フルハルター*心温まるモノ

<   2005年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

モンブランNo.12 

『趣味の文具箱vol.3』で11ページに渡り1960年代のモンブランを“2桁シリーズ”として特集している。
私が最も完成度が高い時代のモンブランと思っているモデル達の特集である。
“お目が高い。褒めてつかわす” 

さて、今回は画像で見ると4月1日のNo.14と全く区別がつかないNo.12である。
No.14とNo.12を一緒にするか、別々に紹介するか、相当迷った。だが、この時代のモデル達の素晴らしさを知っている私にとってNo.14とNo.12を一緒に扱ってしまうのは失礼であると判断した。
たとえば見分けのつかないそっくりの兄弟を一緒に扱ってしまうのと同じではないか…。いくらそっくりでも本人達にすれば兄は兄、弟は弟である。つまり、「俺は俺だろう。いくらそっくりとは言え、一緒にするな。一山いくらにされてたまるか。」なのである。少々無理があるが、それくらい別々に扱ってやりたいと思うモデル達である。

一般的に言うならば、No.12はワイシャツのポケットに差しても違和感はないし、じゃまもしない大きさ、重さである。操作性の良いモデルでちょっとした仕事や出先で使う万年筆としてよく似合う…と私は思う。
80番台、70、今回の10、そして今後紹介するであろう20番台のクリップの金張りの優しさ、柔らかさ、10、20番台のキャップリングのそれ。
メッキの技術が心もとなかった為の金張りが優しさや柔らかさを感じさせてくれる。
余り興味のない方には「ど~でもいいだろう~。アホかお前達」なのだが、「そ~なんだよ。俺たちは。アホなんだよ。そのアホが人生を豊かにさせてくれるんだよ。」
“モノにこだわる”とはそんな世界であろう。
カメラだろが、時計、オーディオなどなど、みんなアホの世界である。アホだからこそ、その心の豊かさを感じられる、実感出来る。そして分かちあえるのである。では、画像を。

e0200879_1114181.jpg


e0200879_11141150.jpg


e0200879_11143864.jpg


e0200879_1114532.jpg

No.14とNo.12の大きさ比べをしてみよう。
上グレーがNo.14 下グリーンがNo.12




【 製品仕様 】
キャップ・胴軸: 樹脂
クリップ: 金張り
ペン先: 18金
太さ: キャップ:13.0mm 胴軸:11.8mm
長さ: 129.7mm 筆記時:142mm
重さ: 14.4g
インク吸入量: 1.4CC
ボディの色: 黒・赤・緑・灰

■ 製造年代:  1960~1969年
■ 最終販売価格: 15,000円 (1981年5月)
[PR]
by fullhalter | 2005-04-29 11:07 | マイコレクション

香合 『虫の音』

今週の夢舟さんの作品は香合『虫の音』です。
この作品は平成14年に造られた。
では、画像を。

e0200879_113078.jpg


e0200879_1131155.jpg


e0200879_1132053.jpg


e0200879_1133083.jpg

* 大きさは幅: 7.cm 奥行き:5cm 高さ:5cm


【 作者の言葉 】
南瓜をくりぬいて虫篭がわりに使った昔の人の知恵の虫かごを再現。

木地屋さんに頼んである程度厚めに挽いてもらった木地を真二つに切断。
乾漆で切断部分を加工し、くぼみを彫刻しさび付けと漆を塗り重ねて蒔絵したものです。

まだ制作中ですがかぼちゃの形の乾漆に(かなり大きいもの)同じ発想で作ろうと思っている物がある。いつかは仕上げたいものです。

[PR]
by fullhalter | 2005-04-29 11:01 | 夢舟の作品達

大棗 『石垣蔦蒔絵』

今週の夢舟さんの作品は大棗『石垣蔦蒔絵』です。
加賀百万石の白の石垣に蔦のからまるイメージで造られた作品である。
平成13年の作品。

e0200879_18103393.jpg


e0200879_18104420.jpg


e0200879_1810557.jpg

* 大きさは幅: 7.5cm 高さ:8cm
*

【 作者の言葉 】
加賀百万石の城をイメージし石垣に蔦が絡まっている感じを描いた。
この作品は銀の使い方がテーマで、光った銀もきれいで良いのですが、私は、時間とともに錆びた銀の色合いが何とも言えず好きで、時がたって目にした時に、また違った色になり、楽しめるものになってもらえたらと考えています。

[PR]
by fullhalter | 2005-04-22 18:09 | 夢舟の作品達

第二十六話 フルハルターの現況(2)(3)

