フルハルター*心温まるモノ

卵花器 『命想』

今週の「夢舟の作品達」も先週に引き続き、独立時計師ピーター・スピークマリンの銀座ショップ展示会に飾られていた作品である。

ダチョウの卵に穴をあけ、花器として蒔絵を描き、台としての陶器も夢舟さんご自身で造られた。
でかい、これが鳥の卵か。
ダチョウって鳥だっけ…。
皮は、オーストリッチとして高価な皮革製品になるし、私も大好きだし。
まぁ、何でもいいか。
ダチョウの卵であることは間違いないのだから。

触った感じもしっかりとした質感があり、陶器、磁器らしくもあり、更に柔らかさ、優しさも感じる。
自然のものはいい。
優しさ、柔らかさ、温かさ…熟練した人の手のなせる技は凄い。
先週、今週の作品を見ていると思わず、「俺のも造って。」と言いたくなってしまう。
夢舟さんは忙しすぎて無理だとは判っていても。
では、画像をご覧ください。

大きさ  卵花器: 15cm×12cm
      陶器の皿: <径>9.5cm <高さ>3cm

e0200879_1139467.jpg


e0200879_1140239.jpg


e0200879_11401149.jpg


e0200879_11403192.jpg


e0200879_11405329.jpg


e0200879_114139.jpg


e0200879_11411390.jpg


e0200879_11412395.jpg


e0200879_11413344.jpg


【 作者の言葉 】
これはダチョウの卵に穴を開け花器にしたものです。
去年ジャパンブランド育成事業でニューヨークに行く機会に恵まれ急遽作った作品です。
あえて卵の質感を残し花の文様を蒔絵で表現しました。
花器に台は陶器で私が作りました。

[PR]
by fullhalter | 2008-02-29 11:38 | 夢舟の作品達