フルハルター*心温まるモノ

カテゴリ:私と万年筆( 35 )

第四十話 この道40年

その前の会社を退職したのが1976年3月、30歳の時だった。
それから求職活動やアルバイトをしながら約1年後の今日、4月11日にモンブラン日本総代理店ダイヤ産業アフターサービス部門に入社した。
「この世界に足を踏み入れて40年」
会社は23Fにあった。
1年もの長い間無職の生活を余儀なくされていた私は、浜松町の1階改札を出て、世界貿易センタービルに入り、エスカレーターで2Fのエレベーターホールに行くまでの、これから仕事が出来るとの歓喜の思いは一生忘れられない。
入社当時ペン先に関しては全て外注さんにお願いしていたので、ペン先をいじることが許されていなかった。
責任者にお願いして、使えなくなったペン先を譲り受け、曲りを直したり、また曲げて直したりと会社以外でも楽しんでいた。


その内に情報を集め、書き味の直しをしたくなり、粒度の違うペーパーを集めたり、
「京都は漆の関係の仕事が多いからいいぺーパーがあるよ。」と聞けば、電話でサンプルを取り寄せた。
床屋さんがカミソリを研いでいる皮革や天然のオイルストーン、包丁研ぎの為の数万円もする和砥石も手に入れた。

沢山あった使えなくなったペン先でこれらの道具を使って調整をしてゆくうちに外注の方(この形の父上は昔ペン先を作っていた人らしい)から
「手造りのペーパーでサブローヤギシタがいいからどこか探してみたら?」と言われ、複数の問屋を訪ねた。

ある問屋で対応してくれた人は、
「幻のペーパーだよ。」と言われ、それぞれの問屋にあるだけ全て買うことが出来た。

使ってみると、これが他の道具たちとは全く違う使い心地で、かけがえのない代わるものなどない、
私にとって真の「幻のペーパー」で、今でも使っている。

では、その「サブローヤギシタの幻のペーパー」をご覧ください。
左が0/10 右が0/7で数字が大きい方が粒度が細かい。

e0200879_19390674.jpg


そのサブローヤギシタのペーパー裏のマークスタンプ

e0200879_19395764.jpg


次に今でも手元に残っている当時求めたオイルストーン

e0200879_19405749.jpg


e0200879_19411376.jpg


この業界にモンブランの1950年代に造られた古い製品の修理をしてくださる方がおられた。
今から20年ほど前に仕事を止められたので、ご自宅に伺って余っていたパーツを買い取ったのだが、その時のオイルストーン。

e0200879_19421144.jpg


4~5万円で買った天然の和砥石。今は包丁研ぎの仕上げに使っている。

e0200879_19423604.jpg


では、サブローヤギシタのペーパーから始まる仕上げの工程を。
実際に使っている道具たち。
まずサブローヤギシタのペーパーは四つ切にして使っているのだが、左が未使用(または未使用部がある)
右が使用したもの。

e0200879_19495524.jpg


e0200879_19555096.jpg


e0200879_19560913.jpg


次に使用しているのが厚地のトレーシングペーパーにクラフト紙。
これらの紙はそれぞれ裏を使った後に表を使う。(裏の方が粗い)

トレーシングペーパー
e0200879_19572131.jpg


クラフト紙
e0200879_20012871.jpg


最後の仕上げは15,000番のラッピングフィルム。
右が未使用で、左はインクをつけて使用するのでインクが張り付いているが、これで仕上げると紙への当たりが柔らかくなる。

e0200879_20045763.jpg


興味があっただろうか…。
難しすぎるたのでは、とも思っている。

次回は、最初のモンブラン出張を…と考えています。


[PR]
by fullhalter | 2017-04-11 08:13 | 私と万年筆

第三十八話 フルハルター23歳

先日の日曜、10月30日がフルハルターの23回目の誕生日だった。

あっという間の23年間という思いもあるのだが、よく23年間も続けられたものだと思う。
お客様が私と私の家族を活かしてくださったと思い、いつも感謝しています。
ふとこの業界に入った頃のことが思い浮かび、これまでもHPで申し上げたことがあるのだが、ご存知ない方もいらっしゃるのではとの思いで、申し上げることにした。

