フルハルター*心温まるモノ

<   2006年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

モンブランNo.1266 

1970年から造られたモンブランの万年筆 No.1266は、素材がスターリングシルバーにロジウム(プラチナ属)コーティングが施してある。

1970年はじめにオーストラリア旅行に出た叔母夫婦が、万年筆好きの私に土産として買って来てくれたモデルである。
純度1000分の925、つまり、92.5%が銀というスターリングシルバー軸と聞いた私は、即座に「嘘だ」と思った。
銀は柔らかく、優しい光を放つ筈なのに、これは硬く、冷たい光を放っていた。

かねがね嘘だと思っていた私は、モンブランの輸入元に入社してから、壊れたパーツ(交換した後に捨てる)をヤスリで削ってみた。
「え~、あぁ~、銀だ!」素材としての銀が、こんなに素敵なのに、何故ロジウムで囲わなくてはいけないのか、当時の私には全く理解出来なかった。

銀は色が変わる。
これが、世の中の一部の僅かな人々(?)に、嫌われてしまう理由だ。
「何で、こんな高価なモノが汚く、黒くなるんだよ。」と思う人が居るのだろう。
その結果、売り場でクレームになる。
本来クレームになる種類ではないのだが、日本のマーケットはお客様が強い。
おそらく、そのクレームから回避する為に、プラチナ属をコーティングして販売することになったのであろう。

このサイトをご覧の多くの皆様に、ご賛同しただけると確信しているのだが、
「銀は銀。そのままにして売れ~。売ってくれ~。」こうお願いしたい。

私がお勧めしているペリカンも、スターリングシルバーにロジウムコーティング、またファーバーカステルもシルバーコーティングからプラチナコーティング。
個人的にも、もの凄く残念なことである。
私の持っているファーバーカステルのペルナンブコは、シルバーコーティングである。
これは以前、知人から
「今、シルバーコーティングのペルナンブコ ネットで買えるよ。」と言われ、入手した可愛い奴である。

現在楽しみにしているファーバーカステル マンモスアイボリー&エボニーもプラチナコーティング。
これが銀だったらと、無いものねだりの思いが強い。

さて、さて、モンブランNo.1266であるが、これからご覧いただくペン先は、1970~71年(?)に造られたモデルである。
では、画像をご覧いただこう。

e0200879_9573181.jpg


e0200879_9574071.jpg


e0200879_9575147.jpg


e0200879_958127.jpg


e0200879_9582275.jpg


e0200879_9583952.jpg


【 製品仕様 】
キャップ・クリップ・胴軸・尻軸: スターリングシルバー/ロジウムプレート
インク方式: ピストン吸入式
ペン先: 18金 ロジウムプレート
太さ: 最太部 11.7mm
長さ: 収納時 135.4mm 
筆記時 147mm
重さ: 24g

■ 製造年代:  1970~1975年
■ 最終販売価格: 34 ,500円 (1975年1月)
[PR]
by fullhalter | 2006-03-31 09:55 | マイコレクション

羊皮紙


「森山さん、先日1654年に書かれた羊皮紙を骨董屋で入手したんですけど、見ます?」
お客様からこう言われ、聞いたことはあったが、羊皮紙というものをこれまで目にしたことがなかった私は、是非見てみたいと思った。そう言うと、
「じゃ~、今度持って来ますよ。」
この機会に貴重な羊皮紙をHPでも紹介したいと思い、デジカメで撮影させていただくことになった。

数日後のメールで、3月13日にいらしてくださるとのこと。
当日は、デジカメ、大正末期の布を持参して、お待ちした。
店の表通りで撮影した羊皮紙をご覧いただきたい。

羊皮紙そのものの、時を経た風合い。
インクの色。
そして、文字の美しさ。

画面上で表現出来ているのか不安だが…。

e0200879_9462120.jpg


e0200879_9463780.jpg


e0200879_9465854.jpg


e0200879_94796.jpg


e0200879_9472291.jpg


e0200879_9493873.jpg


e0200879_9494767.jpg


e0200879_9501682.jpg


e0200879_9502512.jpg

[PR]
by fullhalter | 2006-03-24 09:45 | 私の好きなもの

ファーバーカステル社マンモスアイボリー&エボニー

私が最も優れた、否最も好きな、完成されたデザインだと思っているファーバーカステル。
そのファーバーカステルが2003年から造りはじめた<ペン・オブ・ザ・イヤー>。
2003年 スネークウッド 
2004年 琥珀
2005年 ガルーシャ
そして、今年2006年が、『マンモスアイボリー&エボニー』。

