フルハルター*心温まるモノ

<   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

古山浩一ギャラリー 

1月12日に、古山画伯が“ギャラリー”用として 17点の絵を持って来られた。
それまで壁面に飾られていた絵も殆どが「物々交換」「贈呈」でフルハルターに嫁入りした、古山画伯のそれ。
今まで飾られ、お客様の心を和ませてくれた絵画たちを外すと、店には置く場所がないので、自宅に送るしか方法がなかった。
やっとの思いで19日に外し、梱包して自宅宛発送、直ぐに17点の新しい絵の飾りつけに入った。
作業するまでは、心が重かったが、終えてみるとたいした作業でもなく、心が晴れ晴れとした。
今は、販売出来る「万年筆画」が壁面いっぱいに飾られている。

あなたの部屋に嫁入りさせて、心を和ませて欲しいと願っている。
心のゆとりになれば、幸いである。

e0200879_101451.jpg


e0200879_1015448.jpg


e0200879_102479.jpg


< 50,000円 >
e0200879_102319.jpg



< 35,000円 >
e0200879_103068.jpg


e0200879_1031098.jpg



< 30,000円 >
e0200879_1034610.jpg


e0200879_1035660.jpg


e0200879_1042775.jpg



< 15,000円 >
e0200879_1045246.jpg

[PR]
by fullhalter | 2009-01-30 10:00 | 古山作品  

ペリカン社限定品加賀研出高蒔絵「連獅子」

ペリカン社から大好きな蒔絵万年筆が発売される。
「肉合」という技法の蒔絵。
昨年7月18日にご覧いただいた彫金ライターも「肉合」。
肉彫りと彫金師の方は言っていた。
日本古来の手仕事「蒔絵」、「彫金」ともに最高の技法が「肉合」。
「ししあい」…何ともいい響きである。

ペリカンの蒔絵万年筆は山崎夢舟さんが絵付けをしてきた。
今回はあの夢舟さんの師匠である中村省三さんが絵付けをされた。
私はまだお会いしたことはないが、夢舟さんの話によると、人間的にとても大きい人のようである。

ペリカン蒔絵万年筆は
第一回 『草木兎虫文四季揃』…桜花春蝶・朝顔夏蛍・紅葉秋虫・雪輪冬兎
第二回 『源氏物語』…光源氏・葵の上
第三回 『六瓢 宝尽し』 
第四回 『龍と鳳凰』
第五回 『敦煌天女』…この作品の作者は石蔵慎博さん
第六回 『唐獅子』…これは珍しくフルハルターで販売した唯一の作品で、私も好きである。

今回が第七回で、中村省三さんの『連獅子』。
他には、『旭光 月光』、沈金『桜舞 紅葉』がある。……(2009-01-16)



夢舟さんと電話で話した。
「今回の『連獅子』は、どうなんですか?」
「いや~、大変なんですよ。」
どんな意味で大変なのか素人の私には判らないが、技術的にはとても難しい「肉合」なのかも知れない。
1月20日、撮影の為にペリカン社から『連獅子』が送られてきたので、早速デジカメで撮った。
では、画像をご覧ください。……(2009-01-23)

e0200879_9444596.jpg


e0200879_9445610.jpg


e0200879_945736.jpg


e0200879_9452715.jpg


e0200879_9453938.jpg


e0200879_945536.jpg


e0200879_9462124.jpg


e0200879_9463119.jpg


e0200879_9464136.jpg


e0200879_9465047.jpg


e0200879_947242.jpg


e0200879_9471374.jpg


e0200879_947248.jpg


e0200879_9473317.jpg


e0200879_9474391.jpg

[PR]
by fullhalter | 2009-01-23 09:41 | 限定品万年筆

第三十話 テーブルトップ 

  フルハルター開業15年が過ぎ、16年目に入った。
モンブランの輸入元を1993年8月末で退職した私は、10月30日の開業まで 店のテーブル・椅子・看板・そして奥の作業場の作業台等々を「おんこ(いちい)」で造る作業をしていた。
私にとって「モノ造り」のとても楽しい時間だったことが、昨日のことのようである。

  店の試し書き用のテーブルには、モンブランサービスステーションで使っていたドイツ製の強化ガラスを使っていた。
廃棄することになっていたものを貰い、使っていたのだ。
だが、テーブルは四角形で、ガラスは楕円形。
(このテーブルに合わせた厚いガラスを置きたい。でもなぁ~、高け~だろうな。買えねぇ~な。)と、これまで思い続けていた。