21歳からこの道で一生をと、あるアルバイトをした。
その最初の給与で一生使えるものを求めたく、15,000円の月収の3分の2をはたいて、MONTBLANC No.14を買った。
そのNo.14をまずご覧いただくのだが、最初の給与で求めたものでなく、40年近く前にモンブラン輸入元に入社した後に買ったものだ。

e0200879_12020141.jpg


e0200879_12023653.jpg


ペン先は3B
e0200879_12064164.jpg


1966年に求めたそのNo.14は、10年後にキャップチューブが割れていることに気づいた。
何故割れたのか、説明しよう。
この時代のNo.14、No.12、No.24、No.22は同じ方式で、キャップチューブ内にバネカツラという部品があり、天ビスでクリップを止めていた。
e0200879_12523748.jpg


このバネカツラの役目はクリップを天ビスでキャップチューブに固定することと、胴部分をキャップに収納した時(使わない時)に首軸部分を押さえ、締め付けて固定させていた。
つまり、使わなくともこのバネカツラが常時キャップチューブの内側から外側への圧力をかけている。
e0200879_12535053.jpg

この為に私の大切な「記念のNo.14黒軸」キャップチューブが割れた。
1976年無職だった私は輸入元を訪ね交換を依頼したところ、
「金張りのNo.74に交換した方がいいよ。」とのアドバイスに従い、No.14からNo.74に変わることになった。
この時、修理担当された方から、
「人が足りなくて…」との話を聞き、
「私、どうでしょう。」との経緯で入社が決まった。
40年近く前のことだ。
では、黒から緑に変わったが、そのNo.74をご覧ください。

e0200879_12543416.jpg


ペン先は20年ほど前に長原宣義さんに造っていただいたクロスポイント。
e0200879_12560976.jpg


e0200879_12563166.jpg


40年近く使い続けた故、金張りのキャップチューブのある部分に削れ、めくれが出た。
e0200879_12570856.jpg


e0200879_12572893.jpg

1960年代に製造された、このMONTBLANC No.74はある意味、私にとって「万年筆の中の総合ナンバーワン」と言えるモデルである。
[PR]
by fullhalter | 2016-11-04 08:47 | 私と万年筆

第三十七話 フルハルター21歳

1993年8月末日にモンブラン日本総代理店を退職し、「薄氷が張った池に飛び込む」様な行為である小売店を始めることにいたしました。
「10年間は絶対に続ける」の決意のもとに。

当時はドイツのメーカーの検品や調整もあり、収入もそれなりにありましたが、当然の結果なのですがそれも無くなり、販売と持ち込み研ぎ出し調整だけの収入となり、厳しい状況が長く続きました。
テレビや本、雑誌、新聞等の取材も多く、何とか持ちこたえたのですが、2000年末にホームページが出来、1年後位からボチボチとお客様がいらして下さる様になり、今日まで続けることが。
「フルハルターの命」を救ってくれたのは、このホームページです。

今の時代に万年筆しか売っていない、しかも、ペリカンのスーベレーンがその殆どという売り方で20年生き延びてこられたのは「奇跡」に近いとも思っています。
それもひとえにご来店下さるお客様がおられるからです。
いつも『お客様に生かされ、今日まで来られた』と、感謝しています。
両手親指のこともあり、いつまで続けられるのか私自身にも判りませんが、「少しでも長く続けろ」とおっしゃっていただけるお客様も多くおられますので、そのことのみ考えてゆく所存です。
20年間の思いを込めて、心より感謝申しげます。

「自慢しているのか」と思われると心外なのですが、モンブラン社員のコレクターから求めた古いモンブラン。
こいつらはボックスに入れられ、タンスの中で人目に触れることがありません。
20周年の感謝をこめて皆様にご覧いただきたいと思います。

