フルハルター*心温まるモノ

<   2001年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ペリカン・1935グリーン 1998年復刻モデル

  ここでご紹介するのは、1998年に限定製造・販売された「1935」の完全復刻限定版(グリーン)である。

e0200879_13435884.jpg


e0200879_1344188.jpg



【 ペリカンのリーフレットより 】

 1929年、ペリカン社の最初の万年筆が世に出ました。1027年に特許化されたピストン吸入機構で装備され、早くも大きな注目を浴びました。1931年には「ペリカン・ゴールド」が発売され、万年筆が実用品から特別な様式の装飾品となりました。1935年ペリカンは美しいデザインで仕上げられたつなぎの部分のリングに釣り合うキャップが付いた最初の万年筆を作りました。当時「ペリカン101」という名前で売り出され、今日では「かつてのオリジナル1935」(“Originals of their Time 1935”)と呼ばれるものです。

  その時代のオリジナルを再び生産するという欲求は、元来の材料で忠実に作ってはじめて正当に評価されるものです。当時も現在も「1935」の柄とキャップは、愛好家がそのカンフルの匂いですぐにそれと判断できる素材――セルロイドで仕上げられています。

  労力のかかる製造、加工する際の手間と複雑性が、セルロイドを万年筆の生産において貴重な材料とする所以です。万年筆の加工用に使える品質のセルロイドを生産できるのは、一握りの製造者だけです。 これがセルロイドをさらに卓越したものにするのです。 「1935」がたったの4000個と限定されているのはここに理由があります。

  セルロイドが色付けにどんな影響を及ぼすかということは、「1935」をよく見るとわかります。典型的な大理石模様は、セルロイドが決定的に影響を及ぼしています。 これは、セルロイドの製造における色素の配量により成り立つものです。 同じ模様は、またとしてありません。 全く異なったものと、微妙に異なったものがありますが、言えることは、セルロイドが万年筆の色彩を作るということです。ですから、自分の万年筆がたった一つしかないものであると自信を持って主張することができるのです。 「1935」の細かい条紋のある大理石模様は、そう簡単に複製することはできません。 「かつてのオリジナル1935」が、収集家にこれほど切に求められる理由の一つです。

  細部にわたって心がこもっていることは、ペリカンでは伝統といえます。 「1935」でもこのことが言えます。 キャップの飾りリングと手で書きなじませたペン先は、オリジナルと同様に、18カラットの金で仕上げられています。当時のペン先の測量技術と刻印を職人マイスターが再製する際、特別の注意が払われました。 キャップの留め金具には金メッキが施され、クリップドロップは当時のように取り付けられています。 この際いかに精密に、高度な作業が行われるかは、「1935」の現代版が当時の万年筆と全く同じ重さでできていることが証明しています。 職人芸の伝統に忠実であることの小さな証拠です。 ペリカンの伝統でもありますが、特別な材料で、綿密な作業で製造されました。 この万年筆を手にする度に、このことを感じ取っていただけるでしょう。


本体 緑色部分: セルロイド
本体 黒色部分: エボナイト
クリップ: ジャーマンシルバー
キャップリング: 18金無垢
ペン先: 18金 F M B
インク方式: ピストン吸入式
製造本数: 4000本
発売時期: 1998年
価 格: 98,000円(本体価格)


  
[PR]
by fullhalter | 2001-10-27 13:40 | 限定品万年筆

ペリカン・1931ゴールド 1997年復刻モデル



e0200879_13353815.jpg
  


  私は《 1931ゴールド 》が好きだ。 漆黒のキャップ、尻軸に模様を刻まれた18金無垢のボディのコントラストが何ともいえない。 限定生産品の中で一番好きと言いたいが、ペリカンダイダラス~イカルス・モンブラン・ロレンツォデメヂッチ・アガサクリスティと一番好きと言いたいモデルが多く、それぞれに別々の魅力があり、甲乙つけがたい。

