フルハルター*心温まるモノ

<   2008年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

革小物vol.60“Quartet” 5色

今年から使い始めたイタリア製“ミネルバ リッシオ”は、私のお気に入りである。
1月のオーダーで私の好きなアイテムを各色(5色) 一つずつオーダーした。

私のお気に入りの最大の理由は、その熟成。
既に先週Sting/Papavero 40時間の熟成をご覧いただいた通りである。
今は、Sting/Olivaの20時間の熟成が終わり、あと2週間電車の中で…。
またご覧いただくつもりである。

今週は、Minerva/Quartetの5色をご覧いただく。
価格は、60,000円 (本体価格)

Papavero
e0200879_10255936.jpg


e0200879_10261231.jpg


e0200879_10262141.jpg


Oliva
e0200879_10273083.jpg


e0200879_10274083.jpg


e0200879_1027495.jpg


Grigio
e0200879_10285981.jpg


e0200879_10291190.jpg


e0200879_10292261.jpg


Tabacco
e0200879_1030616.jpg


e0200879_10301747.jpg


e0200879_10303047.jpg


Navy
e0200879_10321578.jpg


e0200879_10322526.jpg


e0200879_10323469.jpg


今週の Quartetに限らず、一つずつ造っていただいたワイルドスワンズforフルハルターのミネルバ製品、
在庫があるものについては販売出来ます。
その後は、基本的には、受注→発注になりますので、お申し付けください。
[PR]
by fullhalter | 2008-05-30 10:24 | 皮革製品

スターリングシルバーバックル 九剣のかたばみ

  久し振りに彫金師の方に仕事をお願いした。
スターリングシルバーのバックルである。
以前「龍」と「唐草」をお願いしたことがあったが、3作目である。
家紋「九剣のかたばみ」
彫金師の方は、
「『剣かたばみ』なら知っているが、『九剣のかたばみ』は知らない。」と言った。
写真を渡して、彫っていただいた「九剣のかたばみ」
スターリングシルバー バックルをご覧いただきたい。

e0200879_103987.jpg


e0200879_1031955.jpg


e0200879_1033265.jpg


  今は漆塗りの為、塗り師のところにある。
済んだら、またご覧いただくつもりである。 
[PR]
by fullhalter | 2008-05-23 10:01 | 愛しきものたち 

革小物vol.58“BIBLE” 専用リフィール”

ワイルドスワンズのシステム手帳“BIBLE”サイズ フルハルターのみならず、多くの方面からの強い要望により造られ始めた。
1月のオーダーで、何人かの方々からご注文いただいた分は、既に使っていただいている。

ミニ六穴「Genesis」の時に、満寿屋の川口さんにお願いしてオリジナルリフィールを三種造ったが、“BIBLE”サイズもまたお願いし、先日出来上がった。
(50枚入り)

二種は同じで、横径だけ ミニ六穴5mmをバイブルは7mmに変更した。
では、画像を。

e0200879_200653.jpg


e0200879_2001629.jpg


e0200879_2002754.jpg


e0200879_2003879.jpg


e0200879_2004716.jpg


e0200879_2005872.jpg


ミニ六穴と比較してください。
e0200879_2013679.jpg


e0200879_2014514.jpg


皆さんも既にご存知のことと思いますが、満寿屋さんは多くの作家達に原稿用紙を供給してきた老舗中の老舗。
そのオリジナルのクリーム紙は、細く書け、裏抜けしにくく、そして薄い。
手帳リフィールとしては、最適の紙。
川口さんとお会い出来てよかった。
これが、縁です。

この縁を取り持ってくれたのが、もの凄くモノに拘る大田区久が原でアサヒヤ紙文具店を営む萩原さん。
ここでは、満寿屋製の紙製品を全て取り扱っている。
紙のことで困った人達のいわば「駆け込み寺」だと、私は思っている。
ペン先調整も出来る人。
そのアサヒヤ紙文具店は店をリニューアルしたばかりです。
いずれ素敵な店を紹介したいと、切に願っています。
[PR]
by fullhalter | 2008-05-16 19:59 | 皮革製品

STATIONERY magazine No.004

「趣味の文具箱」や「万年筆の達人」 「鞄が欲しい」等々で万年筆・文具・革製品の本も出している枻(えい)出版社の清水編集長はじめとする6人の編集部から「STATIONERY magazine No.004」が12日に発売された。
このムックはステーショナリーを幅広く紹介しているので、一冊あれば役に立つ方が居られるのではとの思いで紹介する。

e0200879_953561.jpg


e0200879_954752.jpg


我がワイルドスワンズの製品も紹介されている。
e0200879_9543877.jpg

[PR]
by fullhalter | 2008-05-16 09:52 | ムック本紹介

革小物vol.55“BIBLE”

フルハルター皮革元年に相応しいと思っている、イタリア製皮革 ミネルバ リッシオ。
先週、『Sting』の“papavero”の10時間の熟成をご覧いただいた。
あれから更に10時間熟成させたが、私の思い通り味わいを深めてくれている。
私の選択の正しいことの証明である。

今週は、5種選んだ残り三色
grigio/tabacco/navy の『BIBLE』をご覧いただきたい。
まず、grigioから

e0200879_1423238.jpg


e0200879_1424232.jpg


e0200879_1425665.jpg


次に、tabacco
e0200879_1434280.jpg


e0200879_1435216.jpg


e0200879_144438.jpg


最後に、navy
e0200879_144526.jpg


e0200879_145228.jpg


e0200879_1451347.jpg


イタリア製皮革の双璧、両横綱と呼ばれていると聞く ブッテーロとミネルバ。
そのブッテーロのチョコ。
昨年末鴻野さんが
「この年末、年始に蔵へ行って調べてみますよ。」と言われた。
(宝探し…俺も行きてぇ~)
「森山さん、古いブッテーロのチョコがあるのですが。」
「え、それで造ってくれるんですか。」
「ええ、いいですよ。」で造られたのが「そのブッテーロ チョコ」。
約10年前に仕入れたと聞く。

私自身は、皮革に詳しくはない。
ただ、その道の造り手を何人か知っているし、お客様の中にも もの凄く詳しい人が居られる。
そこからの情報によれば、いい原革を入手するのが、年々困難になっていると言う。
1月のオーダーで そのブッテーロのチョコを何アイテムもお願いした。
また更に、ベルギー製 サドルアップのフルハルターオリジナル ワイン/グリーンの『BIBLE』を 出来ることなら私の記念として造って欲しいと、お願いした。
全て出来上がって来た。
つまり、アイテムによっては、ミネルバ ブッテーロ ベルギー製サドルプルアップ 三種 8色が揃っているのである。

画面からでは 色を正確に伝えることは、不可能である。
既に何かをお持ちの方の参考になるのではと思い、8色の『BIBLE』をご覧いただく。

上: Buttero/チョコ サドル/ワイン サドル/グリーン
中: Minerva/navy Minerva/tabacco
下: Minerva/papavero Minerva/grigio Minerva/oliva
e0200879_1420157.jpg


来週は、約10年前の原皮で造られたブッテーロ チョコの製品をご覧いただくつもりだが、予告の『BIBLE』をご覧ください。
e0200879_1421731.jpg

[PR]
by fullhalter | 2008-05-02 14:01 | 皮革製品