フルハルター*心温まるモノ

<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

王国 vol.4

  ある日、電話が入った。
「40代以上男性向けの雑誌なのですが、使い手の立場で万年筆にこだわっている人の取材をしたいのです。島田さんに連絡をしたいと思っています。いかがでしょうか?」
この電話の主は、「日本産万年筆型録」で3年前に取材を受けた女性ライター 師走ココノカこと、山崎真由子さん。
島田さんは、超巨大企業に勤務している。
山崎さんは前回の取材の時に、何人かのフルハルターのお客様にも会っていた。
そのお客様の中で、島田さんに取材をしたいと思ったのだろう。

私が万年筆の業界でお世話になって30年。
その30年の中で、この業界の人、そして私が今までお会いした人の中で、最も私の仕事に合っていると思っている方である。
万年筆の知識だけでなく、時計やライター、そして今フルハルターで扱っている皮革にも、もの凄く詳しい。
何より異常なほどのモノ好き。
私の周りにはモノ好き、モノへの知識が豊富な人が多い。
(単純な私は、そんな人を仲間と勝手に思ってしまう。)

山崎さんとカメラマンの方が島田さんの自宅を訪ね、取材した。
その後、3人でフルハルターに来られ、店と私まで撮影されてしまった。
一緒に来られたカメラマンの方のこだわりが凄く、デジタルカメラは使わず、従来のフイルムカメラ一本と言う。

フルハルターHP担当の女房がこの写真を見て、
「とってもいい写真」と絶賛し、皆様にも見ていただきたいと思い、臨時の更新となった。
では、(株)ベースボール・マガジン社「王国」vol.4.の一部をご覧ください。

e0200879_14533486.jpg


e0200879_14534479.jpg


e0200879_14535321.jpg


e0200879_14542100.jpg


e0200879_14541338.jpg


さっ、店じまい、店じまい。
「ちょっと一杯、飲っていこうか」

「こら!山崎 何で判るんだ。」
判る筈である。
一杯飲らずに帰る訳がないのだから…。
この夜は、黒の革靴を買う為に、島田さんがよく知っている店に連れて行っていただいた。(以前から島田さんにお願いしていた。)
その後は、お察しの通り。
生きていて良かったと実感したひと時を過ごした。

9月19日発行 800円(税込み)
[PR]
by fullhalter | 2007-09-28 14:52 | ムック本紹介

『ペン!ペン!ペン!ファウンテンペン!』

  万年筆好きの集い「WAGNER」、月一回の定例会、そしてそれに飽き足らず裏の会として月二回の濃い集いがWAGNERである。
そのWAGNERから多くの会員の万年筆に対する熱い想いが綴られた本、『ペン!ペン!ペン!ファウンテンペン!』が9月27日に発売される予定である。

枻(えい)出版社から古山画伯の『万年筆の達人』、『万年筆クロニクル』に続く、第三弾とも言える万年筆本だと、私は思っている。
この本を作り上げたのが、編者 足澤公彦さん。
では、とりあえず画像をご覧ください。

e0200879_14485887.jpg


e0200879_1449812.jpg


e0200879_14492333.jpg


e0200879_14493280.jpg


私自身、WAGNERの多くの会員の方と面識がある。
その中で、10年くらい前から会うのを楽しんでいる男の原稿も掲載されている。
司法試験に挑んでいる時だったが、
「森山さん、いつでも留守番しますよ。」と、よく店に遊びに来ていた。
私は「頑張れ!」と、心の中で応援していた。
今は立派(?)な弁護士。
いい男である。
祖父から贈られたモンブランソリテールNo.1468を書いている。
では、その男の頁の画像を。

e0200879_1450562.jpg

[PR]
by fullhalter | 2007-09-21 14:47 | ムック本紹介

『趣味の文具箱 vol.8 』

今では完全に定着した万年筆ムック、『趣味の文具箱 vol.8』が19日に発売された。

今回vol.8の「万年筆を知る」の取材のために、編集部の方4人とお話しした。
8号までよく続いたものだと、ネタがあったものだと思い、正直なところ感心している。

今後も、まだまだ、続きそうです。
清水編集長はじめ、編集部の皆さんにエールを送ります。

e0200879_14394222.jpg


e0200879_14395850.jpg

[PR]
by fullhalter | 2007-09-21 14:38 | ムック本紹介

ル・ボナーペンケース



 神戸 革職人“ル・ボナー”の松本さんが革職人“TAKUYA”さんとともに、9月14日訪ねてくださった。

主たる目的は判っていた。
私自身がこのHPを好きになり、自信を持ったきっかけを作ってくださったDr.K.K。
その樫本桂三さんが全てを注がれて造られた「Kensaki」万年筆の調整の依頼の為である。
樫本さんが松本さんに「Kensaki」を贈られた時の条件が、
「必ず、フルハルターで調整すること」だったようである。

