フルハルター*心温まるモノ

<   2001年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

第九話 ホームページの開設

  フルハルターのホームページも21日で一年が経過いたしました。
  Mrs.E.OとDr.K.Kにいろいろとご迷惑やお手数をおかけしながら、毎週更新を続けることができ、感謝の気持ちでいっぱいです。

  このホームページを立ち上げてフルハルターには大きな変化がありました。それまではテレビ、本、雑誌、新聞等のメディアで紹介されたフルハルターをご覧いただいた“万年筆好き”の方々に御来店いただいておりましたが、この春頃から万年筆を初めて使われる方に御来店いただける様になりました。万年筆好きの方々と中身の濃い話をするのももちろん楽しいですが、初めて万年筆を使われる方々にアドバイスさせていただいたり、その人の筆記角度・ねじれ方や筆圧に合わせた万年筆を使っていただくことが開店以来の願いでした。
  その願いが、このホームページで叶ったことに、大きな喜びを感じております。

  “万年筆好きの方々“と“初めて使う方”との大きな違いは、求められるペン先の太さに顕著に表れます。
  “万年筆好きの方々”が御注文されるのはほとんどがBから3Bの森山モデルと呼ばれている調整をほどこしたものやクロスポイントで極太ペン先でしたが、“初めて使う方”は当然とも言えるのですが、EF、F、Mの太さです。

  ただそこで私にとって問題になるのが、ニブポイント(イリヂウム)の長さです。EF、Fはニブポイントの長さが短いものがあり、「万年筆は一生モノ」が信念の私にとっては、この短さがとても気になるところです。
  
  そこでEF、F場合によってはMまでBから研ぎ出して、それぞれの太さにして販売することにしたのです。もうすでに多くのお客様にはBから研ぎ出したEFやFをお使いいただいています。Bから研ぎ出すとニブポイントの長さが2~3倍になり「一生モノ」として自信を持って嫁入りさせられます。また万年筆を使い慣れてくると太字が好きになる傾向があるのですが、ペン先は太く調整することが出来ず交換するしかありません。ただペン先交換の費用は、その製品価格の60~70%にもなり余りお奨めできません。しかしBから研ぎ出したEFやFは一ランク太くすることはもちろん、Bまで太くすることも不可能ではありません。

  以上二つの理由により、EF、F場合によってはMまでBから研ぎ出しているので、本日はその画像をお見せして、皆様の目で確認していただくことにいたしました。
  ミクロの世界  「BからEFへ~ニブポイント(イリヂウム)の研ぎ出し」
です。 どうかお楽しみ下さい。
[PR]
by fullhalter | 2001-11-24 10:32 | 私と万年筆

ペリカン・M600マリーンブルー



e0200879_18262891.jpg



e0200879_18264044.jpg




  近々ペリカン社から600の万年筆とボールペンで濃いブルーのスケルトンが発売される。これらは、ペリカン日本の要望で数量限定で生産されるもので、定期的に生産されている限定品とは少し趣きを異にするようだ。例えて言えば、今販売されている1935 ブルー限定品は世界を対象にし、1935本しか造らないが、今回の600濃いブルー スケルトンは、販売して要望が強ければまた製造する可能性がある数量限定生産品である。

  以前このホームページでご紹介した「ペリカン ダイタラス~イカルス」は、何とも言えない気品に満ちた淡いブルーだが、このM600マリーンブルーは「ダイタラス~イカルス」のブルーオーシャンよりは濃い対照的な気品に満ちたブルーである。この二つのモデルとも、私自身凄く好きなモデル達である。色は人それぞれの好み、発売されたらご自身の目で是非見てほしい。

  また別の意味で私がお奨め出来るのは、通常の限定生産品はベースの製品よりも5割高(M800とブルーオーシャンとの比較)位に価格設定されるが、今回のマリーンブルーは今通常に販売しているM600/K600と殆ど変わらない価格で販売される。

  ダイタラス~イカルス同様これも自分自身の為に絶対買うぞ。それもボールペン嫌いな私がボールペンとセットで。いつもこのホームページの画像を供給してくれるDr.K.K.が私の気持を察してくれて、拡大写真を供給してくれたので、ご興味のある方はじっくり楽しんで欲しい。



e0200879_1827627.jpg


製品名・価格 :M600マリーンブルー (万年筆)  ¥38,000(本体価格)
       K600マリーンブルー (ボールペン)¥16,000(本体価格)
       《注》 万年筆にはボトルインク付き特別ギフトボックスが付く。

ペン先の太さ: EF・F・M・B・BB・OB・OBB
製造本数 :  M600 2,700本 
        日本での発売 1,800本
        K600 1,700本 
        日本での発売   900本
発売予定:   平成13年12月1日 
[PR]
by fullhalter | 2001-11-17 18:24 | 限定品万年筆