セイフティ(繰り出し)、尻ノック、レバー式
e0200879_1049486.jpg


e0200879_10491534.jpg


e0200879_10492647.jpg


e0200879_10493628.jpg


コーラル、マーブル
e0200879_1050059.jpg


136、149テレスコープ、134
e0200879_10502849.jpg


いつも担当してくれるモンブラン社の方が日本出張で訪問してくれた時にいただいたペンシル。
大好きな姿、形です。
e0200879_10534177.jpg


e0200879_1051350.jpg

[PR]
by fullhalter | 2013-10-30 10:47 | 私と万年筆

第三十六話 モンブラン社のこと Ⅲ

先週は2回目のモンブラン社出張でつらく苦しい3週間の話しだった。
私はモンブランは世界一、日本一でなければ、との気持ちが凄く強く、あの時のニブポイントの形状はどうしても許せなかった。
けれど、その時以来生産を止め、再度入荷した時は以前の手研ぎ形状のニブポイントに戻っていた時は嬉しかった。
世界中に総代理店があり、ドイツのモンブラン社にはドクターやマイスターが大勢いるにも係わらず、日本の総代理店の一品質管理者である私ごときの言い分を通してくれたモンブラン社はいい会社だとつくづく思わされた。

日本のマーケットは際だってお客様が強く、世界から見れば「日本の常識は世界の非常識」とも言える。
その日本の常識を時間をかけて理解してもらうことが輸入元の務めでもある。
ドイツモンブラン社と日本の総代理店は対立する立場ではなく、同じ船に乗っていると私は考えていた。

ある時はモンブラン東京工場としての仕事もしていた。
入荷した製品に欠点があったものを返却せずに、何度も私たちで直す作業をしてきたのだ。

1980年秋の出張の最終日に初めて会った社長に、
「てめぇー、ふざけるな。」と言って、
その当時、どうやら「クレイジー」と呼ばれていたらしい私。

入荷したボールペンに欠点が見つかり、
「返却せずにこちらで直すから工具をください。」とお願いしたのだが、その社長が出張と重なった時期で自ら持参してくれた。
「社長にお持ちいただいて申し訳ない。」と言った私に、
「あなたの為なら何でも。」
何があったのだろうか…。
おそらく社内であの時のニブポイントは欠陥があり、森山が言っていたことは正しかった、と理解してくれたのだと思う。

日本の総理大臣のようにある時期からモンブラン社の社長は次から次へと変わっていった。
会ったこともない新しい社長が私をさがして握手を求めてくれた。
「何故、私に?」と不思議に思ったが、その時の話が代々伝わっていたのだろう。

どんな相手でも譲ってはいけないことがある。
それをあの時のモンブラン社の人たちは理解してくれた。
本当にいい会社の東京工場の一員だと実感していた。
必ずしも正しいことが通る訳ではないので。
[PR]
by fullhalter | 2013-05-03 15:37 | 私と万年筆

第三十五話 モンブラン社のこと Ⅱ

先週は初めてのモンブラン社出張 <研修>について書いた。

その一年半後、1980年秋、修理部門の先輩とともに二回目の出張を命じられた。
この時の命題は、
1.検品基準のすり合わせ
2.ニブポイントの形状について
だった。
1の「検品基準のすり合わせ」については、10本の万年筆達を私と先輩、そしてモンブラン社の検品担当者二人の合計四人がそれぞれその10本で書き、滑らかと思うものからランク付けをした。
しばらく待たされた後、それぞれが何本合っていたかの報告を受けた。
「実はこの10本を機械にかけて順位をつけた。驚いたことに森山は10本とも合っていた。」
私が検品の責任者と判っていてのヨイショだったのか、本当に合っていたかは今も判らないのだが。

私にとって最大の命題は、2の「ニブポイントの形状について」であった。
1980年秋の半年か1年程前からクラッシックシリーズNo.221、No.320の14金ペン先のニブポイントの形状が全く変わった。
人の手で研がれた形状ではなく、丸い形状になっていた。
丸い形状だけなら許せるのだが、切り割りがひどいものは7対3や、6対4の割合で、私にはモンブランの製品とは到底言えないものであった。
3週間に亘って初めての出張(1979年春)の時に工場長だった人とNo.2の人と話合いをした。
毎日毎日、結論を出しては終わるのだが、翌朝にはその結論が覆され、また一から出直すという日々。
通訳はドイツ人と結婚された日本女性で
「ドイツ人としてはとても珍しいこと」と言っていた。
私も一回目の出張で、ドイツ人は嘘をつかない民族と思っていたので、驚いていた。