  《1931》 《1935》 の復刻シリーズは、私にとって 『万年筆らしい姿・形』 という意味でのナンバーワンと言える。

e0200879_1336882.jpg


  1927年、初めてペリカン社が特許を得た方式で 当時数多くの模造品も市場に出回ったと言う。

【 ペリカンのリーフレットより 】
  1929年のベーシックモデルを基本として、1931年までのペリカン万年筆は、外見的にはほとんど差がありませんでした。 1931年に発売されたこの万年筆は、 それまでグリーンや黒であった万年筆リングに新しく「ゴールド」を使用したことから、「ペリカンゴールド」と名付けられました。それまで実用品として位置づけられていた万年筆が装飾品としても長く愛されるようになった始まりです。

 ゴールド特有の持ち味である独得な重厚性と手をなでる感覚は、実際に手にとって見るとよくわかります。 入念な仕上がりから放たれる冷やかな快感もゴールドの特徴です。 今も昔も同様に《1931》の材料の一部に使われているセルロイドは、外見上は目立ちませんが、350日もかけて造られます。 セルロイド特有のカンフルの臭いをかぐ喜びもまた味わうことができます。 またキャップには歴史あるペリカンロゴマークが彫り込まれています。

 この《1931》は、1997年に世界中で5000本が限定復刻、発売されましたが、復刻に当たって、当時の14金から18金へと純度が上げられ、その価値が高められています。 彫金装飾は当時のままですが、厳選された材質や細部にいたるこだわりにより、当時の魅力溢れる美しさがそのまま再現されています。


キャップ: エボナイト
胴軸: 18金無垢
尻軸: エボナイト
キャップリング: 18金無垢
ペン先: 18金 F M B
インク方式:          ピストン吸入式*
製造本数: 5000本
発売年: 1997年
価 格: 168,000円(税8,000円)
[PR]
by fullhalter | 2001-10-20 13:33 | 限定品万年筆

ペリカン・1935 ブルー

  ペリカン社から完全復刻限定品 第四弾「1935」が発売される。昨年11月に発売された「1931」もこのホームページでも紹介した通り、万年筆としての姿・形が古き佳き時代を思わせる私の好きな万年筆である。 いろいろ変化してきたキャップトップのペリカンマーク、そしてペン先のロゴもペリカン社が万年筆を作り出した時のもので、特に私はペン先のロゴがいいと思う。発売されたら是非手に取って見て欲しい。



e0200879_11564170.jpg


e0200879_11565294.jpg


e0200879_1157096.jpg



本体: 青色部分 セルロイド
本体: 黒色部分 エボナイト
クリップ: ジャーマンシルバー
キャップリング: 18金無垢
ペン先: 18金 F・M・B
インク方式: ピストン吸入式
製造本数 :1935本
発売予定: 2001年10月末または11月初
価格: 98,000円 (本体価格)
[PR]
by fullhalter | 2001-10-13 11:52 | 限定品万年筆

<4> 藤本義一氏 その2

―― モノに愛しさを覚えると、モノが反応を示してくれるような気がする。ぼくの場合は職業柄、そのモノが万年筆であるということになる。

  一度、この相棒の1本がテレビ局のロビィで姿を消したことがあった。あきらかに盗まれたのだ。ぼくは慌てた。捜した。見つからなかった。その2、3日は、まったく原稿が書けなくなった。そして、今、あの万年筆は何処で、どんな奴に使われているのかと思うと、口惜しさよりも哀しさが先に立つのだった。
  友人は、「同じモノを買えばいい」といったが、同じ形で、同じ色で、同じ値段のモノは沢山あるだろうが、それらは、同じようなモノであって、決して、同じモノではないからである。
 (1980年録)


  万年筆好きで実際に何本、何十本と使っている方には、上記の「同じようなモノであって、決して、同じモノではないからである。」は、説得力のある言葉と実感できるのではないだろうか。

  店頭に並ぶ同じメーカー、同じモデル、そして同じペン先の太さの万年筆達でも、決して同じモノはない。 それが相棒とまで呼べる程、使い込み慣れ親しんだ万年筆であれば、なお更である。

  藤本さんにとっては、子育てをしている最中に行方不明になってしまった子供のようなモノだったに違いない。
[PR]
by fullhalter | 2001-10-06 11:42 | 作家と万年筆