 フルハルターも開店以来11年4ヶ月半が過ぎた。
「よくもここまで来られたものだ。」が実感である。

 さて、11年以上も営業してきて、時々耳にするお客様の言葉に、「敷居が高い」がある。
その度に、私は「何故なんだ」と思わされた。老舗でもないし、大井町の方には叱られるかもしれないけれど場末のすぐに見つけられない程の小さな店なのに。
モンブランというブランドに居た為なのか。それとも、HPでの私の発言、また私自身の人間性の問題なのか、とても悩んだ。

 最近来られたお客様からは「万年筆についての知識がないと行ってはいけないのでは…。」「職人で恐い奴では…。」等々の思いがあることを知らされた。
「恐い奴」かどうかは、それぞれのお客様が感じられることで、自分では判らない。ただ自分では恐い奴だとは思っていないが、世間には「恐いものみたさ」という言葉もあり、是非ご自分の目で確かめるべく、いらしていただきたい。

 恐い奴かどうかは別にして、「万年筆について知識がないと…。」は全く違うと思う。
知識がないから、知識がある人間が居る店に行くべきではないだろうか。知識がない買い手が知識のない売り手から正しいアドバイスなど受けられる筈はない。最近は「始めて万年筆を使うので、自分に合う万年筆を。」と来られる方が多い。とても嬉しいことである。

 私は、EFでもFでもMでもBから(パイロットはコース、セーラーはズームから)研ぎ出している。
<ミクロの世界>をご覧いただければお判りと思うが、両者を比べると後者のニブポイント(イリジウム)が長い。長いということは、長~く使えるということは誰にでもお判りいただけるが、実はそれだけではない。通常ペン先はその太さよりも調整で太くすることは出来ない。Bから研ぎ出すと、EFに研ぎ出したペン先を使ってみて細すぎたら、Fにすることも可能になる。更に私が使い手にとって最もメリットがあると思うことがある。それは特に始めての万年筆を使う方には多いのだが、使い続けていくうちに、つまり…1ヶ月、3ヶ月、半年後には万年筆を持つ位置・筆圧・好み等が変わってゆく可能性が高い。

 もう少し実感していただく為に例を挙げてみよう。野球のバット・ゴルフのクラブなどの道具も何も判らずに使い始めるが、使い続けていくうちに、スイングが安定し、振り方が変わる。除々に自分のものになって来る。万年筆に限らず、道具とはそういうモノである。

 持ち位置が変わった万年筆のニブポイントはどうなのか。
最初に合わせたニブポイントの紙に当たる場所は違うところを紙に当てながら書くことになる。その時に必要と感じたら、B・コース・ズームから研ぎ出したそれは如何様にも対応出来るだけの大きさを持っていることになる。これが皆さんにはおそらくお判りいただいていない最大のメリットで、研ぎ屋・研ぎ師の私にとって自信を持って販売出来る最大の理由である。

 私自身は、じっくり、ゆっくりお話しが出来、更にご自身の使い方の変化に対応出来る店として「始めて万年筆を使う方」には最も相応しい店と思っている。

 モノに拘る方々にとってきっと「いい出逢い」になる。お互いに。  (2005-03-18)



―― フルハルターの現況(3) ――

 どうなんだろう。
フルハルターは極太のペン先を特別な思いで誰にでも勧めていると思ってはいないだろうか。
先日も、
「森山さんの意に反するかもしれないけど、細字にして欲しい。」と言う方が居られた。
雑誌やHPをご覧の方はフルハルターでは極太を勧めている、極論すれば極太しか勧めないと思われてはいないだろうか。

 その原因は1991年に発行された雑誌にBBを丸く研ぎ出したペン先を“森山モデル”と命名され、その後も”森山モデル”とか、“森山スペシャル”という呼び方で紹介され続けたからだ。
かく言う私も、このHPで自ら“森山モデル”と呼んでしまっている。私は基本的には世に言う「カリスマ」とか「達人」は嫌いである。本当にカリスマなのか、達人なのかは他人がそれぞれ感じるものであってメディア、まして本人が言うものでも、思うものでもない。“森山モデル”という言葉はややそれに似ているような気がする。
ただ”森山モデル”と呼ばれている研ぎ方をひとりひとりのお客様に言葉で伝えるには時間がかかり過ぎるので、自分でも手っ取り早い“森山モデル”と言う言い方を使ってしまっている。
この“森山モデル”が一人歩きして私自身が極太でなければと思っているという弊害が出ていると感じているのだが、これは杞憂であろうか。

