フルハルター*心温まるモノ

ゴールドファイル セカンドバッグ

古山さんのブログでオマスが廃業し、自分のオマスを調べたが、
思ったより少なく、残念な思いをしたことが私には伝わってきた。

私もこの業界にお世話になってすぐの頃、ラーメンマークのキャップリングが面白いと思い、
営業の人にお願いして何本か買い求めた。

ブログではミロードは持っているとのことだったので、
「35年以上前だと思うけど、ジェントルマンと1930と刻印されているものを買って持っているけど、いる?」
と電話したところ、
「どっちも持っていないけど、何と物々交換する?」
「いや、40冊の4本のヘミングウェイとの交換だから・・済んでいるからいいよ。」
ジェントルマンは細字なので研ぎは出来るけど仕上げは無理だろうと伝え、1930とともに送った。

「あの2本、いやにピストンの動きが軽いけど、手を加えたでしょう?」
「いや、全然。あいつらモンブランの奴のところに来たので自分で動きを良くしたんじゃない。」
と言って笑った。
無理かと思った仕上げもそれなりに出来て送ったら、
「オマスの中で一番書き易いよ。」

これからが今週の本題で、
古山さんがその物々交換として今は日本の会社がブランドを買ったドイツの皮革製品の老舗、
「ゴールドファイル」のセカンドバッグ黒の未使用品が送られてきた。

皮革は「オックスフォードレザー」(ドイツ牛タンニンなめし最高のもの)だという。
実は十数年前にお客様が持っていたバッグを見て、
「その色いいですね。」と言うと、
「何かと交換してもいいですよ。」
古山さん以外で物々交換したのはこの方だけで、更にその後同じゴールドファイルの旅行鞄と
未使用のハンドバッグも物々交換した。
後日、お見せするつもり。

ではその時の古山さんの手紙から
e0200879_13421464.jpg


e0200879_1342239.jpg


e0200879_13423318.jpg


ゴールドファイル黒セカンドバッグ
e0200879_1343032.jpg


e0200879_134399.jpg


中に入っていた説明書、プライスリスト
e0200879_13432734.jpg


私がお客様と物々交換したゴールドファイルバーガンディー(長財布付き)
e0200879_13434435.jpg


二つ並べて
e0200879_1344915.jpg


ともにゴールドファイルの布袋もあるのでその画像を
(上が古山さんの黒、下がバーガンディー)
e0200879_13443266.jpg


因みに、セカンドバッグ二つは必要ないので,
古山さんからいただいた黒をこれから私が使い、バーガンディーは19日に会った弟にあげた。
これで二つとも使うことが出来るので良かった。
[PR]
by fullhalter | 2016-03-25 13:44 | その他