フルハルター*心温まるモノ

<   2006年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

乾漆香合 『石の上にも・・・』

久し振りの「夢舟の作品達」である。
何せ、塗っては乾かし、研ぐ。
塗って、蒔いて、乾かし、研ぐ。
その繰り返しである。

そんな作品を、毎週紹介出来る筈がない。
時間のかかる、手を抜くことが出来ない仕事である。
どんどん造ってしまう作者なら、このサイトで紹介する筈もない。

では、久し振りの「夢舟の作品達」
乾漆香合「石の上にも・・・」をご覧ください。

e0200879_1321925.jpg


e0200879_1322987.jpg


e0200879_1324278.jpg


e0200879_1325475.jpg


e0200879_133412.jpg


【 作者の言葉 】
岩の部分は乾漆づくりで、カエルは木彫りし、下地、上塗りを重ね蒔絵をし、仕上げたものです。
この蛙は、自分にみたてて、石の上にも三年という言葉があるように、今まさに飛び立とうとしている所を表現したものです。

[PR]
by fullhalter | 2006-09-29 13:00 | 夢舟の作品達

パーカー「デュオフォールド クロゾワネ」

10年程前だったと思うが、パーカーから限定品として『マンダリンイエロー』が発売された。
私自身は黄色という色が好きではなかったが、この『マンダリンイエロー』の黄色はとても気に入ってしまった。
1926年にパーカーさんが日本を訪問された時に七宝焼きの花瓶を気に入られ、その色を表現したのが、1927年に発売した『デュオフォールド マンダリンイエロー』である。
その復刻が先の限定品『マンダリンイエロー』である。
私が気に入ったのは元々日本の色だったということを後に知り、「当たり前か」と、思ったものだった。

さて、今回の『クロワゾネ』も 3,900本の限定(前回の『マンダリンイエロー』は、10,000本)で造られるマンダリンイエローである。
では、早速パンフレットの画像をご覧いただきたい。

e0200879_11294410.gif


製品名: ● デュオフォールド クロワゾネ リミテッドエディション センテニアル万年筆
価格: \88,000 (本体価格)
万年筆ペン先: 18金 エクストラポリッシュドニブ プラチナプレート装飾仕上げ
ペン先サイズ: M
ボディ/キャップ: アクリライト切削成型仕上げ
クリップ/トリム: コッパーベース23金ゴールドプレート仕上げ
機能: 万年筆:カートリッジ、コンバーター両用
サイズ: 長さ:174mm/軸径:13mm/重さ:29g *キャップをボディエンドに取り付けた状態

ほぼ同じ仕様のように思うが、以前の限定品『マンダリンイエロー』を、私が撮った画像でご覧ください。

e0200879_11305342.jpg


e0200879_1131322.jpg


e0200879_11311536.jpg


e0200879_1133090.jpg


e0200879_11331296.jpg


この画像では一番下のロゴ部分の色合いと上の全体の色合いが大分違う。
私の画面の色合いで申し上げると、丁度中間的な色合いが「本物の色」に近いと思う。
いずれにしても、気品ある黄色だと、私には感じられるのだが。
[PR]
by fullhalter | 2006-09-15 11:27 | 限定品万年筆

ペリカン社世界の史跡シリーズ「グランプラス」

ペリカン社は、600ベースのワンタイムエディション<世界の都市シリーズ>8種に続き、<世界の史跡シリーズ>を造っている。
<世界の史跡シリーズ>は、イタリア 『ピアッツァ ナヴォーナ』/フランス 『コンコルド』/イギリス 『ピカデリーサーカス』が既に販売された。

今回販売された第四回は、ベルギー 『グランプラス』。
芸術家ジャン・コクトーが「世界で最も美しい劇場」と評したそうである。

e0200879_13593938.jpg


e0200879_13595031.jpg


e0200879_140212.jpg


e0200879_1401456.jpg


e0200879_1402758.jpg


『グランプラス』は、<世界の都市シリーズ> 『サンフランシスコ』と同様1本、1本柄が違うと私は思っている。
好みが分かれる模様・柄ではないかと私は思うのだが、いかがだろうか。

価格
万年筆:   42,000円
ボールペン: 25,000円
ローラー:  25,000円 (本体価格)
[PR]
by fullhalter | 2006-09-08 13:56 | 限定品万年筆