フルハルター*心温まるモノ

パーカー「デュオフォールド クロゾワネ」

10年程前だったと思うが、パーカーから限定品として『マンダリンイエロー』が発売された。
私自身は黄色という色が好きではなかったが、この『マンダリンイエロー』の黄色はとても気に入ってしまった。
1926年にパーカーさんが日本を訪問された時に七宝焼きの花瓶を気に入られ、その色を表現したのが、1927年に発売した『デュオフォールド マンダリンイエロー』である。
その復刻が先の限定品『マンダリンイエロー』である。
私が気に入ったのは元々日本の色だったということを後に知り、「当たり前か」と、思ったものだった。

さて、今回の『クロワゾネ』も 3,900本の限定(前回の『マンダリンイエロー』は、10,000本)で造られるマンダリンイエローである。
では、早速パンフレットの画像をご覧いただきたい。

e0200879_11294410.gif


製品名: ● デュオフォールド クロワゾネ リミテッドエディション センテニアル万年筆
価格: \88,000 (本体価格)
万年筆ペン先: 18金 エクストラポリッシュドニブ プラチナプレート装飾仕上げ
ペン先サイズ: M
ボディ/キャップ: アクリライト切削成型仕上げ
クリップ/トリム: コッパーベース23金ゴールドプレート仕上げ
機能: 万年筆:カートリッジ、コンバーター両用
サイズ: 長さ:174mm/軸径:13mm/重さ:29g *キャップをボディエンドに取り付けた状態

ほぼ同じ仕様のように思うが、以前の限定品『マンダリンイエロー』を、私が撮った画像でご覧ください。

e0200879_11305342.jpg


e0200879_1131322.jpg


e0200879_11311536.jpg


e0200879_1133090.jpg


e0200879_11331296.jpg


この画像では一番下のロゴ部分の色合いと上の全体の色合いが大分違う。
私の画面の色合いで申し上げると、丁度中間的な色合いが「本物の色」に近いと思う。
いずれにしても、気品ある黄色だと、私には感じられるのだが。
[PR]
by fullhalter | 2006-09-15 11:27 | 限定品万年筆