フルハルター*心温まるモノ

特別生産品「スーベレーン605 ホワイトストライプ」

ペリカン日本より発売のお知らせがきましたので、そのままご案内します。

e0200879_15583700.jpg

価格:
M605 万年筆 ¥45,000 +税
K605 ボールペン ¥30,000 +税

仕様:
万年筆 ロジウムプレート14 金ペン先
(EF/F/M/B)
ピストンメカニズム
ボールペン ツイスト式・337 リフィル

発売予定数量:
万年筆     1600 本
ボールペン   500 本
  
発売予定時期 :平成29 年 10 月


[PR]
# by fullhalter | 2017-09-20 16:00 | 限定品万年筆

『趣味の文具箱vol.43』

枻(えい)出版社から『趣味の文具箱vol.43』が送られてきた。
9月8日発売ということなので既に買われた方も多いのでは、と思うが「良い紙で書きたい」がタイトルで多くの紙が紹介されている。
では、いつも通り少しだけ紹介する。

e0200879_11281037.jpg


ドイツファーバーカステル紀行として10ページにわたって紹介されているのだが、以前の紹介の時は実際にドイツまで行かれたと聞いていたが、おそらく今回も現地取材されたのだと思う。
私自身も良い木軸を使われた万年筆(筆記具)は人の手の油を長い時間をかけ吸い込んで、もの凄く熟成してくれるので大好きだし、特にファーバーカステルはそのデザイン、造りが秀逸だと思う。
では、その社屋のページから

e0200879_11293860.jpg

e0200879_11295597.jpg


9代目伯爵のページ

e0200879_11310927.jpg


私自身の為に買い求めたいと思う、新モデル
「クラシック マカサウッド」のページ。

e0200879_11331017.jpg


ここでも何度か紹介させていただいた「アサヒヤ紙文具店」のページ。
私自身は紙のことならアサヒヤ紙文具店が一番良い店、お勧めしたい店なので、是非行かれては、と思っている。

e0200879_11335179.jpg


ジムニー河野さんのページ

e0200879_11344512.jpg

e0200879_11353806.jpg


古山さんのページでは「顔料インクの時代到来!」として自身必需品である顔料インクについて書かれている。

e0200879_11361588.jpg


e0200879_11364262.jpg



[PR]
# by fullhalter | 2017-09-12 11:56 | ムック本紹介

限定万年筆 世界の7不思議シリーズ 第6作目「ゼウス」 、撮りました。

昨年10月に発売される筈だったペリカン限定品 世界の7不思議シリーズ 第6作目「ゼウス」が10ヶ月遅れて発売された。

本体M1000の大きさだと思い込んでいたのだが、入荷してみたらM700(M400)の大きさで驚いた。
この大きさの限定品で、しかも本体の絵柄がオリジナルなのは初めてで、一見した時は受け入れがたい私がいたのだが、小さいものが好きな目でしばらく見ていると、徐々に「優しい」「柔らかい」と好きになってしまった。

この「ゼウス」は金属部分がローズゴールドと赤っぽい。

ペン先で私が一番美しいと思っているのは、50年ほど前のモンブランNo.149 18Cで何とも言えない黄色の上品さと帯状に飾られたロジウム(プラチナ属)のバランスは実に美しい。
そう思い込んで疑わなかった私だったが、今回の「ゼウス」のローズゴールド(赤金)の18金ペン先も徐々に美しく心惹かれるものとなってきた。

