm 
重さ:    25g


1970年代後半から1980年代前半の THE PENによれば
価格は、30,000円
ちなみに、その当時モンブラン149は、28,000円 146は、20,000円
[PR]
by fullhalter | 2009-03-19 09:36 | 愛しきものたち(筆記具)

スターリングシルバー万年筆

“愛しきものたち・・・筆記具”S.T.Dupont。
第一回は、その中で私が最も好きなエカイユ。
第二回が、私が毎日連れ歩いているソフトチップペンをボールペンとして使っているスターリングシルバーにエカイユクリップ。

今回、最も好きな???
エカイユが最も好きって言ったじゃないか。何なんだ、と言われそうだが、
子どもが何人もいれば
「一番可愛いのは誰?最も好きな子は誰?」と聞かれたって
「みんな一番可愛いよ。好きだよ。」と、答えるのが当たり前。
それと同じで、エカイユにはエカイユの素敵さがあり、今回のスターリングシルバーにもそれが…。
「モノ好き」が落ちる「落とし穴」。
あれにはあれ。これにはこれの。
そして、世の中からは、奇人、変人だの、道楽者だのと罵られるのである。
ところが、奇人変人、道楽者もしたたか。
「何、ほざいてんだよ。かみさんや子どもにゃ迷惑かけてねぇ~。俺の裁量でやっているんだよ。」
こんなしたたかな方たちが来られることも多く、自信を持って生きる勇気を貰っている私である。
さて、さて、今回のスターリングシルバー S.T.Dupontの万年筆をご覧いただこう。

e0200879_17124012.jpg


e0200879_17125024.jpg


e0200879_1713035.jpg


e0200879_1713939.jpg


e0200879_17132599.jpg


e0200879_17133454.jpg


e0200879_17134245.jpg


【 仕様 】
素材:    925スターリングシルバー クリップのみ青漆
       
太さ:    キャップ…10.5mm  胴軸  …10.3mm
長さ:    収納時 …134.5mm 筆記時…160mm
重さ:    24g


1970年代後半から1980年代前半の THE PENによれば
価格は、63,000円
ちなみに、その当時モンブラン149は、28,000円 146は、20,000円
[PR]
by fullhalter | 2009-03-13 17:11 | 愛しきものたち 

スターリングシルバー万年筆

“愛しきものたち・・・筆記具”S.T.Dupont。
第一回は、その中で私が最も好きなエカイユ。
第二回が、私が毎日連れ歩いているソフトチップペンをボールペンとして使っているスターリングシルバーにエカイユクリップ。

今回、最も好きな???
エカイユが最も好きって言ったじゃないか。何なんだ、と言われそうだが、
子どもが何人もいれば
「一番可愛いのは誰?最も好きな子は誰?」と聞かれたって
「みんな一番可愛いよ。好きだよ。」と、答えるのが当たり前。
それと同じで、エカイユにはエカイユの素敵さがあり、今回のスターリングシルバーにもそれが…。
「モノ好き」が落ちる「落とし穴」。
あれにはあれ。これにはこれの。
そして、世の中からは、奇人、変人だの、道楽者だのと罵られるのである。
ところが、奇人変人、道楽者もしたたか。
「何、ほざいてんだよ。かみさんや子どもにゃ迷惑かけてねぇ~。俺の裁量でやっているんだよ。」
こんなしたたかな方たちが来られることも多く、自信を持って生きる勇気を貰っている私である。
さて、さて、今回のスターリングシルバー S.T.Dupontの万年筆をご覧いただこう。

e0200879_916194.jpg


e0200879_9161388.jpg


e0200879_9162279.jpg


e0200879_9163386.jpg


e0200879_9181528.jpg


e0200879_9182314.jpg


e0200879_9183179.jpg


【 仕様 】
素材:    925スターリングシルバー クリップのみ青漆
       
太さ:    キャップ…10.5mm  胴軸  …10.3mm
長さ:    収納時 …134.5mm 筆記時…160mm
重さ:    24g


1970年代後半から1980年代前半の THE PENによれば
価格は、63,000円
ちなみに、その当時モンブラン149は、28,000円 146は、20,000円
[PR]
by fullhalter | 2009-03-13 09:14 | 愛しきものたち(筆記具)

ソフトチップペン

今週のソフトチップペンはボールペンにして鞄の中に入れ、いつも私と一緒にいる奴である。
銀行、郵便局等々でボールペンを使わなければならない時は、備え付けや差し出されたボールペンを必ず丁重にお断わりし、このボールペンを使っている。
このボールペンには、パイロットの1.6mm(BB)の芯を入れている。
サイズが合わないので、胴軸の中にモンブランボールペンのアダプターを入れ、使っている。
その姿、形、そして書き味、私のお気に入りである。
この時代のS.T.Dupont の筆記具を好きでない部分は、先週も申し上げた首軸の素材とその形状。
万年筆だと首軸とペン先。
ここまで完璧に出来上がっているそのフォルム素材だけに、残念な思いが強くなる。
それでは私が毎日一緒に暮らしているボールペンをご覧ください。

e0200879_15391155.jpg


e0200879_15392092.jpg


e0200879_1539302.jpg


e0200879_1539401.jpg


e0200879_1540780.jpg


e0200879_15401696.jpg


e0200879_1540273.jpg


e0200879_15403651.jpg


【 仕様 】
素材:    925スターリングシルバー
       クリップのみ、エカイユ加飾

太さ:    9.5mm
長さ:    収納時 …134.5mm 筆記時…152mm
重さ:    29g


参考までに当時の販売価格 27,000円
ちなみに、その当時モンブラン149は、30,000円 146は、25,000円
[PR]
by fullhalter | 2009-03-06 15:38 | 愛しきものたち(筆記具)