“ル・ボナー”の松本さんのことは、いろいろな方から聞いていた。
作品を拝見したこともあった。
私自身お目にかかるのを、とても楽しみにしていた。
短い時間だったが、楽しかった。
またお目にかかり、じっくり話しをしてみたい方。
職人仲間が増えた。
古山画伯、樫本さんに感謝である。

その時にいただいた“ル・ボナー”のペンケース。
松本さんの剣先万年筆とともにご覧ください。

e0200879_12242418.jpg


e0200879_12243448.jpg


e0200879_12245133.jpg

[PR]
by fullhalter | 2007-09-21 12:23 | 私の好きなもの

 夏休みに入った9月4日 自宅近くの、古くからの知り合いを女房と訪ねた。
新しく造った事務所に入るのは、私ははじめてだった。
ドアを開けると正面に、古いトランクが大小合わせて三つ置かれていた。
木の温もりのある、落ちついた雰囲気の事務所。
カウンターも一枚板。
そんな事務所に置かれた古いトランク…。

「これ、どうしたんですか?いいなぁ~。」
「最近、知り合いが古いモノを扱う店を出したので、主人がお付き合いで買ったの。」
「じゃ~、これから行ってみます。」直ぐにその気になった私に、
「本当にこれから行くの?私も?」という気乗りのしない女房を、無理矢理同行させた。

着いてみると、そこは思った以上に広い店だった。
あるわ。あるわ。古~いモノばかり。
火鉢もあれば、カメラも…。
種類を選ばず、古いものばかり。
この店は危ない。
使わないモノ、使えないモノまで買ってしまいそう…。
「シンプルに暮らしたい」が口癖の女房は、「また病気がはじまった」という顔をして、横で溜息をついていた。
それを全く無視して、10個程あるトランクを見ることにした。
その中から、何故なのか自分でも判らないが、どでかいトランクを選んだ。
もっと小さいモノが欲しかったが、既に売れてしまったとのこと。

とりあえず画像を。
因みに、大きさは 60cm×35cm×17cm である。

e0200879_11293863.jpg


e0200879_11295423.jpg


e0200879_11302082.jpg


e0200879_11303145.jpg


e0200879_11304119.jpg


このトランクが目的だったのだが、また余計なモノが目の端に入ってきた。
ショルダーバッグである。
「これ高いですよね。」
店にいた人は、店主に電話で聞いてみると言い、
「あ~、これはスペインの高級靴を造っているメーカーのバッグということらしいので。」と答える。
「これは、未使用品でしょうか?」
「かもしれないですね…。」
などなど、判ったような判らないような、いい加減な会話をしながら、買ってしまったショルダーバッグもご覧ください。

e0200879_11312849.jpg


長い間、店にあった跡が残っている。
e0200879_11313760.jpg


e0200879_11321976.jpg


e0200879_11323480.jpg


e0200879_1133364.jpg


e0200879_1133142.jpg


「こんな汚いトランクどうするの?店に置くにはいいかもしれないけど。」
「店には置く場所ないなぁ~。」
「じゃ~、家に置くの!」
「置くしかないだろう…。」

ということで、今は玄関のチェストの上に、先週ご紹介した「飛鳥Ⅱ」とともに置いてある。
(今までチェストの上にあった比較的大きな花瓶三つをどこにしまうか、女房は凄く悩んでいた。)
でも、この汚いトランクを持って飛鳥Ⅱで世界一周も出来ないだろうし…。
飛鳥Ⅱが似合うと言えば、Fugeeさんが造ったトランクぐらいだけど、どちらも夢のまた夢。
寅さんみたいに、このトランクで全国行商回るか…。
[PR]
by fullhalter | 2007-09-14 11:28 | 私の好きなもの

飛鳥Ⅱ模型

  知人からとても味わいのあるものをプレゼントされた。
ひとつは、郵船クルーズ所有「飛鳥Ⅱ」の金属製手造り模型である。
もうひとつが、「SCOTCH LOWLAND MALT」の「AUCHENTOSHAN」ミニボトル。
パッケージの色、ラベルがとっても魅力的。
では、それぞれの画像をご覧ください。

e0200879_10243920.jpg


e0200879_10245718.jpg


e0200879_1025951.jpg


e0200879_10252168.jpg


e0200879_10253521.jpg


e0200879_10255222.jpg


e0200879_1026794.jpg


e0200879_10261793.jpg

[PR]
by fullhalter | 2007-09-07 10:23 | 私の好きなもの