これも自分自身のものとして1本欲しかったが、残念ながらご注文をお断りしなければならない程で、諦めた。

では、画像で確認してください。


まず、外箱から

e0200879_15362865.jpg


e0200879_15365079.jpg



本体を

e0200879_15395879.jpg


e0200879_15412555.jpg



M400ホワイトトートイズと並べての画像だが、ゼウスのローズゴールドが画像では判りにくいかも。

e0200879_15424131.jpg


ゼウス部分のアップ

e0200879_15435896.jpg

e0200879_15441947.jpg

e0200879_15443804.jpg



Nibと天冠のアップだが、ローズゴールドがお判りいただけるのでは。

e0200879_15453473.jpg

e0200879_15455234.jpg



[PR]
# by fullhalter | 2017-08-18 15:49 | 限定品万年筆

限定螺鈿万年筆「M800 輝」 、撮りました。

ペリカン限定螺鈿万年筆「M800 輝」が入荷した。
螺鈿の万年筆は初めにM800二種からM1000が四種発売された。

これらは赤く光る「旭光」、青く光る「月光」として天然素材の貝を使って美しい光を放っている。


今回の「輝」は、今迄の螺鈿と趣を変え、一枚一枚の螺鈿の下に金箔を貼っている。
貝の種類も変えた為に美しく天然の光を放つというより落ち着いていてシックでいて、向きによっては螺鈿の光を放ってくれている。

これは人それぞれの好みだが、今回の「輝」はこれまでの六種とは違う趣で、とても素敵だと思う。

自分の分としても欲しかったが、残念ながら割り振りの為、お断りしたお客様もいらした為、その願いは叶わなかった。

既に店頭に並んでいる筈なので、興味のある方はご自分の目で確かめてはいかがかと思う。


では、画像を。

e0200879_10002450.jpg

e0200879_10004295.jpg

e0200879_10010153.jpg

e0200879_10011772.jpg

e0200879_10013697.jpg

e0200879_10015156.jpg

e0200879_10025846.jpg

e0200879_10031988.jpg

e0200879_10033397.jpg



[PR]
# by fullhalter | 2017-08-02 10:05 | 限定品万年筆

国立歴史民俗博物館 企画展示

ご存知の方もいらっしゃると思うが、国立歴史民俗博物館の小池教授から7月11日から9月3日まで開催されている企画展示「URUSHIふしぎ物語-人と漆の12000年史-」URUSHIのパンフレットと本が送られてきた。

私も大好きな漆の歴史的な検証と展示です。
時間を作って佐倉の歴博へ足を運ばれてはいかがでしょう。
では、パンフレットから紹介します。

e0200879_13243565.jpg


e0200879_13245208.jpg


e0200879_13251477.jpg


e0200879_13253715.jpg


e0200879_13255889.jpg


e0200879_13261710.jpg



昨年の企画展では、「万年筆の生活誌 一 筆記の近代 一」が開催され、小池さんから本(図録)をいただいたが、あの古山さんに
「流石だね。学術的に整理されていて、あの本だけでも大いに価値あるね。」と言わしめた。
では、本(図録)の表紙からご覧ください。

e0200879_13281943.jpg


e0200879_13284508.jpg


この本に紹介されている作品のほんの一部、私の好きなものだけだが、ご覧いただきたい。

約6100年前の「赤漆塗刻歯式櫛」
e0200879_13312571.jpg


「豆兎蒔絵螺鈿硯箱」
e0200879_13320717.jpg


この下は「印籠・根付」
e0200879_13341802.jpg

e0200879_13343820.jpg

e0200879_13350094.jpg

e0200879_13352078.jpg

e0200879_13354154.jpg


「万年筆・ペンシル」
e0200879_13375194.jpg

e0200879_13381033.jpg

e0200879_13383397.jpg


彫漆「牡丹鳥文堆黒輪花盆」
e0200879_13402831.jpg


彫漆「牡丹文堆朱盤」
e0200879_13405620.jpg



この本(図録)は、約300ページにも及び、日本全国の専門家や美術館、博物館等々の協力を得ての企画展示されたものの図録である。

漆に興味のある方、また古く長く年月を経てのみ深い味わいを増すものに興味のある方にお勧めしたい。

休み明け(7月20日)には店でご覧いただけますので、お申し付けください。

◆ 国立歴史民俗博物館のHPへ
URUSHIふしぎ物語-人と漆の12000年史- 開催期間:2017年7月11日(火)~ 9月3日(日)

なお、この本をお求めになりたい方は、会期中、会場のミュージアムショップで販売しているそうです。
価格は、2500円(税込)です。
また歴史民俗博物館振興会というところで通信販売もしています。(その場合は送料が別途かかります)
詳しくはこちらををご覧ください。


[PR]
# by fullhalter | 2017-07-14 14:16 | お知らせ