フルハルター*心温まるモノ

カテゴリ:剣先倶楽部( 4 )

剣先倶楽部 vol.4

先週は、「剣先倶楽部」発生までお伝えした。
今週は、その後をお伝えしたい。

当時長原宣義さんがペンクリニックで上京されると、食事会、飲み会が開かれることがあった。
その会は、この業界の人ではなく、それぞれの道の達人たちの集いで10名弱。
ある時、その会で、オーナーの樫本さんから「剣先倶楽部」の存在の報告があり、その後発展するかに思われた。
しかし、皆それぞれに忙しい立場の方々ばかりで、誰かが事務局として動かなければならなかったが、残念ながらそういう人がいなかった。

本来なら、私が運営、発展の役を買って出なければ、他に雑用係をされる方などいなかったのだ。
私は雑用係には適任者だと思っているのだが、多くの人々を集めて会を作ることそのものが好きになれない偏屈者。
立場上は適任であったのだが、人間性が不適合者である。

その後、古山画伯の音頭で、「頑固職人の会」と銘打った会が時々開かれている。
メンバーは、人間国宝 きゅう漆の大西さん、鞄職人のFugeeさん、今回鞄を造っていただいたル・ボナーさん等々。
古山さんの人柄に集う方々の会である。
こちらも会則などは全く無く、自由で、何にも縛られることの無い、古山画伯の元に集う会。
「剣先倶楽部」と同じである。
理想的な倶楽部、会であると思う。

文化を伝え続ける古山画伯と、それを支え続けている樫本さん。
貧しく、美しく(本人談)生きる芸術家古山画伯と、それを物、精神面で支えている樫本さんが運営する、これら二つの会は、他に類を見ない文化の継承の役割になっていると、私は思っている。

ヨーロッパ貴族、あるいは明治時代にはあったであろう「文化を守る為のパトロン」樫本オーナーには、フルハルターのHPを作り上げる過程でお力添えをいただいた。
このHPが出来たのは、2000年の暮。
今もそうなのだが、私はコンピュター、デジカメが判らない。
当時、コンピュター、デジカメに造詣の深い樫本さんに適切なアドバイスをいただいて、ニコンのクールピックス990を求め、それなりの画像を提供出来たと思っている。
また、現在でも危うさを感じているインターネットの世界に、友人の力を借りて自分のHPを立ち上げた。
それでも当初は好きになることが出来なかったインターネットの世界に、可能性を見出させてくれたのも樫本さんだった。
HPを立ち上げた翌年の春、Dr.k.kこと樫本さんから
「森山さんが研いだペンポイントを拡大してHPに載せる?」と言われた。
何やらその為に、わざわざレンズや機材を新たに買い求めたらしい。
そして、樫本さんはフルハルターのHPに、“ミクロの世界”を提供してくれた。
「百聞は一見にしかず」 私の仕事が一目で判る。
出来上がったページを己の目で確認し、これまでの自分が変わった。
私の、フルハルターの恩人である。
この恩は一生忘れることはない。

最後に「剣先倶楽部」の作品を2点。
今回は剣先鞄2号だったが、2号ということは1号がある。
その1号が凄い。
日本一、世界一と私が思うあのFugeeの藤井さんの作品。
残念ながら、現物の撮影が出来なかったので、枻(えい)出版社 古山画伯著の『鞄が欲しい』の絵でご覧いただく。

e0200879_12115146.jpg


e0200879_1212183.jpg


e0200879_12121362.jpg


枻(えい)出版社から古山画伯著の鞄の本が出版される予定である。
いつかは判らないが、その時にはまた是非ご覧いただきたい。
次に、“Kensaki Club 万年筆”

このクリップは18金無垢で、古山画伯デザイン
大きな弦楽器を連想させる。
e0200879_12131613.jpg


e0200879_12135727.jpg


e0200879_12142812.jpg


e0200879_12143950.jpg


最後に「剣先倶楽部」と「頑固職人の会」が今のまま続いてくれることを切に願っている。
[PR]
by fullhalter | 2009-07-10 12:07 | 剣先倶楽部

剣先倶楽部 vol.3

「剣先倶楽部」と言ってもよく判らない方が多いのでは。
そこで今週は、その生い立ちを少しだけ説明致します。

剣先倶楽部オーナー 樫本桂三さん(Dr.K.K)とはじめてお会いしたのは2000年7月だった。
店に訪ねてくださった用件は、あの長原宣義さん作「ほてい竹」の万年筆を求めたが、筆記角度が合っていないので「調整をして欲しい」ということだった。
当時、長原さんには大変お世話になっており、また私を応援してくださってもいた。
そんな長原さんが研ぎ出したポイントを研ぎ直すというご依頼に、私の心は重かった。
ただ、樫本さんの筆記角度では充分に機能しないことは確かだった。
覚悟を決めて、その場で長原さんに研ぎ直しの了解をいただく為に電話をした。
長原さんも快く了解してくださった。
それからのお付き合いである。

