フルハルター*心温まるモノ

贈り物

14日だったと思うが、古山さんから電話で、
「あのさ~、ドゥーニー&バークの鞄、森山さん好きって言っていたよね?」私は、
「いや~、判らないな~。」と言った。

私自身は、ブランド名を言われても判らない程、鞄には全く詳しくない。
ただ古山さんがお持ちの、そのブランドの鞄を好きと言ったに違いないとは思った。
18日に店にいらして、DOONEY&BOURKEのショルダーバッグを
「これ、プレゼント」と言って渡してくださった。

「ほぼ未使用で、昔造られたものなので、皮革が厚くていいんだよね。」
今では造られていない、と思われる程厚く、本当にしっかりとした皮革で造られていて、
素晴らしい鞄である。

自宅に持ち帰ると、モノに興味が薄い女房が、珍しく「いいバッグ」と言った。
(おまけに、あのコートを着た時に持ちたいなどと言う)

実は8、9年前にも同じことがあった。
やはり古山さんが店にいらした時、
「これ」と私に差し出したのが、信三郎帆布の手さげだった。
「何?」と聞くと、プレゼントということだったのだが、
私は人からものをいただくことが苦手で、その瞬間迷惑そうな表情だったに違いない。
見ると、紫。
好きな色だったのでいただいた。

持ち帰ると、ものが増えることを何より嫌がる女房が、
一目見て、いいバッグと言った。
以来、近所の買い物にほぼ毎日のように使い、今ではかなり味が出ている。
この手さげがダメになっても、また信三郎帆布を買うつもりだと言う。

この話を伝えると古山さんは、したり顔で「そうだろう」と…。
私という奴は、本当に失礼な奴、自分自身で実感し、反省している出来事だった。

では、そのDOONEY&BOURKEの鞄をご覧ください。
(おそらくは20年以上前に造られたものだと言っていた)

e0200879_16333899.jpg


e0200879_16334766.jpg


e0200879_16335752.jpg


e0200879_1634874.jpg



蓋を開けると見える刻印。
e0200879_16351592.jpg



内部側面に付いているタグ、これが付いているものは古いと言っていた。
e0200879_16353050.jpg



ギャランティーカードまで中に入っているということは、ほぼ未使用と思う。
e0200879_163628.jpg


サイズ: 26cm×21cm×10cm
丁度よいサイズです。


次はオルタスの小松さんからの贈り物です。
21日に小松さんが店を訪ねてくださった。
その時に、
「これ、受け取ってください。」と手提げ袋を差し出した。
袋から出し、包装紙を外して、もの凄く驚いた。
「BLACKADDER」の「COGNAC BRUGEROLLE Grand Champagne 1993」のラベル。
Bottled December 2014
Bottle no five of 134 だったから。

私では買う決断など出来ない程の価格であろう。
「1993」は、私が店を始めた大切な年であることから小松さんが選ばれた筈で、
それがもの凄く嬉しい。

数少ない、心から尊敬できるお二人からの贈り物に、心がほっこりする年末になりました。
では、その「グランシャンパニュー コニャック1993」をご覧ください。

外箱から
e0200879_16365629.jpg


e0200879_1637641.jpg


e0200879_16371475.jpg



このラベル、素敵だと思いませんか。
e0200879_16373294.jpg


e0200879_16374395.jpg


e0200879_1637532.jpg


e0200879_1638446.jpg



素敵な贈り物を並べて。
e0200879_16382338.jpg


古山さんはずっと前に私が好きと言った鞄を忘れずに、これを森山にと思い続けてくださり、
その気持ちが本当に嬉しく、小松さんは開業の年に合わせて、とてつもなく高価なコニャックを。
お二人の思いの込もった贈り物で、歳を越す喜びを皆さんにお分けしたい。

一年間、ありがとうございました。
[PR]
by fullhalter | 2015-12-25 16:39 | その他