フルハルター*心温まるモノ

<   2005年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

モンブラン No.22 

今回のモンブランNo.22は、先週のNo.24と全く同じデザインの“ちっちゃなサイズ”。

このHP<私と万年筆>第一話―万年筆との出会い― でも申し上げたが、私が万年筆好きになったきっかけは高校生の時に亡くなった兄が持っていたパイロットの“ちっちゃな奴”だった。おそらくテコ式の時代ではないかと思うが、昭和の20年代後半、私が小学生の時の奴である。
このHPをご覧いただいている方々にはお判りいただけると思うのだが、
「何で好きになったの?」などと問われても、
「そんなの理屈ではないよ。何だか判らないけれど、心が惹かれたんだよ。」である。

その後始めての自分の万年筆は、昭和36年高校入学時に父に買ってもらったパイロットのスーパー1,500円の奴だった。
自分の小遣いで対になる0.9mmペンシル500円も求め、今でも大切に保存している。

高校時代パーカーだ、ウォーターマンだ、シェーファーだと友人達が語っていたが、その当時はドイツのモンブラン、ペリカンは余り話題にはのぼらなかった。
やはり敗戦国であったドイツのモノよりは進駐軍と一緒にやってきたアメリカのモノが主流だった。

昭和の30年代の終わり、その意識を完璧に覆す出来事が…。当時切手を集めていた私は東京の中央郵便局を訪れていた。その時である。ある女性が葉書を書く為なのか、ご自分のバッグからハンカチで丁寧に包まれたものを取り出した。美しい女性だから惹かれたという訳でない、その方の顔を憶えていないくらいだから。ただ、もの凄く大切に扱うその女性の仕草に惹かれたのである。

じっとその仕草を見つめていた私の目に「モンブラン」が現れた。ハンカチに包まれた中味はモンブランであった。ものを大切に扱う女性とそんなに大切にされている「モンブラン」。私の心に強烈につきささった瞬間である。そのモンブランが今回紹介するNo.22である。その女性が持っていた赤軸である。

では、モンブランNo.22の画像をご覧ください。

e0200879_1028461.jpg


e0200879_10281556.jpg


e0200879_10283715.jpg


e0200879_1028559.jpg


e0200879_1029910.jpg


【 製品仕様 】
キャップ・胴軸: 樹脂
クリップ: 金張り
ペン先: 14金
太さ: キャップ:13.0mm 胴軸:11.8mm
長さ: 129.7mm 筆記時:142mm
重さ: 14.4g
インク吸入量: 1.4CC
ボディの色: 黒・赤・緑・灰

■ 製造年代:  1960~1969年
■ 最終販売価格: 8,000円 (1975年2月)
[PR]
by fullhalter | 2005-05-27 10:27 | マイコレクション

大棗 『秋草蒔絵』

今週の夢舟さんの作品も既に販売された作品である。
平成7年6月の作品で、大棗『秋草蒔絵』である。

では、画像をお楽しみください。

e0200879_1085918.jpg


e0200879_109107.jpg


e0200879_109227.jpg


e0200879_1093488.jpg

* 大きさは直径: 7.0.cm 高さ:7.5cm


【 作者の言葉 】
秋はお茶会が盛んに開かれますので、定番の菊とすすきを描きました。
この頃は茶道具中心の仕事をしていましたので、草花や季節を感じさせる物を多く描いていました。

[PR]
by fullhalter | 2005-05-27 10:08 | 夢舟の作品達

モンブラン No.24 

1960年代製造のモンブラン「マイコレクション」は 14金無垢の90番台から始まり、総金張りの80番台、キャップのみ金張りの70番台、そして前回までの10番台。
それぞれの万年筆・ペンシル・ボールペンがあり、全てではないが紹介してきた。

