フルハルター*心温まるモノ

螺鈿遊旭遊月 『旭光』 『月光』

e0200879_1425886.gif


8月にペリカン社からM800とM805に螺鈿を施し、漆仕上げした限定品が発売される。
作者は、日本工芸会正会員の松田典男さんで、12月までにそれぞれ200本ずつが造られる予定である。

M800ベースは、「旭光」 M805ベースは、「月光」と命名された。
「朝の光」と「夜の光」、誠に見事な命名である。

作者である松田さんとは、まだお目にかかったことはないのだが、「とっても穏やかな方」と、お聞きしている。大西さんと通じるお人柄であろうと確信している。
その松田さんが妥協することなく、1本、1本造りあげた作品が「旭光」「月光」である。

妥協することなく1本1本造り上げた作品と私が思っている根拠は…。
これを言っていいものか、少々迷いはあるのだが、どうもペリカン社では出来上がった作品を見て、各200本ではなく、もっと造って欲しかったらしいが、余りにも大変な、手間のかかる作業の為、
「勘弁して欲しい」と言われたらしい。それは、そうだろう。
細く切った螺鈿を均等に貼り合わせ、その間に漆を塗って研ぎ出してゆく。これも気の遠くなるような作業である。
熟練した人のみの成せる技である。

では、画像をご覧いただこう。まず、「旭光」から。

e0200879_1443248.jpg


e0200879_1444266.jpg


e0200879_145222.jpg


e0200879_1451969.jpg


e0200879_1452949.jpg


次に、「月光」。

e0200879_1461236.jpg


e0200879_1462272.jpg


e0200879_1465552.jpg


e0200879_147848.jpg


e0200879_1471796.jpg


最後に、「旭光」「月光」を並べて。

e0200879_147595.jpg


e0200879_148849.jpg


e0200879_1481817.jpg


製品名: 螺鈿遊旭遊月
「旭光」(きょっこう)・「月光」(げっこう) * ペン先F・M
価格: 各 ¥180,000(本体)
製作数量: 各 200本 (国内販売数量 各70本)
* 製造番号はキャップに蒔絵で表示されています。
作者: 松田典男
* 作者名は胴軸に蒔絵で表示されます。
発売時期: 平成17年8月中旬

* 松田典男さんの略歴
1951 昭和26 山口県大島郡大島町小松に生まれる
1977 昭和52 東京芸術大学美術学部工芸科漆芸専攻卒業
1978 昭和53 伝統工芸新作展初出品
1979 昭和54 伝統工芸新作展にて東京都教育委員会賞を受賞
日本伝統工芸展初入選
1980 昭和55 伝統工芸武蔵野展にて奨励賞を受賞
1986 昭和61 銀座和光にて初個展
1987 昭和62 伝統工芸新作展監査委員
第1回善漆会展出品
1989 平成 1 日本伝統漆芸展初出品
1990 平成 2 城門会出品
1991 平成 3 日本伝統漆芸展にて日本工芸会賞を受賞
伝統工芸新作展監査委員
第2回善漆会出品
現在 日本工芸会正会員
漆芸教室松の実会講師
朝日カルチャーセンター講師(漆芸・蒔絵)
[PR]
by fullhalter | 2005-07-15 14:01 | 限定品万年筆