 また一人歩きした結果、多くの方が何か特別な思いを抱き、妄想に近い書き味を思い、期待されているのでは…と思うと、恐ろしいことである。これも杞憂であればいいが。
“森山モデル”を既にお使いいただいている方の中には確かに「始めて経験する書き味」と、お気に召していただいている方もいるが、その反面「期待していたが、裏切られた。」と思って居られる方もいる筈である。「筈である。」というのは、「何だよ~。オヤジ全然書きやすくね~じゃね~かよ。」と直接私に言われる兵は殆どいないと思うからである。
食べ物の「旨い」「まずい」 万年筆の「書き易い」「書きにくい」も、ともに人それぞれの五感の判断である。おかしてはならない、その人の感覚での判断である。

 さて、そろそろ誤解されているのではと思っている結論に入ろう。
ペン先の太さも、本体の太さ・長さ・重さも使う方にとって道具として最も機能する万年筆が最善の選択である。
罫線の細いノートや手帳に太字のペン先で画数の多い漢字を書き込める筈がない。細い罫線の中に書き込むのであれば、細字のペン先を選択しなければならない。或いは細字が好きな人も居る筈である。
現にこのところ、海外メーカー(国産メーカーはその文字形態から々太さの表示でも1ランク或いは、1ランク半位細い)のEFでは太すぎるのでもっと細くしてくれと、要望される方も少なくない。私はそれをEEFとしてお受けしている。この場合細くすればする程、先を尖らせる為に紙に対する抵抗は強くなり、所謂ヒッカカリを強く感じる。
またBから研ぎ出すと、Bの書き味のようなEFやEEFになるのではと思われている方も、ままあるが、EFはEF、EEFはEEFの書き味である。いずれにしても、フルハルターでは貴方の使う用途、好みに合わせて「貴方にとって最良の道具」になる万年筆を求めてもらいたいと願っている。私、森山の好みなんて関係ない。クソ食らえ…である。  (2005-03-25)
[PR]
by fullhalter | 2005-04-22 09:34 | 私と万年筆

『趣味の文具箱 vol.3』

昨年の5月14日だった。
枻(えい)出版のカメラ編集部 編集長清水さんと女性編集部員が店を訪ねて来られたのは。
その2日前にメールで、
「万年筆の雑誌を作るので取材させてくれないか。」
「お受けするか否かは、直接お会いしないと返事が出来ない。」
と、申し上げた。

私はいつの場合もそうなのだが、「人」である。
取材に対してもその会社というより、「それに携わる人達がどんな思いで、何を伝えたいのか」が、最も重要だと思っているから。

清水さんと女性編集部員松本さんが訪ねて来られたのが、5月14日だった。
2~3時間居られたように思うが、二人と話していて、
1.万年筆の雑誌は始めてで、余り知識はない。
2.ライカや、ニコンのムックや単行本を何冊も出しておられるので、いわゆる“こだわり”のある人達の集団。
が第一印象だった。
なかなか好もしい奴らだと内心思った。

『趣味の文具箱 vol.1』では私自身も取材を受けたが、お客様の中の数名の方も快く取材を受けてくださった。
その後、このカメラ編集部の方々は、フルハルターで万年筆を求めてくださったり、調整のご依頼をくださったりと現在はお客様としてお会いする機会がある。

さて、本論 今回の『趣味の文具箱 vol.3』に移ろう。

e0200879_9274098.jpg


vol.3のメインテーマは、私の見たところではモンブランの1960年代の製品「2桁シリーズ」と「極上シャープペンシル」 
モンブラン「2桁シリーズ」はこのHPの「マイコレクション」の現在と偶然にも一致している。
私の大好きなモデル達である。
では、私がお伝えしたいページを抜粋してコメントと画像をご覧いただこう。
最も嬉しかったのは、鳥海忠さんの原稿が掲載されていることだ。鳥海さんは過去に文庫本を多く出しておられ、モンブランを退職してフルハルターを開業する時に相談させていただいた方で、頁をめくってびっくりした。
ここ何年かは直接お目にかかっていなかった、懐かしかった。

e0200879_9283612.jpg


vol.2でモンブランのテレスコープ 149の分解が掲載されていたが、今回のvol.3では同じモンブランテレスコープ146が掲載されている。
これらの分解は難しく、危険である。一体誰が分解したのであろうか。
149の時は、協力ユーロボックスとあるので、藤井さんなら出来ると思うがこの146は誰なのだろうか。まさかカメラ編集部の誰かがこの半年でテレスコープを分解出来る奴に成長したのか。そんな訳ないだろうと思うのだが。彼、彼女等にはこんなことをしてくれる協力者がいるんだ。
一生懸命仕事に取り組んでいるとヒト(他人)は判るんだよね。