今回から20番台で、これまでの万年筆との違いは、ペン先が18金が14金であり、ボディ中程の透明リングが黄色から青色で、尻軸に金リングが入っていない。

今回のNo.24は、No.14と同じバランスの製品である。
1960年代に製造されたモンブランは全てペン先が柔らかいと思っておられる方が多いようだが、ペン先が18金・14金、また4番系の大きいサイズ2番系の小さいサイズで際立った特徴があるかと言うと、一概には言えない。

Schooner の皆さんに限らず、万年筆好きの方々の多くは腰の柔らかい弾力のあるペン先を好む。
その理由は、使い慣れてくると、無駄な力を入れずに道具を使うことが出来るようになり、力を入れないと柔らかいペン先をうまく使えるようになる。どんな道具でもこれは全ての道具に言えることで、無駄な力を抜いて使えるかが最大のポイント。
慣れていないと万年筆を握る力が強くなり、必然的に筆圧が強くなる。
従って、腰の柔らかいペン先を使うと、EFのペン先がその筆圧で開いてしまい、Mや、ややもするとBではないかという太さで書けてしまう。
更にペン先が開くとポイントの方向へ向かって引っ張っていかれていたインクがボディ方向へ戻り、インク切れを起こす。
筆圧の強い方はペン先の腰の強い、硬いペン先でないと使いこなせないケースが多い為、近年のペン先はメーカーを問わず硬いペン先にするしかない状況と、私は考えている。

このNO,24が造られた1960年代の製品だと現在のペン先に比べ総じて腰が柔らかい。
その柔らかさを受け入れる、使いこなせる人が多かったということであろう。
ただ、60年代のモンブランだからと言って全てが柔らかい訳ではないし、個体差がある。
60年代前半と後半ではその柔らかさが硬くなってきた。
繰り返し申し上げるが、ペン先自体の個体差は大きいのである。
ペン先の柔らかさを求めている皆さん、しっかりと心に刻んでおいてくださいね。

では、モンブランNo.24の画像を。

e0200879_1712513.jpg


e0200879_17121525.jpg


e0200879_1712291.jpg


e0200879_17123957.jpg


【 製品仕様 】
キャップ・胴軸: 樹脂
クリップ: 金張り
ペン先: 14金
太さ: キャップ:13.5mm 胴軸:12.2mm
長さ: 136.3mm 筆記時:153mm
重さ: 16g
インク吸入量: 1.8CC
ボディの色: 黒・赤・緑・灰

■ 製造年代:  1960~1969年
■ 最終販売価格: 10,000円 (1975年2月)
[PR]
by fullhalter | 2005-05-20 17:10 | マイコレクション

平棗 『烏瓜蒔絵』

今週の夢舟さんの作品も先週お伝えした通り、既に販売された作品である。
金沢のホテルに展示する為に、持ち主からお借りしたものを撮影した。

さて、今回は平棗 烏瓜(からすうり)蒔絵で、平成7年5月の作品。
では、画像をお楽しみください。

e0200879_16574414.jpg


e0200879_1657551.jpg


e0200879_1658570.jpg


e0200879_16581488.jpg

* 大きさは直径: 8.0.cm 高さ:5.5cm


【 作者の言葉 】
実際に花と実は一緒に実らないのだが、あえて一緒に描き華やかさを出してあります。
花は夕方暗くなってから開花し人目につきにくく、静かに咲きます。
赤いつやつやとした実を下げますが、食用にならない瓜でカラスが食べるだろうとされてついた名前だと聞いています。

[PR]
by fullhalter | 2005-05-20 16:56 | 夢舟の作品達

大棗 『遠山蒔絵』

「夢舟の作品達」は今回からしばらくの間既に販売された作品をご覧いただく。
現在、金沢のホテルで夢舟さんの作品が展示されているのだが、その展示の為に持ち主からお預かりしている作品達である。

その1回目は、大棗『遠山蒔絵』 平成7年4月の作品である。

e0200879_1358747.png


e0200879_13582156.jpg


e0200879_13583531.jpg


e0200879_13584957.jpg

* 大きさは直径: 7.5.cm 高さ:7.5cm


【 作者の言葉 】
昔から使われる図案で蒔絵では定番の絵柄です。
これはすべて研ぎ出しであり失敗が許されない作品です。
見た目はとてもシンプルなのですが、神経の使う作品です。
内は銀平目梨地がしてあります。