樫本さんは、その当時よく店を訪ねてくれていた。
その度に私などには判らない超高級菓子を土産に持って来られ、いつも恐縮していた。
ある時
「森山さんは甘いもの食べるの?」と聞かれたので
「いえ、私自身は甘いものは苦手なのですが、こんな高級なもの買えないので家族から喜ばれ、私の株が上がりましたよ。」
「じゃ~、何が好きなの?」と尋ねられ、
「タコとかイカが好きで、以前飲み屋で一人でケンサキスルメをおかわりして皆に笑われました。昔はスルメイカのスルメが味があって好きだったんですけど、今はケンサキスルメですかね…。ケンサキスルメの方が外れがないんですよね。」
それ以来「ケンサキスルメ」仲間として、五島のケンサキスルメがお土産として店に連れて来られるようになった。

ある時、樫本さんからのメールに「剣先同好会」本部長、支部長とあった。
「あっ、同好会になったんだ。同じものを好む人の会。いいよなぁ~。万年筆とケンサキスルメ…万年筆は書けば書く程、スルメは噛めば噛むほど、ともに味が出る、絶妙な組み合わせだ。」
人知れず、樫本さんと俺だけの同好会、一人悦に入っていた。
フルハルターには、北海道支部長がいて、これも二人だけの人知れずの会である。
これで二組目だ。
何となくだが、嬉しく、心豊かな思いであった。

それからどの位経っただろうか・・半年、一年?
記憶は定かではないが、ある時あの長原宣義さんと私が樫本さんに招待された。
横浜のうかい亭に。
貧乏人の私は知らなかったが、有名な店らしい。
そこでステーキをいただいたのだが、店の人から山葵で食べるとと、勧められた。
(ステーキを山葵で?)と思いながらいただいたのだが、これが絶妙で旨かった。
その時に同好会から倶楽部に昇格した。
長原宣義さんが入って同好会では・・と私も思う。
これが「剣先倶楽部」の始まりである。
この倶楽部については次回に続きを、と思っています。

e0200879_11241975.jpg

[PR]
by fullhalter | 2009-07-03 11:16 | 剣先倶楽部

剣先倶楽部 vol.2

今週は始めに全体像をご覧いただきたい。

e0200879_14291254.jpg

樫本さんは「モンブランNo.149を超える万年筆」との強い思いをを込めて造られた。
キャップの縦のラインはエボナイト軸に彫り込みを入れ、埋め込み研ぎ出した。
胴軸は象牙を使いたかったのだがインクが染み込む為に限りなく象牙に近い色合い、風合いにした。

皆様はどんな風に受け取られただろうか。
その判断は皆様に委ねることになるのだが、アメリカ向けの限定58本はすぐに売り切れたと言う。

e0200879_1430389.jpg

外箱に入れての販売となる。

e0200879_14304838.jpg

キャップを胴軸につけると、人によっては長すぎると思われる方もいるだろう。

e0200879_14311428.jpg

そんな方はキャップを外し、備え付けのアイボリーのライティングコーンを使われるとよいかもしれない。

e0200879_14314425.jpg

インクを吸入する場合は尻キャップを外して尻ノブを廻して吸入する。
戦前・戦後にかけて吸入式万年筆はあったが、最近ではフルハルターオリジナルチタン・ファーバーカステルスネークがこのスタイル。

e0200879_14322698.jpg

このクリップの姿・形が凄くいい。
18金無垢を使い古山画伯のデザイン。流石である。

e0200879_14325155.jpg

アメリカでは確か橙色のライン模様で昨年58本を完売したが、樫本さんはその色合いがベストマッチしていると思われず、その後試作を繰り返し黄色にされた。
その為日本発売がアメリカに比べ遅れた。
またライティングコーンも日本のみに加えられたものであり、ペン芯や内部の部品についても改善、改良を加えた為に発売が遅れた。
今、ご注文をお受けした方にはキャップを選んでいただくことが出来る。(※ キャップを選んでいただけるのは、フルハルター扱い分全てではありません。)

e0200879_14333537.jpg


サービス用パーツ 
ライティングコーン 太さ:16.3mm 長さ:44.7mm 重さ:8.3g
ペン先 18金 未研磨(最大 BB?)
クリップ 18金無垢 
インク吸入量 2.2cc
価格 20万円(税抜き)
製造 アメリカ向け:58本 
日本向け:38本 
内フルハルター扱い:20本を予定
[PR]
by fullhalter | 2004-10-15 14:28 | 剣先倶楽部