e0200879_929258.jpg


次に、1960年代のモンブラン 2桁シリーズ

e0200879_93014.jpg


この2桁シリーズは11ページに渡り掲載されている。必見であると私は思う。詳しく掲載されている。特に驚いたのは、

e0200879_9303872.jpg


これは18金無垢 バーレイ模様のモデルである。
このモデルはダイヤ産業のミュージアムでしか見たことがない。
もの凄く珍しいモデルだと私は思う。

e0200879_9311353.jpg


これまたテレスコープ146と同じく完璧な分解である。

更に、ペリカンのオールドモデル。
もの凄く好きな101Nなどなど。

e0200879_9314722.jpg


e0200879_932543.jpg


ペンシル、しかも1.18芯を使用するオールドモデルのモンブラン・ペリカン

e0200879_9323471.jpg


e0200879_9324677.jpg


信じられない程の協力者をあなた方はお持ちなのですね。
それはあなた方の一生懸命さゆえの財産です。枻出版カメラ編集部の皆さん、いいムックをありがとう。

一般の人には判らないでしょうが、vol.1~vol.3までの内容のムックを作ることの困難さは私には判ります。
私だけでなく、“モノにこだわる人”には判ります。
これからも今の思いと一生懸命さを忘れずにどうぞいいお仕事をしてください。
価値ある一冊だと思います。
[PR]
by fullhalter | 2005-04-22 09:26 | ムック本紹介

ナイフ

今週は、夢舟さんから届いたばかりの棗(なつめ)5点とナイフ1点のうち、ナイフを紹介したい。
というのは、棗は既に販売された作品だが、加賀のホテルでの作品展の為、今回持ち主からお借りしたのだが、ナイフは販売出来る作品だからである。

夢舟さんは、昨年「ジャパンブランド育成支援事業」の一環として、加賀の伝統工芸師の方々とカナダのソルトスプリング島を訪問された。
視察・実演・販売が目的なのだが、その時に一人のナイフ作家との出逢いがあった。
どうもその作家のナイフに、「俺の蒔絵を描きたい」と直感されたらしい。
そのナイフ作家は、セス・バートン(SETH COSMO BURTON)で、今年は彼が加賀へ来られ再会を楽しんだとのこと。

夢舟さんからお聞きしたソルトスプリング島について申し上げると、この島は芸術家、工芸家の集まる小さな町。
休日にはフリーマーケットが開かれ、それぞれの作品達が並び、賑わう。
また自然に囲まれた綺麗な町で、星の多さ、その輝きには更に人工衛星まで見えたことには非常な驚きとともに、感動されたそうだ。

さて、今回ご覧いただくナイフだが“COSMO KNIES”のブランド名がある楓の柄のナイフである。
もともとナイフに興味のある夢舟さんは、出逢ったとたんに、「こいつは俺が日本から来るのを待っていたな。どんな絵付けをしてやろう」との思いで日本に連れ帰ったらしい。
その図案を考える楽しい時を過ごされ、今回皆さんにお見せ出来る『朝顔』の絵付けがなされた。

撮影は一昨日(4月13日)で雨の為室外の撮影が無理だった為、条件が悪かった。
最初の画像は光量不足の為、柄が実物より黒くなっています。

e0200879_13402122.jpg


e0200879_13403869.jpg


次に、刃の部分
e0200879_1341217.jpg


更に、夢舟さんが絵付けした柄である。
e0200879_13413666.jpg


e0200879_13415854.jpg


e0200879_1342897.jpg


e0200879_13422084.jpg


e0200879_13423178.jpg

* ここが面白く、夢舟さんのこだわり
左が葉に朝露が舞い降りた様子を表し、
右は目立たないが、蕾を描いている。


【 仕様 】
長さ: 刃部分:約9cm  柄部分:約12.5cm
幅: 刃部分:約3㎝  柄部分:約3.5cm
重さ: 約140g
[PR]
by fullhalter | 2005-04-15 13:43 | 夢舟の作品達