そんな毎日を過ごすうちに、最後は眠れなくなっていた。
三週間の最後の日、お別れの挨拶かと思ったら、これがとんでもない事に…。
その時判ったのだが、経営者が交代しており、工場の責任者もまた交代していた。
全てが見えた。
多くの人がニブポイントを手で研いでいたら経費がかさみ過ぎて価格競争に勝てない。
だから新しい工場の責任者がこれまでとやり方を変えていたのだ。
その考え方は決して間違ってはいないのだが、急ぎ過ぎた。

モンブランから離れて20年になるので、「もういいか」との思いで最後の日の事を。
工場責任者:「この3週間でこう決定された。」
私:      「そんな決定はしていない。」
工場責任者:「いや、決定したよ。」
私:      「その時お前はいなかった。その話合いをしたあの二人を呼んで来い。」
工場責任者:「二人とも休暇だ。」
やりやがったな。
社長    :「判った、判った、あと3日延ばせばいい。」
私は日本語で
「てめぇー、ふざけるな。3週間この件で話合ってきたんだ。」
たぶん鬼の形相だったに違いない。
最後に、
「私にはその権限はないが、日本に帰ったらうちの社長に絶対仕入れるな、と言う。」

それ以後の一年近くラインが止まり、以前の研ぎ方のNo,221、No,320が入荷した。
その間モンブラン社で誰がどんな話合いをしたのか判らないが、いい会社だと安心した。


―― 次週に続く。
[PR]
by fullhalter | 2013-04-26 15:33 | 私と万年筆

第三十四話 モンブラン社のこと 

1977年4月11日、モンブラン日本総代理店、ダイヤ産業(株) 修理部門に入社したことは先週述べた。
約2年後の79年1月からダイヤ産業修理部門で金無垢のペン先がついている製品全ての検品が始まった。
私が検品(品質管理)と修理の兼務を命じられ、6人のパートの方々に基準を教えることになった。
皆さんが検品した製品達を会議室に置いて帰った後、それら全てを私の手で確認し、翌日それぞれの方に合否のすり合わせをしばらく続けた。
後に海外メーカーの日本法人の方から、
「森山さん、メーカーが合否と判断したものを輸入元が更に検品するなどありえませんよ。」と言われた。

よく考えてみれば、日本を代表するメーカーの製品を欧米の輸入元がその基準で合否を判断するなどありえない。
当時のモンブラン社トップとダイヤ産業のトップが如何に信頼関係が深かったのかが判る。
品質管理を担当した結果だと思うが、4月にモンブラン社出張を命じられた。
一般的には社費で海外に行けることは喜ばしいことだと思うが、語学が全く出来ないことと、海外に全く興味がなかった私にとっては迷惑な話だった。

既にこのHPで述べているが、ペン先研磨のマイスターパインさんの下で一日くらいだったと思うが、研ぎの研修を受けた。
通常は分業システムで、粗研ぎから順に最終のフエルトでの研ぎが施される。
その四種の砥石とフエルトローラーの磨きが全てひとつの機械にセットされたものがパインさんの前にあった。
(あっ、これダイヤ産業にあるのと同じだ。)
それらの砥石に、どうあてがうのか、また仕上げの磨きにはどうポイントにあてがうのかを習った。
これが私の今の研ぎ出しの原点である。

その研修出張では優しき先輩から、品質問題についてディスカッションと解決方法を沢山背負わされていた。
研修に行くと思っている私にとっては複雑な思いで、きっと論理的に叩きのめされるだろうとの不安と、「流石モンブラン、歯が立たない」との期待もあった。
始めてのドイツ人とのディスカッション、目と目を見てしっかりと相手の意見を聞き、こちらも言いたいことを全て言うとの思いで臨んだところ、多くの成果を得ることが出来た。
―― 次週へ続けることにします。
[PR]
by fullhalter | 2013-04-19 15:29 | 私と万年筆

第三十三話 37年目の記念日

1年間の失職期間を経て、1977年4月11日、当時のモンブラン日本総代理店、ダイヤ産業(株) 修理部門に入社した。
1976年4月からの失業期間の求職活動ではバッグ、鞄造りの職人になるべくアルバイトをしていた時期もあった。
その道に入っていたらFugeeさんと今どんな関係でいたのだろうか。
Fugeeさんの鞄を買うこともなかったのだと考えると、今の道(万年筆)は正しく、真っすぐな道を歩んできたのだろうと思う。