  昨年10月末に来店され、11月初めに取りに見えた方が帰りがけに、
「私、ガラスの仕事をしているんですけど、このテーブルにぴったり合わせたテーブルトップを造りましょうか。」と、言われた。
「開業以来の念願ですけど、高くて私なんかには造れないですよ。」
「こんないい万年筆、ペン先に仕上げてくれたお礼と思って。」
「いや~……。」
言葉が出なかった。
その方は、HPのトップにあるロゴと、店で使っているメモのロゴまで正確に入れてくれると言う。
ご好意に甘えていいか、悩み、心が重かった。
ただ、時間の経過とともに、悩み、重さから少しずつ開放され、嬉しさに変化してゆく己の心に、また悩みもした。

  今年の始業2日目の1月9日(金)に、その方が届けてくださった。
素晴らしい出来である。
15年間の念願が叶ったのである。
この不況の時代、暗い時代、神はいる。
出逢いはどんな時代にもあるのである。
皆さんも逃さず、大切にしてください。
では、念願の神からのプレゼントをご覧ください。

e0200879_9305520.jpg


e0200879_931798.jpg


e0200879_931198.jpg


e0200879_9312982.jpg


e0200879_9314872.jpg


e0200879_9315765.jpg

[PR]
by fullhalter | 2009-01-16 09:27 | 私と万年筆

フルハルターがギャラリーに

昨年10月26日、古山画伯と、画伯がまだ先生だった頃の教え子が来店された。
その方の万年筆の注文の為に。

その時に、古山画伯から
「新宿に面白い店が出来たんだよ。マップカメラの6階にあるキングダムノートっていう店なんだけど、そこに俺の絵を置いて販売することになった。フルハルターの壁面もそうしない?」
「ああ、いいよ。フルハルター古山ギャラリーということだよね。」
…そんな話で2009年、フルハルターの壁面は“古山ギャラリー”に変わる。
いつからかは、はっきり決まっていないが、変わり次第ご報告します。
それに伴い、このHPの“古山ギャラリー”は一月末で閉鎖し、画伯の絵は店で直接ご覧いただくことになります。

では、少しだけ画伯の絵をご覧いただきます。

フルハルター10周年万年筆
e0200879_11534466.jpg


モンブラン繰り出し万年筆
e0200879_1154897.jpg


お客様からのご要望があり、その方の万年筆を描いてもらった。
e0200879_1155143.jpg

[PR]
by fullhalter | 2009-01-09 11:52 | 古山作品  

L. Michael Fultz

10年近く前だったかもしれないが、Dr,K,Kに
「シカゴのペンショーに一緒に行こう。」と誘われた。
英語も出来ず、基本的に海外は余り好きではない私は、
「いや~、私は結構です。」と。
古山画伯からも
「自分自身で経験することで何かが変わり、いい経験になるよ。」とも言われた。
Dr,K,Kこと剣先クラブ創始者の樫本さんは、鳴かず飛ばずの私を見て、先達として救いの手を差し伸べてくれたのである。

ところが、ところがである。
この俺は頑固者というより、変人である。
Dr,K,Kの優しさ、先達として森山をアメリカデビューさせ、少しでも有名にさせてやろうという思いは充分判っていたし、有難いと感謝もしたのだが、有名になどなりたくなかった私は、何度も優しく声をかけてくれたDr,K,K と古山画伯にお断りしてしまったのだ。
私がモンブランを辞めてしたかったことは、使い手に合わせて研ぎ出すことだったから。
それが私にとってベターでなく、ベストだったから。
この不況下、今のベストなフルハルターを何時まで続けられるかは、神のみぞ知る世界ではあるが。

そんな不義理をした私ではあるが、Dr,K,Kは見捨てることなくお付き合いをしてくれている。
アメリカの万年筆の世界に詳しくなられたDr,K,Kのお勧めで購入したのが、7~8年前(?)。
とっても有名な“Fultz”の限定作品が以下の2点。
画像をご覧ください。

e0200879_9143786.jpg


e0200879_914495.jpg


e0200879_915042.jpg


e0200879_91593.jpg


e0200879_9152851.jpg


e0200879_9153964.jpg


e0200879_916151.jpg


e0200879_916131.jpg


e0200879_9173767.jpg


e0200879_9201852.jpg


e0200879_9203595.jpg


e0200879_92139.jpg

[PR]
by fullhalter | 2009-01-09 09:13 | マイコレクション