フルハルター*心温まるモノ

<   2007年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ペリカン No.101N

ペリカン101N トートイズ。
いい万年筆ですね。
大好きです。

万年筆の完成度としては、モンブランの1960年代に造られたNr.74が最も優れていると私が思っていることは、何度か申し上げた。
姿・形・色・柄では、このペリカン101N トートイズが抜きん出ていると、私は思う。
賛同していただける方も多い筈である。

今から4年前の5月にこのHPで、「ペリカン茶縞復活嘆願について」として署名活動をした。
憶えている方も居られるかもしれない。
74名の方々からメールでの嘆願書をいただき、2003年5月12日に画像とともにペリカン日本に提出した。
あれからど~なっているのだろうか。
この更新、ペリカン日本の方は見ているのだろうか。
また造ろうという空気が少しでもペリカン社にあるのであれば、私と皆さんの行動には意味があったことになるのだが。

私は今造られているモノの中でお勧め出来るモノのみを販売している。
新製品の開発や名品と言われているモデルの復刻に係わることを良しとはしていない。
何故なら、それは造り手、メーカーがやらなければならないことだからである。
万年筆に対する思いが強い造り手が居れば、心の内から
「こんなの造りて~」という思いが自然に沸いてくる筈である。
自分が一生をかける仕事だから。
一方で万年筆の業界に限らす、強い思いのある人間が時間をかけ、その思いを実現出来る時代では残念ながらないのも事実。
そんな時代だから、係わっても中途半端になる可能性が高いから、強い思いを持ち、係わることが怖い、辛いのである。
どこかのメーカーで、
「万年筆好きの皆さんを唸らせる奴を造りたいので参加してくれと言ってくれないだろうか…。」と、淡い期待もしているのだが。

では、画像をご覧いただきたい。

e0200879_11313939.jpg


e0200879_11315189.jpg


e0200879_1132144.jpg


e0200879_11322356.jpg


e0200879_11323224.jpg


e0200879_11324135.jpg


e0200879_11325077.jpg


e0200879_11325932.jpg


いいでしょう。
3月23日に続き、2本目ですが、来週(?)か、いつの日か、3本目もご紹介しますね。
[PR]
by fullhalter | 2007-06-29 11:30 | マイコレクション

一位のボールペン

  世の中には趣味でいろいろなことをなさっている方が居られることは、知っているつもりだった。
富士市に住むお客様は「木の加工」を趣味になさっていた。
ご注文の為のご来店時に、アメリカからキッドを輸入し、ご自分で作られた木軸の万年筆・ボールペン・ペンシルを連れてきてくださった。
その時、木のことをいろいろお話しした。
フルハルターのテーブル・椅子 そして看板等全て一位の木(北海道では「おんこ」と呼ばれている)の手造りであることも。

  先日ご注文のペリカンを連れにいらした時に、
「一位でボールペンを造りましたので、貰ってください。」
思いもしなかったプレゼントである。
驚きと嬉しさが今でも交錯している。
このボールペン、どんな変化をしてくれるのだろう。

  店のそれぞれは色が濃くなり、深い味わいを増し、私は凄く満足している。
このボールペンも必ず熟成してくれる筈であることを、確信している。
また皆様にご覧いただける日が来るのを楽しみにしている。

e0200879_1651232.jpg


e0200879_16511228.jpg


<同じ一位の木の上での撮影>

e0200879_16512240.jpg


e0200879_16513181.jpg


e0200879_16514448.jpg


e0200879_16515734.jpg


  ありがとうございました。
大切に使います。
ただ、芯は私が最も好きなパイロット1.6mmに早速変え、使っていきます。
[PR]
by fullhalter | 2007-06-22 16:49 | 職人の仕事

「STATIONERY magazine No.003」 

古山画伯から
「万年筆の達人の第二弾が出るんだけれど、絵が多くて大変なんだよ。」と聞いていた。
日本一のコレクター、すなみまさみち氏との共著であると言う。
どんな本になるのか楽しみにしていた。

先日発売された枻(えい)出版「STATIONERY magazine No.003」を見ていたら、その本の案内が出ていた。
「万年筆 クロニクル(年代記)」として7月26日発売されるとのこと。
価格は3,200円(税込み 3,360円)、「万年筆の達人」と同じだが、どうもページ数もカラーの絵も多くなるらしい。
詳しくは、判り次第、HPでご紹介しますが、その内容を少しだけご覧いただきます。

e0200879_13524654.jpg


e0200879_1353647.jpg


e0200879_13541450.jpg


e0200879_13543574.jpg


e0200879_1355854.jpg


e0200879_13553228.jpg


e0200879_13554970.jpg


e0200879_13555894.jpg

[PR]
by fullhalter | 2007-06-22 13:51 | ムック本紹介

ペリカン社『エボリューション・オブ・スクリプト』 

ペリカン社から限定生産品「エボリューション・オブ・スクリプト」がまさに今発売された。
今回のモデルは、「文字」がテーマである。
約2万年前に始まる洞窟画・古代エジプトの象形文字・メソポタミアの楔形文字、そしてギリシャ文字をキャップ・胴軸にそれぞれ配したモデルである。

今回の「エボリューション・オブ・スクリプト」のペン先はM800ベース
価格が220,000円(本体価格)で、マルガリータと同じ。重さは52グラム。
では、画像をご覧いただこう。

e0200879_1312021.jpg


e0200879_1313052.jpg


e0200879_1314249.jpg

[PR]
by fullhalter | 2007-06-15 13:00 | 限定品万年筆