学生時代は長期のアルバイト(職人仕事)をして初めて給与の3分の2をはたいて「一生の記念」にと、モンブランのNo.14を求めた。
『趣味の文具箱 Vol..25』にも掲載されているがキャップが割れてしまった。
失業中の身の上に時間はいくらでもあったので、モンブランのサービスステーションに持ち込んで今後割れることがないNo.74にすればとのアドバイスに従い、今はNo.74として私の手元に保管されている。
何時、どこで何が起こるか判らないのが人の世の常。
まさかの出来事がこの時に起こった。
「今、修理する人が不足して困っているんだよね。」と担当の方。その時
「上司の方に入社させていただけないか聞いてもらえませんか。」
これが一生の仕事となった万年筆への入口である。
入社が決まった時は天にも昇る思いだった。
30歳を過ぎて一年間仕事が出来なかったつらさからやっと解放され、入社初日浜松町の貿易センタービル1Fからエスカレーターで2Fのエレベーターホールへ喜び勇んで行った日のこと、昨日のことのように憶えている。
この4月11日という日は私の一生が決まった日。
と、ここまでは、「私と万年筆」の中で何度か書いている。

今回述べたいことは…。
37年目の大ベテランと世では言うだろう。
私だって「この道37年」と聞けば、凄い人だと思う。
だが、私は31歳、間もなく32歳でこの道に入った。
職人仕事と言えば、10代でその道に入らなければ遅いというイメージがないだろうか?
でも、人生の決断に遅すぎることはないと思っていた私にとって 間もなく32歳という年であっても68歳を迎える年まで続ければ「大ベテラン37年目」と評されることを証明したと思っている

モンブラン輸入元勤務時代も自営フルハルターの今日に至るまで実に楽しい時を過ごせたことに感謝である。
[PR]
by fullhalter | 2013-04-12 15:25 | 私と万年筆

第三十二話 ペリカン101N復刻について

  ペリカン101Nが復刻され、特別生産品として販売される。
当初、昨年12月までには発売される予定だったが、今年の4月頃に変更された。

  フルハルターの嘆願書の提出がどれ程の影響があったのかは判らない。
これまで何度も申し上げたことだが、1930年代に造られた『Pelikan 101N tortoise-shell』はその姿、形、色合いが私が最も好きなモデルである。
私にとってもその発売がもの凄く楽しみだ。
その訳は、純粋に私個人が「造り手の思いが一杯につまった、最も万年筆らしいモデル」であると思う、ということであって、私以外の人の目にはどう映るのかは保証出来ない。

  わざわざ101復刻の画像をメールに添付してくださったり、印刷されたものを店にお持ちくださった方も居られました。
ただ販売する側にいる私は、世で言う、「下駄を履くまで分らない」と思っています。
それは過去にも多くそんな例があったから。
その姿、形はおそらく1930年代そのものであろう、と思ってはいるが、キャップ、胴軸のトートイズ、色、柄にやや不明な点があるのではないだろうか。
ペリカンでは320ルビーレッドの例もある。

  今は情報が独り歩きする時代、下駄を履いた時、これは良かった、と心から思えることを願っている。
参考までに、1930年代の画像を。
(これは4月に発売予定の復刻とは違いますので、お間違えのないように)

e0200879_14162932.jpg


e0200879_14163869.jpg


e0200879_14164754.jpg

[PR]
by fullhalter | 2011-02-25 14:12 | 私と万年筆

第三十一話 万年筆の選び方について

  私は1977年4月に「万年筆」の世界に足を踏み入れた。
当時のモンブラン輸入元、ダイヤ産業 修理課に。
その2年後には品質管理、検品が発足し、モンブラン社との技術討議や検品データ、修理データの提出等々の責任者として16年と数ヶ月。
1993年8月末に退社し、その年の10月末に「フルハルター」を開業した。
これが私の「万年筆」に対する経歴である。

  モンブラン勤務時代の16年と数ヶ月も含めると この32年間で、何万人という「万年筆の使い手」の方々とお目にかかった筈である。

  その多くの方々から教えられたことは
1.万年筆の持ち方、持つ位置、筆圧、筆記角度はそれぞれ人によって違うこと。
2.どんなボディバランスを持ちやすいと思うか。
3.どんな太さのペン先が良いと思うか。
4.どんな書き味を良しと思うか。
それぞれの使い手によって、何を「いい万年筆」と判断するか、これが全く違うということである。
そして、自分が好むものが、「絶対」になる。