私は、『スネークウッド』が一番好きだった。価格は15万円。
『琥珀』・『ガルーシャ』は、その倍の30万円。
この三種の内で、私が好きな熟成してくれる素材は、『スネークウッド』であり、しかも他の三種の半額(半額と言っても15万円ではあるのだが)。

2006年は、『マンモスアイボリー&エボニー(黒檀)』である。
その情報を聞いたとたん、私の心は騒いだ。血も騒いだ。
けれど、実際に、自分の目で確かめないと納得は出来ないと思った。
目にするまで、私にとっては、一日千秋の思いであった。

「『スネークウッド』と、どっちが…。でも、『琥珀』、『ガルーシャ』が30万円だったし。40万円とか、50万円とか言うんじゃないか…。」
ところが、良い意味での期待を裏切り、価格は27万円だった。

実際に手にとって、見て、惚れた。
「好きだ。」
でも、27万円だぞ。

息子はスネークウッド大好き人間である。
その息子がはじめは、
「やっぱり、『スネークウッド』のほうがいい。」と言い、私は、
「家に置いておくから、時々見たらいいよ。」と言った。
数日後、息子は使ってゆくと、良くなっていきそうだと言った。
私は『スネークウッド』は手の脂をすって黒くなっていきそうだけど、『マンモスアイボリー&エボニー』は、深い味わいになってゆくと、思っている。
この原稿を書いている26日、息子と、朝4時から2時間も『マンモスアイボリー&エボニー』の話…。
家では、絶賛である。

では、画像をご覧いただきたい。

e0200879_1214855.jpg


e0200879_12141718.jpg


e0200879_1214263.jpg


e0200879_12143729.jpg


e0200879_12145965.jpg


e0200879_1215782.jpg


e0200879_12151687.jpg


e0200879_12152537.jpg


e0200879_12153416.jpg


e0200879_12155677.jpg


* FABER-CASTELL 限定品 マンモスアイボリー&エボニー万年筆(M・B): 270,000円 (本体価格) *

【 仕 様 】
太さ: キャップ16.0mm 胴軸14.0mm
長さ: 収納時136.7mm 筆記時180.0mm
重さ: 70g
インク方式: ピストン吸入式
ペン先: B(細くはBからの研ぎ出し)
[PR]
by fullhalter | 2006-03-17 12:12 | 限定品万年筆

AURORA85周年記念万年筆<マザー・オブ・パール>

アウロラ創業85周年万年筆<マザー・オブ・パール>
これだけ太い軸を無垢財から削りだして造られた万年筆が未だ嘗てあっただろうか…。

私はコレクターではない。
だから、古い万年筆だけではなく、最近の万年筆であっても知らないモノは多い。
この「マザー・オブ・パール」が本体180万円で、「こんな高い万年筆は他にないだろう。」と思っていたのだが、枻(えい)出版社 『趣味の文具箱vol.5』によれば、200万円を超える万年筆達も製造されるようだ。

1992年 モンブラン限定品以来、プレミアがつく万年筆、そしてもの凄く高価な万年筆が発売されるようになったような気がする。
今回の「マザー・オブ・パール」に会えることは、天然無垢好きな私にとって、とても楽しみなことだった。
無垢の貝からの削り出しに全て18金ローズゴールド無垢のリング・クリップ。
会えて、良かった。
その良さが伝わるか心配だが、画像をご覧ください。

e0200879_11262680.jpg


e0200879_11263892.jpg


e0200879_11264898.jpg


e0200879_1126593.jpg


e0200879_11272192.jpg


e0200879_11273117.jpg


e0200879_11274116.jpg


e0200879_11275314.jpg


e0200879_1128432.jpg


e0200879_11281374.jpg


e0200879_11282322.jpg


e0200879_11284734.jpg


e0200879_11285764.jpg


e0200879_1129638.jpg


e0200879_1129153.jpg


写真撮りをしている時、長男が、
「マザー・オブ・パール、見れば見る程いいね。」と言っていた。
天然の無垢財はいいですよね。
首軸・クリップ、そしてリング達も、18金ローズゴールド無垢。
マザー・オブ・パール無垢には、18金無垢がよく似合っている。

番号「7」は、3種セットで、本体価格: 205万円
(マザー・オブ・パール: 180万円 レッド 万年筆: 15万円 レッド ローラーボール: 10万円)での販売である。

それぞれの重さは、
マザー・オブ・パール: 72グラム
レッド 万年筆: 41~42グラム
レッド ローラーボール: 43グラム

e0200879_11306100.jpg

[PR]
by fullhalter | 2006-03-10 11:24 | 限定品万年筆