乾漆香合 『栗蒔絵』

今週の夢舟さんの作品は、先週までしばらく続いた大きな作品に比べ、小さな可愛いい作品である。
先週と同じ乾漆で、『栗蒔絵の香合』である。平成12年の作品。
乾漆で栗を造るのはなかなか難しく、実物とにらめっこの日々が続いたとのこと。
「リアルに…けれど自分の表現で…」を心がけた作品に仕上げられたようである。
では、画像をお楽しみください。

e0200879_87558.jpg


e0200879_871676.jpg


e0200879_872560.jpg

* 大きさは幅: 5cm 奥行き: 4.8cm 高さ:4cm


【 作者の言葉 】
本物の栗を観察しながら制作しました。
漆で表現できる限界に挑戦した作品です。

今制作中の根付の栗は池袋西武の根付新作展用で、また違った表現方法で試行錯誤中です。

[PR]
by fullhalter | 2005-04-15 08:06 | 夢舟の作品達

『趣味の文具箱 vol.3』

MONTBLANC
 マイスターシュテュック146魅力の真髄
 往年の「モンブラン2桁シリーズ」のすべて
 モンブラン2005限定モデル「ユリウスⅡ世」

Pelikan
 ペリカン万年筆のすべてがわかる最強カタログ
 「ピアッツァナボーナ」と新215シリーズ
 オレンジの誘惑「大人気M320研究」

いますぐ欲しい!
ブランド別最新モデル230

デルタ「ドルチェビータの誘惑」
無敵のボールペン「フィッシャー」

趣味と実用の「シャープペンシル」

ブルーインク全100色最新カタログ

「パーフェクトペンシル」が“完全”な理由
万年筆の使い方・メンテナンス入門
大人気「モールスキン最新モデル」
ナガサワ文具センターの魅惑グッズ
完成!「趣味の文具箱ロゴ入り万年筆」
[PR]
by fullhalter | 2005-04-08 18:39 | ムック本紹介

乾漆盛器 『五月雨』

今週の夢舟さんの作品は、乾漆盛器 『五月雨』である。これも平成12年の作品。
乾漆づくりは、器物を造るのに一年がかりとのこと。
それからの絵付けなので、見た目以上に時間がかかっている作品であると言う。

e0200879_18353674.jpg


e0200879_18354617.jpg


e0200879_18355541.jpg


e0200879_1836572.jpg

* 大きさは正方形: 36cm 高さ: 3cm(足付)


【 作者の言葉 】
乾漆とは麻布と和紙を何枚も重ねて器胎を作り漆で仕上げる伝統的な技法です。
 
池に浮かぶ蓮の雨降りの日の様子。
気持ちよさそうに当たるハスの葉は鮑貝を使いました。
雨を直線的な金線と自由奔放なひっかき技法のバランスを考えた作品です。

[PR]
by fullhalter | 2005-04-08 18:34 | 夢舟の作品達

モンブランNo.14 

今回のマイコレクションは、私にとって『思い出多きモンブランNo.14』。
1960年代に製造されたNo.14は大学時代始めてのアルバイトでいただいた記念すべきお金で「一生モノ」として私が選んだ万年筆である。このことはすでにこのHPで申し上げたことなのだが、始めての方にまた繰り返す。

No.14のキャップチューブが割れてしまい、当時浜松町の世界貿易センタービル内にあったモンブラン日本総代理店ダイヤ産業のサービス部門に修理の為に持ち込んだ。
その時に対応してくれた方(後に同僚となるのだが。)が、
「修理担当者が少なくて困っているんだよね。」と私に言い、その当時前の会社を退職し、7~8ヶ月間無職だった私は、
「私を雇ってはくれないでしょうかね。」…それから数ヶ月、長い、長~い数ヶ月。やっと入社の許可がおりた。
嬉しかった。本当に嬉しかった。ホッとした。これで仕事が出来る。

アルバイトとは言え、始めての給料で「一生モノ」として選んだモンブランNo.14。
そのキャップがある時突然割れていた。
「何だ。このヤロー。」
しかし、コノヤローが私の人生を決めてしまった。
あの時、このNo.14のキャップが割れていなかったら…。
モンブランのサービスステーションを直接訪ねていなかったら…。
今私は何をしているのだろうか。別の職人仕事をして幸せに暮らしているのだろうか。

何よりもダイヤ産業、フルハルターの28年間にお目にかかれた多くの方々との「出逢い」は決してなかった。
良かった。本当に良かった。神に感謝である。

では、画像をご覧いただこう。

e0200879_1813964.jpg


e0200879_1815262.jpg


e0200879_1824940.jpg


e0200879_1825824.jpg


【 製品仕様 】
キャップ・胴軸: 樹脂
クリップ: 金張り
ペン先: 18金
太さ: キャップ:13.5mm 胴軸:12.2mm
長さ: 136.3mm 筆記時:153mm
重さ: 16g
インク吸入量: 1.8CC
ボディの色: 黒・赤・緑・灰

■ 製造年代:  1960~1969年
■ 最終販売価格: 16,000円 (1981年5月)
[PR]
by fullhalter | 2005-04-01 17:58 | マイコレクション