  それは、当たり前のこと。
今はよく食べ物になぞらえる。
皆、それぞれ自分が食べて、旨いと思うか、感じるかが違うように、どの万年筆を持って持ちやすい、どの万年筆を書いて書きやすい、と思うかは、その人によって違う。
このことを使う人々から身に沁みて教えられた。
32年間に何万人もの方々から教えていただき、育てられた、万年筆に対する私の「基本的立場」である。
お判りいただけるだろうか…。

  「お勧めの万年筆は何か、アドバイスして欲しい。」というメールをいただくことがある。
専門家である私を信頼してのことであり、有り難いと思う反面、私の基本的な立場から、お会いしない方が何をもって持ちやすい、書きやすい、と感じるか判らずにアドバイスなど出来る筈もなく、
「ご自身で万年筆を扱う店に行かれて、実際に試し書きをしていいと思ったものをお求めください。」と申しあげる。

  アドバイスを求めたいという気持ちが判らない訳ではないが、私のアドバイスは、
「あなたの好きなものは、あなたしか判りませんよね。」と、返事を待っていた方にとってはたぶん、冷たいと感じる言葉をお返しするしかないのだ。
お会いしたこともない方に対し、いい加減なことは言えないというのが、私の正直な気持ちなのだが、どうもそのことがご理解いただけないらしく、言葉とは難しいものだと悩む。
直接お会いすれば、店のサンプルを試していただいて、感想をお聴きしながら、じっくりアドバイスすることが可能なのだが。

  そのようなご質問と、「ハードルが高くて…」という声に対し、改めてここで述べてみることにしたのです。
私の万年筆に対する基本的な立場は申し上げた通り、気楽にご相談にいらしてくだされば嬉しいです。

e0200879_15364680.jpg

[PR]
by fullhalter | 2009-05-01 15:34 | 私と万年筆

第三十話 テーブルトップ 

  フルハルター開業15年が過ぎ、16年目に入った。
モンブランの輸入元を1993年8月末で退職した私は、10月30日の開業まで 店のテーブル・椅子・看板・そして奥の作業場の作業台等々を「おんこ(いちい)」で造る作業をしていた。
私にとって「モノ造り」のとても楽しい時間だったことが、昨日のことのようである。

  店の試し書き用のテーブルには、モンブランサービスステーションで使っていたドイツ製の強化ガラスを使っていた。
廃棄することになっていたものを貰い、使っていたのだ。
だが、テーブルは四角形で、ガラスは楕円形。
(このテーブルに合わせた厚いガラスを置きたい。でもなぁ~、高け~だろうな。買えねぇ~な。)と、これまで思い続けていた。

  昨年10月末に来店され、11月初めに取りに見えた方が帰りがけに、
「私、ガラスの仕事をしているんですけど、このテーブルにぴったり合わせたテーブルトップを造りましょうか。」と、言われた。
「開業以来の念願ですけど、高くて私なんかには造れないですよ。」
「こんないい万年筆、ペン先に仕上げてくれたお礼と思って。」
「いや~……。」
言葉が出なかった。
その方は、HPのトップにあるロゴと、店で使っているメモのロゴまで正確に入れてくれると言う。
ご好意に甘えていいか、悩み、心が重かった。
ただ、時間の経過とともに、悩み、重さから少しずつ開放され、嬉しさに変化してゆく己の心に、また悩みもした。

  今年の始業2日目の1月9日(金)に、その方が届けてくださった。
素晴らしい出来である。
15年間の念願が叶ったのである。
この不況の時代、暗い時代、神はいる。
出逢いはどんな時代にもあるのである。
皆さんも逃さず、大切にしてください。
では、念願の神からのプレゼントをご覧ください。

e0200879_9305520.jpg


e0200879_931798.jpg


e0200879_931198.jpg


e0200879_9312982.jpg


e0200879_9314872.jpg


e0200879_9315765.jpg

[PR]
by fullhalter | 2009-01-16 09:27 | 私と万年筆