[PR]
by fullhalter | 2005-05-13 13:56 | 夢舟の作品達

モンブラン No.18 

1960年代のモンブラン 最後はボールペン No.17 No.18である。
No.78でも申し上げたが私は基本的にはボールペンは好きではない。
その理由は筆圧を強くかけないと、書けないからである。
しかし宅配便の送り状は複写式。万年筆では用を足さないのでボールペンを使うしかない。
少しでも使いやすい、書きやすいボールペンを探すことになるのだが、ボール径の大きい、つまり極太の芯を使えば滑らかな書き味を得ることが出来る。その結果私はパイロットの1.6mmボールペンを使っている。
またボディの太さは余り太くないほうがよいと思っている。
その理由は筆圧を強くしないと書けないということは指の握りも必然的に強くなる。
太い軸を強く握り、書き続けることは疲れを更に増すと、私は思うからである。

今回のNo.17 No.18のボールペンはレバーノック式。
そして軽く、太くはなく、ある種理想的なボールペンである。
芯を出したまま、つまり引っ込めることを忘れてワイシャツに差しても(戻しても)芯が自動的に引っ込んでワイシャツを汚すことがない、優れた奴である。
では、画像をご覧いただこう。

e0200879_1054239.jpg


No.17

e0200879_1055944.jpg


No.18

e0200879_106911.jpg


e0200879_1094350.jpg


10番台の全てを並べてみた。
上からNo.12 No.14 No.15 No.17 No.18である。

e0200879_1095544.jpg


【 製品仕様 】
キャップ・胴軸: 樹脂
クリップ: 金張り
太さ: キャップ:10.7mm 胴軸:9.8mm
長さ: 128mm
重さ: 13g
芯出し方式: レバー式
ボディの色: 黒・赤・緑・灰

■ 製造年代: (No.17)1960~1961年 (No.18)1962~1969年
■ 最終販売価格: (No.17)不明  (No.18)4,000円 (1975年2月)
[PR]
by fullhalter | 2005-05-13 10:04 | マイコレクション

モンブラン PIX No.15 

1960年代に製造されたモンブランPIX No.15。
0.92mm芯使用のこのペンシルはもの凄く堅牢である。何が堅牢かと言うと、そのメカニズム。
ペンシル史上最高のメカニズムであり、最強のメカニズムであると、私は思う。
では、画像をご覧いただこう。

e0200879_11572175.jpg


e0200879_1157373.jpg


e0200879_1158149.jpg

* 画像のNo.15は、0.92mm芯使用であるが、
1.18mm芯使用のNo.16も造られていた。


【 製品仕様 】
キャップ・胴軸: 樹脂
クリップ: 金張り
太さ: キャップ:10.8mm 胴軸:9.8mm
長さ: 133mm
重さ: 18.1g
芯出し方式: ノック式
芯太さ: 0.92mm
ボディの色: 黒・赤・緑・灰
[PR]
by fullhalter | 2005-05-06 11:56 | マイコレクション

蒔絵合子 『舞』

今週の夢舟さんの作品は蒔絵合子『舞』です。
この作品は平成16年昨年製作された。
では、画像を。

e0200879_1136932.jpg


e0200879_11362829.jpg


e0200879_11363829.jpg


e0200879_11364865.jpg

* 大きさは幅: 21.cm 高さ:9cm


【 作者の言葉 】
この絵は竹に雀という伝統的な組み合わせの図柄です。

竹は針切り技法の研ぎ出しを、すずめは肉合研出高蒔絵(ししあいとぎだしたかまきえ)を施し羽の部分は毛打ちを細かく入れ仕上げました。

[PR]
by fullhalter | 2005-05-06 11:35 | 夢舟の作品達