剣先倶楽部 vol.1

Dr.K.Kとは、樫本桂三さんと言われる方で、ホームページの<ミクロの世界>の写真撮影をして下さり、画像として取り込んで下さった「ホームページの恩人」のお一人。
それまでパソコンが余り好きでなかった私は、今一歩このホームページに思いを入れることが出来なかったが、この画像を見たとたん、
「自分が研ぎ出したニブポイントの形状が誰にでも判るぞ……。」
君主豹変する…ではないが、突然、そして素直に好きになれた。
そのすぐ後の会合で、
「何か森山さん変わったね。」と言われたが、
(あそこまで自分を表現出来る画像が出来りゃ~変わって当たりめェ~だろう。俺はアレを待ってたんだから。)
と心の中で叫んでいた。

さて、前置きが長かったが、その樫本桂三さんが、アメリカ・フランス・ドイツの人々を巻き込んで万年筆を造られた。

Kensaki Club Premier
Bexley Pen.USA-’03
01/38 KSK

と胴軸に彫り込まれた万年筆で、ペン先にも<Kensaki >の刻印がある。
この万年筆は『剣先』ブランド。
なぜ剣先なのか少々長い物語を書くことにした。

樫本桂三さんと始めてお会いしたのは、2000年7月28日。
あるデパートで長原さんのほてい竹の万年筆を買われた樫本さんは、当時少々左捻れで使われていた為に、そのペン先が樫本さんにとってベストコンディションではなかった。
「高価な万年筆なので自分に合わせてくれないか。」と、フルハルターを訪ねて下さった。
「でもこれ長原さんが研がれたペン先ですから、お断りしないで研ぐのは、はばかれますね。一寸長原さんに電話でご了解していただけるか、確認してみます。」
これが樫本さんとの始まりだった。

「始まりだった。」というのは、普通はその万年筆1本調整して終わる筈が樫本さんは万年筆の使い手としての達人である。
達人であるが故に、次から次へと欲求が湧いてくる。
その結果、ちょくちょくご来店下さるようになったのだが、お気を使われて時々有名な和菓子を土産に下さった。ある時、
「森山さんて甘いもの食べるの?」
「いえ、私は甘いもの全く受け付けないのですが、家族が大好きなので樫本さんのお蔭で今まで食べたことのないようなものをいただき少々鼻の高い思いをさせていただいています。私の腹は満たされていないんですが、心は充分満たされているっていったところですかね。」
「やっぱりそうなんだ。じゃ~何が好きなの?」
「私って変なんですよね。好きなモノで直ぐに浮かぶのは、タコとかイカなんですよね。剣先するめなんか飲み屋で私一人おかわりして笑われるくらい好きなんですよね。」

次のご来店の時に、剣先するめが土産だった。
その内にメールが「剣先同好会本部長」・「剣先同好会支部長」で来るようになった。
それから半年位経った頃だろうか。
「今度同好会から倶楽部にする。」と突然連絡があった。
流石樫本さんのこと、「第一回定例会決定事項」に「趣意書」を添えて2000年3月1日、場所は横浜「うかい亭」にてと(「うかい亭」のことは当然知っていると思われていた様子の樫本さんだったが、こちとら貧乏人、そんなとこ知っている訳ねェ~だろう。)書かれてあった。

趣意書には発起人としてあの長原宣義さんの名があり、樫本さんの車で長原さんとご一緒させていただいた。
さっき「流石、樫本さん」と申し上げたが、「第一回定例会」以降3年半経った今も第二回はないし、倶楽部の会員もあの古山画伯が4人目なのかなァ~と思うくらいで増えてはいない。
(何だ俺と同じじゃねェ~か。あの時は流石と思ったのに。まだ”ゼクス・フェーダー・クラブ”の方がましかもしれねェ~な。)
ごめんなさい。樫本さん決してけなしている訳ではありません。
世間の人から見ると何かよく判らない倶楽部っていいですよ。このまま霧の中の「剣先倶楽部」で行きましょう。

この特別に製造された万年筆<Kensaki>の命名は、この様な長い年月を経て誕生したのである。
ところで、ケンサキ≒ペンサキ  Kensaki≒Pensaki
またケンサキスルメの形とペン先の形って似ていると思われないか。
スルメと思うとダサいかも知れないが、「剣先倶楽部」や「剣先」と書けばかっこいいと思うのだが。

次週は、万年筆の画像をご覧いただきます。
[PR]
by fullhalter | 2004-10-08 11:09 | 剣先倶楽部